スタートアップの実力とスピードを決める、エンジニア不足以上に大きな人材問題とは? – 次代の経営をかんがえる

スタートアップが慢性的に抱える、人手不足。なかでも後回しにされがちなコーポレート部門の人材不足と、これによる深刻な問題を考えます。『ファイナンス思考』著者で元ミクシィ社長の朝倉祐介さん、元ディー・エヌ・エー取締役の小林賢治さん、ゴールドマン・サックスで14年間にわたり日欧米・新興国の多様な企業の投資案件やM&A等に関わってきた村上誠典さん、という多彩なシニフィアン共同代表の3人が語り合います。…

Continue reading "スタートアップの実力とスピードを決める、エンジニア不足以上に大きな人材問題とは? – 次代の経営をかんがえる"

取締役って、いったい何人が適切なのか?“ファイナンス思考”で考える社外取締役の役割 – 次代の経営をかんがえる

近年、どの企業にも求められているコーポレートガバナンス。その理想形とは?そして、より健全な経営を進めていくための監視だけでなく、時には経営に介入して後押しすることが必要となる「社外取締役」の役割とは? 従業員・経営者・投資家それぞれの視点から、『ファイナンス思考』著者で元ミクシィ社長の朝倉祐介さん、元ディー・エヌ・エー取締役の小林賢治さん、ゴールドマン・サックスで14年間にわたり日欧米・新興国の多様な企業の投資案件やM&A等に関わってきた村上誠典さん、という多彩なシニフィアン共同代表の3人が…

Continue reading "取締役って、いったい何人が適切なのか?“ファイナンス思考”で考える社外取締役の役割 – 次代の経営をかんがえる"

従業員にとって、自社の株価が上がる意味はどこにあるのか? それを意識づける経営の仕組みはあるのか? – 次代の経営をかんがえる

「従業員にとって自社の株価が上がる意味は?」--このシンプルな問いに、ハッキリと答えるのは難しい。これについて、従業員・経営者・投資家それぞれの視点から、『ファイナンス思考』著者で元ミクシィ社長の朝倉祐介さん、元ディー・エヌ・エー取締役の小林賢治さん、ゴールドマン・サックスで14年間にわたり日欧米・新興国の多様な企業の投資案件やM&A等に関わってきた村上誠典さん、という多彩なシニフィアン共同代表の3人が語り合います。…

Continue reading "従業員にとって、自社の株価が上がる意味はどこにあるのか? それを意識づける経営の仕組みはあるのか? – 次代の経営をかんがえる"

「PL脳」が会社を滅ぼす!アメリカでより深く理解されているファイナンスの付加価値とは? – 次代の経営をかんがえる

今年、「PL脳」という言葉を耳にされませんでしたか。朝倉祐介さん著『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』に登場する造語で、「短期的な損益計算書上の収益ばかりを優先し、ともすると将来の成長を犠牲にしかねない姿勢」を示します。7月に本書が発売された直後から、「PL脳」は様々な組織で共感を呼び、話題になりました。著者の朝倉さんを含め、小林賢治さん、村上誠典さんという、スタートアップを支援するシニフィアンの共同代表3人が「PL脳」の弊害について語り合った、出版直後の対談をあらためてご紹介しま…

Continue reading "「PL脳」が会社を滅ぼす!アメリカでより深く理解されているファイナンスの付加価値とは? – 次代の経営をかんがえる"

ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレー…外資金融出身者がなぜ今スタートアップに参画するのか? – 次代の経営をかんがえる

ここ数年、スタートアップに参画する外資金融出身者が増えているのはなぜなのか? スタートアップに移る外資金融出身者の特性や、スタートアップ経営陣が外資金融出身者を引き抜く際に意識すべきポイントについて、スタートアップを支援するシニフィアンの共同代表、小林賢治さん、村上誠典さん、朝倉祐介さん(『ファイナンス思考』著者)の3人が語り合います。…

Continue reading "ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレー…外資金融出身者がなぜ今スタートアップに参画するのか? – 次代の経営をかんがえる"

ユニクロ柳井社長に見る「良い緊張感」を生み出す取締役会 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、日本企業における「取締役会について」をテーマにした床屋談義「シニフィ談」の最終回(全5回)。

Continue reading "ユニクロ柳井社長に見る「良い緊張感」を生み出す取締役会 – 次代の経営をかんがえる"

ユニクロ柳井社長に見る「良い緊張感」を生み出す取締役会 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、日本企業における「取締役会について」をテーマにした床屋談義「シニフィ談」の最終回(全5回)。

Continue reading "ユニクロ柳井社長に見る「良い緊張感」を生み出す取締役会 – 次代の経営をかんがえる"

半沢直樹に見る「日本の取締役会」への違和感 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人が、放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談。今回のテーマは日本企業における「取締役会について」。5回に渡ってお届けします。

Continue reading "半沢直樹に見る「日本の取締役会」への違和感 – 次代の経営をかんがえる"

ソニー・ヤフー・日本電産、ステージチェンジには人を「替える」 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、企業の成長フェイズにおける「ステージチェンジ」をテーマにした放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談の最終回(全8回)。

Continue reading "ソニー・ヤフー・日本電産、ステージチェンジには人を「替える」 – 次代の経営をかんがえる"

ソニー・ヤフー・日本電産、ステージチェンジには人を「替える」 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、企業の成長フェイズにおける「ステージチェンジ」をテーマにした放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談の最終回(全8回)。

Continue reading "ソニー・ヤフー・日本電産、ステージチェンジには人を「替える」 – 次代の経営をかんがえる"

星野監督の夢はノムさんの後にひらく?経営戦略の遅効性 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、企業の成長フェイズにおける「ステージチェンジ」をテーマにした放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談の第6回(全8回)。

Continue reading "星野監督の夢はノムさんの後にひらく?経営戦略の遅効性 – 次代の経営をかんがえる"

日本企業M&Aあるある「青い鳥症候群」にご用心 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、企業の成長フェイズにおける「ステージチェンジ」をテーマにした放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談の第5回(全8回)。

Continue reading "日本企業M&Aあるある「青い鳥症候群」にご用心 – 次代の経営をかんがえる"

全会一致で経営ができるか!「空気」が会社を滅ぼす – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人による、企業の成長フェイズにおける「ステージチェンジ」をテーマにした放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談の第4回(全8回)。

Continue reading "全会一致で経営ができるか!「空気」が会社を滅ぼす – 次代の経営をかんがえる"

DeNA、GREEの死闘をひっくり返した『パズドラ』の衝撃 – 次代の経営をかんがえる

シニフィアンの共同代表3人が、ほろ酔い気分で放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談。テーマは企業の成長フェイズにおける「ステージチェンジ」についてです。

Continue reading "DeNA、GREEの死闘をひっくり返した『パズドラ』の衝撃 – 次代の経営をかんがえる"

ビジネスに対する考え方のOSを「PL脳」から「ファイナンス思考」にアップデート!答えのない時代を生き抜く武器を手に入れよう – ファイナンス思考

「売上を増やせ。利益は減らすな」「減益になりそうなので、マーケティングコストを削ろう」「うちは無借金なので健全経営です」「その事業は黒字だから問題ない」……そんなフレーズが、あなたの周りにあふれていたら、その組織は、未来の成長よりも、目先の売上・利益の増減に一喜一憂する「PL脳」に侵されているかもしれません。日本にアマゾンのような革新的な急成長企業が生まれない理由の一端もそこにある、と元ミクシィ社長の朝倉祐介さんは考えます。なぜPL脳が問題なのか、PL脳の代わりに身につけるべき、成長を描いて意思決定…

Continue reading "ビジネスに対する考え方のOSを「PL脳」から「ファイナンス思考」にアップデート!答えのない時代を生き抜く武器を手に入れよう – ファイナンス思考"

リクルートのインターネット前夜【福田峰夫さんに聞く Vol.3】 – 次代の経営をかんがえる

リクルート常務取締役、角川書店(現:KADOKAWA)代表取締役社長、ジュピターテレコム代表取締役副社長を経て、今ではベンチャー投資もされている福田峰夫さんに、リクルートの成長過程やネット事業に着手した経緯、複数の会社での役員を経てお感じになった「経営」と「オペレーション」の違いについて伺うインタビューの第3回(全3回)…

Continue reading "リクルートのインターネット前夜【福田峰夫さんに聞く Vol.3】 – 次代の経営をかんがえる"

日本のスタートアップの落とし穴とリクルートの成長【福田峰夫さんに聞く Vol.1】 – 次代の経営をかんがえる

日本リクルートセンター(現:リクルートホールディングス)常務取締役、角川書店(現:KADOKAWA)代表取締役社長、ジュピターテレコム代表取締役副社長を経て、今ではベンチャー投資もされている福田峰夫さん。リクルートの成長過程やネット事業に着手した経緯、複数の会社での役員を経てお感じになった「経営」と「オペレーション」の違いについて伺っていきます。…

Continue reading "日本のスタートアップの落とし穴とリクルートの成長【福田峰夫さんに聞く Vol.1】 – 次代の経営をかんがえる"

東南アジアに複数の新しい産業を創る、REAPRAの挑戦【諸藤周平さんに聞く Vol.4】 – 次代の経営をかんがえる

東南アジアを中心に、次々と複数の事業領域の開拓を進めている諸藤さんに、エス・エム・エスの創業秘話、REAPRAでの活動についてお話を伺うインタビューの第4回(全4回)。

Continue reading "東南アジアに複数の新しい産業を創る、REAPRAの挑戦【諸藤周平さんに聞く Vol.4】 – 次代の経営をかんがえる"

ベンチャーは大企業よりも「人材が育つ」という誤解【諸藤周平さんに聞く Vol.3】 – 次代の経営をかんがえる

東南アジアを中心に、次々と複数の事業領域の開拓を進めている諸藤さんに、エス・エム・エスの創業秘話、REAPRAでの活動についてお話を伺うインタビューの第3回(全4回)。

Continue reading "ベンチャーは大企業よりも「人材が育つ」という誤解【諸藤周平さんに聞く Vol.3】 – 次代の経営をかんがえる"

事業を成功させた「何者でもない」というコンプレックス【諸藤周平さんに聞く Vol.2】 – 次代の経営をかんがえる

東南アジアを中心に、次々と複数の事業領域の開拓を進めている諸藤さんに、エス・エム・エスの創業秘話、REAPRAでの活動についてお話を伺うインタビューの第2回(全4回)

Continue reading "事業を成功させた「何者でもない」というコンプレックス【諸藤周平さんに聞く Vol.2】 – 次代の経営をかんがえる"

【諸藤周平】大企業でも倒産するから、就職ではなく「起業」を選んだ Vol.1 – 次代の経営をかんがえる

創業以来、13期連続で増収増益を達成しているエス・エム・エス。「高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し社会に貢献し続ける」というミッションのもとに同社を立ち上げた諸藤周平さんですが、右肩上がりの成長を続ける中、2014年に代表を退任し、アジアにおける新たな産業の創造をテーマとしたREAPRAを創業しています。東南アジアを中心に、次々と複数の事業領域の開拓を進めている諸藤さんに、エス・エム・エスの創業秘話、REAPRAでの活動についてお話を伺いました。…

Continue reading "【諸藤周平】大企業でも倒産するから、就職ではなく「起業」を選んだ Vol.1 – 次代の経営をかんがえる"

何かをやり遂げたと言い切れるか?やりたいことは、すべてやれ【松本孝利さんに聞くVol.3】 – 次代の経営をかんがえる

サン・マイクロシステムズやシスコシステムズの日本法人代表を務められた松本孝利さんに、インターネット市場がまだない黎明期、日本シスコシステムズをいかに立ち上げビジネスを軌道に乗せたのか、その間におこったご家族の病気や心から信頼できる上司との関係なども含めて伺っていきます。…

Continue reading "何かをやり遂げたと言い切れるか?やりたいことは、すべてやれ【松本孝利さんに聞くVol.3】 – 次代の経営をかんがえる"

「人脈」と「人間力」こそ経営者としての成功のカギ【松本孝利さんに聞くVol.2】 – 次代の経営をかんがえる

サン・マイクロシステムズやシスコシステムズの日本法人代表を務められた松本孝利さんに、サンに移られた経緯やダイナミックな仕事の面白さなどから感じられた「チャンスをつかみ取るポイント」のほか、その後SSAに転じられたいきさつなどを伺っていきます。…

Continue reading "「人脈」と「人間力」こそ経営者としての成功のカギ【松本孝利さんに聞くVol.2】 – 次代の経営をかんがえる"

伝説の経営者が語る、成長するスタートアップの条件【松本孝利さんに聞く Vol.1】 – 次代の経営をかんがえる

サン・マイクロシステムズやシスコシステムズの日本法人を立ち上げ、日本事業の急成長を牽引した松本孝利さん。日本のインターネット黎明期から日本インターネット協会の設立に携わり、マーケット創出に取り組まれるなど、コンピュータ業界の発展と共にキャリアを歩んでこられた松本さんにお話を伺いました。…

Continue reading "伝説の経営者が語る、成長するスタートアップの条件【松本孝利さんに聞く Vol.1】 – 次代の経営をかんがえる"

上場直後のスタートアップが、ライバル企業や事業リスクを明かしたがらない3つの理由 – 次代の経営をかんがえる

ライバル企業のとらえ方について、上場直後のスタートアップ(ポストIPO企業)はどのように表明するべきか? また、社長の率直さは企業の魅力につながるのか? スタートアップ上場後の成長加速をテーマに活動するシニフィアンの共同代表3人が、『新興さんいらっしゃい』でポストIPOスタートアップのトップ20人超を取材して感じた、ポストIPO企業が自社の強みをアピールする大切さと難しさについて語るシリーズの最終回(全3回)です。(ライター:大西洋平)…

Continue reading "上場直後のスタートアップが、ライバル企業や事業リスクを明かしたがらない3つの理由 – 次代の経営をかんがえる"

世界2位の経営思想家が予言するブロックチェーンが実現する10の未来 – ブロックチェーン・レボリューション

世界的なベストセラーとなった『ブロックチェーン・レボリューション』。その中で予言された、ブロックチェーンが実現する10の未来を紹介する。

Continue reading "世界2位の経営思想家が予言するブロックチェーンが実現する10の未来 – ブロックチェーン・レボリューション"

株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 – 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話

上昇基調を保ってきた米国の株価が、18年2月頭に急落。資産運用を始めようにも、「株価が高すぎるから投資は控えておこう」と考える方も多いのではないでしょうか。しかし、「『長期・積立・分散』の資産運用なら、相場の動向に左右されず、なるべく早いタイミングで始めることをおすすめします」--というロボ運用サービスのウェルスナビ代表・柴山和久さんに、その理由と、「損をしたくない」という感情に振り回されずに正しい判断をするコツを聞きました。…

Continue reading "株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 – 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話"

株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 – 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話

上昇基調を保ってきた米国の株価が、18年2月頭に急落。資産運用を始めようにも、「株価が高すぎるから投資は控えておこう」と考える方も多いのではないでしょうか。しかし、「『長期・積立・分散』の資産運用なら、相場の動向に左右されず、なるべく早いタイミングで始めることをおすすめします」--というロボ運用サービスのウェルスナビ代表・柴山和久さんに、その理由と、「損をしたくない」という感情に振り回されずに正しい判断をするコツを聞きました。…

Continue reading "株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 – 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話"

ブロックチェーンはインターネットのルーク・スカイウォーカーだ – ブロックチェーン・レボリューション

仮想通貨の盛り上がりや、メガバンクの大規模なリストラなど、ブロックチェーンによって起こされる変革が次々と実現する動きを受けて、ブロックチェーン関係者のバイブル『ブロックチェーン・レボリューション』が再び注目を集めている。同書の第1章を公開するシリーズの第2回。…

Continue reading "ブロックチェーンはインターネットのルーク・スカイウォーカーだ – ブロックチェーン・レボリューション"

銀行の大リストラ、仮想通貨バブルの真因を明かす、世界2位の経営思想家の予言書 – ブロックチェーン・レボリューション

2017年に世界2位の経営思想家としてランキングされたドン・タプスコット。その著書『ブロックチェーン・レボリューション』に描かれた未来が、昨年来、次々と実現している。いま最も読むべき本として、改めて同書の一部を公開する。…

Continue reading "銀行の大リストラ、仮想通貨バブルの真因を明かす、世界2位の経営思想家の予言書 – ブロックチェーン・レボリューション"