大食いを頭脳戦に変えた小林尊の「知られざるすごい戦略」 – 0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる

いま、世界で最も読まれている思考法「0ベース思考」とは、いったいどんな考え方か? 欧米を中心に爆発的な話題となり、シリーズ750万部を超え、いまや日本でもベストセラーリストを賑わせている書籍『0ベース思考』から、バイアスをゼロにしてものを考える画期的な方法を紹介する。…

Continue reading "大食いを頭脳戦に変えた小林尊の「知られざるすごい戦略」 – 0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる"

中世の残酷な裁判が、実は極めて合理的だった理由 – 0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる

いま、世界で最も読まれている思考法「0ベース思考」とは、いったいどんな考え方か? 欧米を中心に爆発的な話題となり、シリーズ750万部を超え、いまや日本でもベストセラーリストを賑わせている書籍『0ベース思考』から、バイアスをゼロにしてものを考える画期的な方法を紹介する。…

Continue reading "中世の残酷な裁判が、実は極めて合理的だった理由 – 0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる"

ヴァン・ヘイレンがおやつにm&m’sの茶色を禁じた理由 – 0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる

いま、世界で最も読まれている思考法「0ベース思考」とは、いったいどんな考え方か? 欧米を中心に爆発的な話題となり、シリーズ750万部を超え、いまや日本でもベストセラーリストを賑わせている書籍『0ベース思考』から、バイアスをゼロにしてものを考える画期的な方法を紹介する。…

Continue reading "ヴァン・ヘイレンがおやつにm&m’sの茶色を禁じた理由 – 0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる"

W杯、世界中の心を震わせた名言を『伝え方が9割』著者が解説 – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

「これも人生、これがサッカーだ」クロアチア代表監督。「俺たちの夢を叶えるまで、あと90分だぞ」フランス代表の司令塔。 感動とともにフィナーレをむかえたロシアW杯。素晴らしいシュートはもちろん、選手たちはキレのあるコトバでも、私たちの心を震わせてくれました。シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが解説します。…

Continue reading "W杯、世界中の心を震わせた名言を『伝え方が9割』著者が解説 – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

W杯日本代表が放った「名言」、『伝え方が9割』著者が解説 – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

「大迫半端ないって!」「西ちゃんごめんね」一夜にして生まれた流行語がありました。確かに、日本代表として、今までの歴史の中でもっとも記憶に残るW杯だったと言えます。そして、選手たちのコトバもパフォーマンスを加速させるかのように、日本中の心を震わせました。 シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが、名言連発のW杯日本代表のコトバを解説します。…

Continue reading "W杯日本代表が放った「名言」、『伝え方が9割』著者が解説 – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

【春の伝え方特集!】なぜあの上司は「伝え方」がうまいのか? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

新しい期に変わる春は、新しい事業が立ち上がったり、プロジェクトが発足したりするタイミング。この春から新規事業の責任者を務めることになった、新しいチームのリーダーを任されるようになったという方も多いのでは?シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが、強いチームを作るための「伝え方」を教えてくれました。(構成・伊藤理子)…

Continue reading "【春の伝え方特集!】なぜあの上司は「伝え方」がうまいのか? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

【春の伝え方特集!】新入社員をやめさせない「伝え方」とは? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

この春、あなたが勤める会社にもたくさんの新入社員が入ってきたことでしょう。しかし、新入社員のうち3割程度が、入社後3年以内に退職すると言われています。シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが、新入社員が会社にすんなり溶け込み、イキイキと長く活躍してもらうための「伝え方」を教えてくれました。(構成・伊藤理子)…

Continue reading "【春の伝え方特集!】新入社員をやめさせない「伝え方」とは? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

【春の伝え方特集!】上司が思わず「YES」と言ってしまう伝え方とは? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

この春、部署異動などで上司が変わった方もいらっしゃることでしょう。できることならば、早期に円満な関係を築きたいところ。シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが、上司とうまくコミュニケーションをとるための「伝え方」を教えてくれました。(構成・伊藤理子)…

Continue reading "【春の伝え方特集!】上司が思わず「YES」と言ってしまう伝え方とは? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

【春の伝え方特集!】新しい職場で、一目おかれる「伝え方」とは? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

春は出会いの季節。新しい職場に異動した、新しい会社に中途入社したという方もきっと多いことでしょう。シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが、新しい職場にすんなり溶け込み、活躍していくための「伝え方」を教えてくれました。(構成・伊藤理子)…

Continue reading "【春の伝え方特集!】新しい職場で、一目おかれる「伝え方」とは? – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

「どこでも誰とでも働ける」仕事術はギブから始まる – どこでも誰とでも働ける

グーグル、マッキンゼー、リクルート、楽天など12回の転職を重ね、「AI以後」「人生100年時代」の働き方を先駆けて実践する尾原和啓氏が、その圧倒的な経験の全てを込めた新刊、『どこでも誰とでも働ける』。4月19より発売となる同書の一部を先行公開します。…

Continue reading "「どこでも誰とでも働ける」仕事術はギブから始まる – どこでも誰とでも働ける"

あんなに盛り上がった飲み会の翌日、上司が別人のように冷たいのはなぜか – 入社1年目の教科書

飲み会で意気投合したのに、今朝はどこかクールでそっけない上司。自分は嫌われてしまったのだろうか? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、新入社員にアドバイスする。

Continue reading "あんなに盛り上がった飲み会の翌日、上司が別人のように冷たいのはなぜか – 入社1年目の教科書"

死ぬほど嫌いな宴会芸を、死ぬ気でやらなくてすむ方法 – 入社1年目の教科書

「死ぬ気でやれ」と言われても、「死んでもやりたくない」のが、飲み会でやらされる宴会芸だ。新入社員がNOと言う方法はあるだろうか? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんがアドバイスする。…

Continue reading "死ぬほど嫌いな宴会芸を、死ぬ気でやらなくてすむ方法 – 入社1年目の教科書"

残業しないで帰りたい。新入社員が爽やかに「お先に失礼する」コツ – 入社1年目の教科書

車両故障などやむを得ない事情で遅刻をしてしまった。さて上司にどうやって連絡すればいい? LINEはOKかNGか? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、新入社員にアドバイスする。…

Continue reading "残業しないで帰りたい。新入社員が爽やかに「お先に失礼する」コツ – 入社1年目の教科書"

シーンとした職場でも、朝のあいさつはハキハキとするべきか? – 入社1年目の教科書

やたらと静まり返った職場、あいさつしても無視する先輩、ヘッドホンをしたままの同僚。新入社員はそれでも大きな声で元気にあいさつするべきなのか? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんがアドバイスする。…

Continue reading "シーンとした職場でも、朝のあいさつはハキハキとするべきか? – 入社1年目の教科書"

敬語は外国語だと割り切って覚えよ – 入社1年目の教科書

ビジネスパーソンにとって必ず身につけたい敬語。習得のコツは「外国語」だと思って身につけること。その具体的なやり方は? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、新入社員にアドバイスする。…

Continue reading "敬語は外国語だと割り切って覚えよ – 入社1年目の教科書"

新入社員にこれだけは伝えたい!仕事で大切なホウレンソウ(報連相)のコツ – 入社1年目の教科書

仕事で大事だといわれる「ホウレンソウ(報連相)」。上手なやり方とコツは?『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、不安でいっぱいの新入社員にアドバイスする。

Continue reading "新入社員にこれだけは伝えたい!仕事で大切なホウレンソウ(報連相)のコツ – 入社1年目の教科書"

新入社員のミス、許される・許されないの違いとは? – 入社1年目の教科書

右も左もわからない新人にとって、仕事のミスは日常茶飯事。とはいえ、できればミスしたくない。『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、不安でいっぱいの新入社員にアドバイスする。…

Continue reading "新入社員のミス、許される・許されないの違いとは? – 入社1年目の教科書"

佐々木さん。「伝え方」の技術で、教科書をリライトしてください。【佐々木圭一×坪田信貴】(後編) – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

シリーズ124万部突破のベストセラー『伝え方が9割』著者の佐々木圭一さんと、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者であり、近著の『バクノビ~子どもの底力を圧倒的に引き出す339の言葉』も話題の坪田信貴さん。約1年ぶり3回目となるお二人の対談は、気心の知れた者同士、さまざまな話題で盛り上がりました。(構成・伊藤理子 撮影・小原孝博)…

Continue reading "佐々木さん。「伝え方」の技術で、教科書をリライトしてください。【佐々木圭一×坪田信貴】(後編) – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

社会人は最初の1年で決まる!スタートダッシュで差をつける方法とは – 入社1年目の教科書

社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会。最初に「アイツは伸びる!」と良い印象を与えられれば、成長の機会も増える。最初に訪れたチャンスをつかみ、ベストの働きをするために、入社初日からこれだけは守ってほしいこととは?…

Continue reading "社会人は最初の1年で決まる!スタートダッシュで差をつける方法とは – 入社1年目の教科書"

入社初日は何を着て出社すればいいのか?スーツの場合とスーツじゃない場合 – 入社1年目の教科書

ビジネスパーソンは見た目も重要。相手に好印象を与え、信頼される服装選びのコツとは? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、新入社員にアドバイスする。

Continue reading "入社初日は何を着て出社すればいいのか?スーツの場合とスーツじゃない場合 – 入社1年目の教科書"

どの会社も採用しないような人を雇って、その人をめっちゃ育て上げる方法があるんです。【佐々木圭一×坪田信貴】(前編) – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

シリーズ124万部突破のベストセラー『伝え方が9割』著者の佐々木圭一さんと、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者であり、近著の『バクノビ~子どもの底力を圧倒的に引き出す339の言葉』も話題の坪田信貴さん。約1年ぶり3回目となるお二人の対談は、気心の知れた者同士、さまざまな話題で盛り上がりました。(構成・伊藤理子 撮影・小原孝博)…

Continue reading "どの会社も採用しないような人を雇って、その人をめっちゃ育て上げる方法があるんです。【佐々木圭一×坪田信貴】(前編) – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"

「50点で構わないから早く出せ」と言われたら、どのレベルで提出すればいいか? – 入社1年目の教科書

「50点で構わないから早く出せ」。100点満点の成果を出すために何日もかけるより、1日で50点の成果を出したほうが評価は高い。しかし、そのような中途半端な状態で提出してしまってもいいのだろうか?また、新入社員にとっての「50点」は、本当に上司の望む「50点」なのだろうか?…

Continue reading "「50点で構わないから早く出せ」と言われたら、どのレベルで提出すればいいか? – 入社1年目の教科書"

上司から次から次へと仕事の依頼がきても、「頼まれたことは、必ずやりきる」べきなのか? – 入社1年目の教科書

お願いされた仕事は、どんなことでも最後までやりきる。仕事において大切な原則だ。しかし、上司の気まぐれや思いつきで仕事の依頼がきたとき、次から次へと仕事を頼まれたとき、「必ずやりきる」ことはできるだろうか? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、悩める新入社員にアドバイスする…

Continue reading "上司から次から次へと仕事の依頼がきても、「頼まれたことは、必ずやりきる」べきなのか? – 入社1年目の教科書"

できる新入社員だけが知っている!つまらない仕事を面白くするコツ – 入社1年目の教科書

新入社員に、これだけは守ってほしい3つの原則3は「つまらない仕事はない」。できる新入社員だけが密かに実践している「つまらない仕事」を面白くするコツとは?『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔氏が解説します。…

Continue reading "できる新入社員だけが知っている!つまらない仕事を面白くするコツ – 入社1年目の教科書"

とにかく仕事は50点で構わないから早く出せ – 入社1年目の教科書

新入社員に、これだけは守ってほしい3つの原則2は「50点で構わないから早く出せ」。会社に入る前に「入社1年生」が知っておくべき、学生時代とは異なる考え方とは?『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔氏が解説します。…

Continue reading "とにかく仕事は50点で構わないから早く出せ – 入社1年目の教科書"

入社1年目に「優秀さ」はいらない。それより大事なのは… – 入社1年目の教科書

新入社員に、これだけは守ってほしい3つの原則1は「頼まれたことは、必ずやりきる」。上司が新人求めているのは、優秀さではありません。それより大事なのは、「やり抜く力」。いったいどういうことでしょうか。『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔氏が解説します。…

Continue reading "入社1年目に「優秀さ」はいらない。それより大事なのは… – 入社1年目の教科書"

平昌五輪、日本選手の「名言」ベスト10!『伝え方が9割』著者が選定 – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』

日本が歴史的な成果を残した今大会。でも、人の心に残ったのは、競技だけではありませんでした。よろこび、悔しさ、感動、情熱からあふれたひとこと。五輪とは、コトバの祭典でもある。そう思ってしまうほど、名言が続出しました。選手たちの想いがぎゅっとこめられた、メダルと同じくらい輝く名言たちから、シリーズ累計124万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一がベスト10を選びました。…

Continue reading "平昌五輪、日本選手の「名言」ベスト10!『伝え方が9割』著者が選定 – 国内外51の受賞ヒット連発クリエイターが明かした!『伝え方が9割』"