死因上位の誤嚥性肺炎は喉が原因、健康寿命延ばす「のどトレ」のススメ – ニュース3面鏡

年齢を重ねれば、視力や足腰…体のあちこちで衰えを感じるのは仕方がないことだ。しかし、多種多様な老化のサインのなかで“喉の老化”について考えたことのある人はあまりいないかもしれない。しかし喉の衰えを放置すると、後に生命を脅かす病「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があるという。…

Continue reading "死因上位の誤嚥性肺炎は喉が原因、健康寿命延ばす「のどトレ」のススメ – ニュース3面鏡"

英原発建設、日立の撤退で立場強める中仏企業連合 – ロイター発 World&Business

日立製作所が英国における原発新設計画凍結を発表した。これにより、英国の新規原発を手掛ける企業として残った仏電力公社EDFと中国広核集団(CGN)は、資金調達方法を巡る英政府との交渉で立場が強まる。…

Continue reading "英原発建設、日立の撤退で立場強める中仏企業連合 – ロイター発 World&Business"

仏黄色いベスト運動、財政拡大路線がユーロ圏に波及も – ロイター発 World&Business

フランスのマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動を受け、同国政府が国民の不満を抑えようと財政支出を増やす結果、ユーロ圏全体に財政拡大路線が広がる可能性がある。

Continue reading "仏黄色いベスト運動、財政拡大路線がユーロ圏に波及も – ロイター発 World&Business"

中国不動産業界でドル建て起債活発化、市場環境改善で – ロイター発 World&Business

中国の不動産開発会社によるドル建ての起債が、今週に入って活発化している。年内に1000億ドル近くの規模で既発債の償還を迫られる中で、市場環境が改善してきた今の機会を積極的に利用しようという狙いだ。…

Continue reading "中国不動産業界でドル建て起債活発化、市場環境改善で – ロイター発 World&Business"

コンゴ政権交代でも晴れない「コバルト業界の霧」 – ロイター発 World&Business

電気自動車に使われるコバルトの主要産出国コンゴ民主共和国(旧ザイール)の選挙管理委員会は10日、昨年12月の大統領選で野党・民主社会進歩同盟のチセケディ党首が勝利したと発表。約20年にわたる汚職にまみれたカビラ政権が幕を閉じることになった。…

Continue reading "コンゴ政権交代でも晴れない「コバルト業界の霧」 – ロイター発 World&Business"

大阪メトロが「1000億円の超高層ビル」計画で一発逆転を狙う危うさ – News&Analysis

大阪メトロは昨年末、夢洲駅に高さ275メートルのビルを建設する計画を発表した。関西ではアベノハルカスに次ぐ高さで、総工費は約1000億円。しかし、この計画には危うさもつきまとう。

Continue reading "大阪メトロが「1000億円の超高層ビル」計画で一発逆転を狙う危うさ – News&Analysis"

ゴーン事件が特捜部にとって組織の存亡をかけた戦いになる理由 – DOL特別レポート

法廷に舞台を移す「ゴーン事件」は検察にとって負けられない戦いだ。政官界の汚職摘発を最高の勲章とする贈収賄中心主義から経済事件摘発強化へと転換し、さらに新たな捜査手法も導入した最初の大事件だからだ。…

Continue reading "ゴーン事件が特捜部にとって組織の存亡をかけた戦いになる理由 – DOL特別レポート"

消費増税前に「買っておくべきもの」「買わなくていいもの」 – ニュース3面鏡

2019年10月に予定されている消費税率の10%引き上げ。過去の増税ではまとめ買いで失敗したり、買わずに後悔したりという経験をした人もいるかもしれない。増税まで1年を切った今、FPサテライト株式会社 代表取締役のファイナンシャル・プランナー町田萌氏に、買っておくべきもの、買わなくてもいいものを教えてもらった。…

Continue reading "消費増税前に「買っておくべきもの」「買わなくていいもの」 – ニュース3面鏡"

消費増税分を取り返せ!対策「バラマキ」7000億円の中身を精査 – 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

消費増税は時の政権にとって最大級の不人気政策だが、安倍政権ですでに2度延期しているだけに後がない。そうした中で飛び出してきたのが、かつてないほどのバラマキ政策だ。

Continue reading "消費増税分を取り返せ!対策「バラマキ」7000億円の中身を精査 – 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ"

ファーウェイCEOが断言「情報サービス業への参入は“憲法”に反する。ありえない」 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

米中のハイテク覇権争いが激化の一途を辿っている。1月18日、渦中にある中国・情報通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)の創業者、任正非・最高経営責任者(CEO)が、週刊ダイヤモンドなど日本メディアの取材に応じた。任氏が日本メディアのインタビューに登場するのは初のことだ。…

Continue reading "ファーウェイCEOが断言「情報サービス業への参入は“憲法”に反する。ありえない」 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

冬に突然死を招く4つの「危険な生活習慣」 – News&Analysis

いよいよ冬本番。1日の寒暖差が大きくなる季節は、何気ない普段の生活の中に、血圧の乱高下から突然死を招く危険因子が潜んでいるため、要注意だ。では、具体的には冬場のどのような行動に気をつければいいのだろうか。…

Continue reading "冬に突然死を招く4つの「危険な生活習慣」 – News&Analysis"

青森山田を高校サッカー平成最後の王者にした黒田監督3つの賭け – ニュース3面鏡

青森山田の2年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた第97回全国高校サッカー選手権。平成最後の冬の王者戴冠を成就させた背景には「チームを一度、ぶち壊しました」と豪語する黒田剛監督の覚悟と決意、そして我慢があった。…

Continue reading "青森山田を高校サッカー平成最後の王者にした黒田監督3つの賭け – ニュース3面鏡"

顧客がライバルに、中国の「台頭」に対策急ぐドイツ – ロイター発 World&Business

輸出企業の黄金期が過ぎ去りつつある欧州最大の経済大国ドイツでは、中国における自国の権益を確保すべく急いで対策を講じている。だが、顧客からライバルへと「転身」した中国によって自国における変革を余儀なくされている。…

Continue reading "顧客がライバルに、中国の「台頭」に対策急ぐドイツ – ロイター発 World&Business"

英国「合意なき離脱」ショック、金融危機を超えるか – ロイター発 World&Business

英国が欧州連合(EU)を離脱する期限まで残り10週間となったが、いまだに事態を打開する道筋は見えておらず、英国経済へのショックを和らげるための移行期間が確保できない可能性が高まっている。…

Continue reading "英国「合意なき離脱」ショック、金融危機を超えるか – ロイター発 World&Business"

オリンパスが医療機器分野で抱える国際的な「規制」の懸念 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

電機・精密・自動車関連メーカーで近年ヘルスケア事業への進出が相次いでいます。その深層に迫るべく、世界初の実用化した胃カメラを開発した国内医療機器最大手、オリンパスの取締役専務執行役員で医療事業統括役員の田口晶弘氏にインタビューしました。…

Continue reading "オリンパスが医療機器分野で抱える国際的な「規制」の懸念 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

中国はなぜ理不尽な死刑判決を外国人に言い渡すのか – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博

中国の大連市中級人民法院は、覚醒剤密輸の容疑でカナダ人男性に死刑判決を言い渡した。これは、カナダでファーウェイの幹部が逮捕された報復と見られている。このような理不尽な出来事は、今後中国だけでなく、世界中で起きる可能性がある。…

Continue reading "中国はなぜ理不尽な死刑判決を外国人に言い渡すのか – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博"

「注目すべきは『大和ハウスが高値で買い始めた』ってこと」不動産業界インサイダー地下座談会(6) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

蛇の道は蛇、建前だけでは本質は決してわからない、それが不動産の世界。そんな世界にどっぷり漬かった不動産業界人がネット上に集う、全宅ツイ(全国宅地建物ツイッタラー協会)。週刊ダイヤモンド2018年12月1日号『一生モノの住み処選び』では、そんな業界人による本音座談会を前年に引き続き敢行しました。誌面には掲載できなかった暴露ネタ満載の3時間トーク、完全版を6回に分けてお届けします。…

Continue reading "「注目すべきは『大和ハウスが高値で買い始めた』ってこと」不動産業界インサイダー地下座談会(6) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

「オンラインサロン」に巣食う悪徳主宰者、セクハラ・タダ働きも – News&Analysis

「オンラインサロン」をご存じだろうか。有名人・著名人、何か1つの分野に精通している人などが、ネット上で開設しているコミュニティだ。最近は増加とともにトラブルも増えている。

Continue reading "「オンラインサロン」に巣食う悪徳主宰者、セクハラ・タダ働きも – News&Analysis"

生活保護が「貧困ビジネス」に狙われやすい真の理由 – 生活保護のリアル みわよしこ

日本の公共サービスをめぐる貧困ビジネスでは、「買う側」が利益を税金や社会保険料から得ている可能性がある。これは重大な問題だ。では、生活保護費が貧困ビジネスに「売られる」可能性はないだろうか。生活保護の「住」に関わるNPO法人を検証しよう。…

Continue reading "生活保護が「貧困ビジネス」に狙われやすい真の理由 – 生活保護のリアル みわよしこ"

「起業家うつ」増加の実態、メンタルヘルスを損なう6つの事情 – DOL特別レポート

起業がブームだ。有望なベンチャーに投資したいという資金はあふれ、投資家同士が獲得競争をしている。その一方、このようなデータがある。「起業家の49%が、生涯に一度はメンタルの問題を抱える」というのだ。…

Continue reading "「起業家うつ」増加の実態、メンタルヘルスを損なう6つの事情 – DOL特別レポート"

新卒を「即戦力」にし、現場ですぐに活躍させるための育成法 – ニュース3面鏡

中途採用の人材は社会経験があるものの、前職でのワークスタイル、自分のやり方に固執するため、新たな職場環境で活躍しないことに悩みを抱えている経営者は少なくありません。ところが新卒を入社前から即戦力化し、入社後すぐに現場で活躍できる育成方法に注力する会社が増えているようです。そんな企業はどんな点を心がけて育成しているのでしょうか。…

Continue reading "新卒を「即戦力」にし、現場ですぐに活躍させるための育成法 – ニュース3面鏡"

富士フイルムが再生医療ビジネスに突っ走る訳 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

いま、ヘルスケア業界がざわついています。再生医療で世界のトップランナーを自負する富士フイルムホールディングス取締役経営企画部長で富士フイルム取締役医薬品事業部長の岡田淳二氏に、ヘルスケア争奪戦についてインタビューしました。…

Continue reading "富士フイルムが再生医療ビジネスに突っ走る訳 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

売り止まぬトルコリラ、「危機の傷」癒えず – ロイター発 World&Business

昨年約20年ぶりの大幅な下落を記録したトルコリラだが、金融政策当局の信認がかろうじて崩壊を免れ、為替市場が世界的に落ち着きを取り戻したことから、今年は持ち直しを予想する声が多かった。しかし年初からの動きは期待を大きく裏切っている。…

Continue reading "売り止まぬトルコリラ、「危機の傷」癒えず – ロイター発 World&Business"

「地面師も湾岸タワマン買ってるくらいだから、ほら」不動産業界インサイダー地下座談会(5) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

蛇の道は蛇、建前だけでは本質は決してわからない、それが不動産の世界。そんな世界にどっぷり漬かった不動産業界人がネット上に集う、全宅ツイ(全国宅地建物ツイッタラー協会)。週刊ダイヤモンド2018年12月1日号『一生モノの住み処選び』では、そんな業界人による本音座談会を前年に引き続き敢行しました。誌面には掲載できなかった暴露ネタ満載の3時間トーク、完全版を6回に分けてお届けします。…

Continue reading "「地面師も湾岸タワマン買ってるくらいだから、ほら」不動産業界インサイダー地下座談会(5) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

法人営業が絶対に外してはいけない顧客攻略の「基本中の基本」 – News&Analysis

法人営業は個人向けの営業とは大きく異なる点がある。当然、顧客に対するアプローチも異なるはずだが、きちんと理解していない企業や人も多い。法人営業が絶対に外してはいけない「基本中の基本」とは。…

Continue reading "法人営業が絶対に外してはいけない顧客攻略の「基本中の基本」 – News&Analysis"

「AIの眼」が新聞や印刷物の役割を様変わりさせる可能性 – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る

AIの画像認識能力が高まれば新聞紙面からもウェブ上の動画など、さまざまな情報が得られる。新聞がウェブ世界の「入り口」になることで紙面が変わり、印刷媒体とネットとの新しい役割分担が生まれる可能性がある。…

Continue reading "「AIの眼」が新聞や印刷物の役割を様変わりさせる可能性 – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る"

立憲民主は「無所属の会」重鎮議員の参加で与党に太刀打ちできるか – DOL特別レポート

院内会派「無所属の会」が解散し、これら所属の重鎮議員の大半が立憲民主党系の会派に入った。立憲民主党は与党に対抗できる「強敵」に変貌できるのだろうか。

Continue reading "立憲民主は「無所属の会」重鎮議員の参加で与党に太刀打ちできるか – DOL特別レポート"

EU離脱案否決で英議会が空転、混乱収束を目指す「力学」の行方 – DOL特別レポート

英下院は1月15日、EUとの間で合意した離脱協定案を歴史的大差で否決した。この2年間難航した離脱交渉であるが、無秩序な離脱(ノーディール)は回避できるか。一見すると空転している英議会の対応に垣間見える、事態収束のための「力学」を読み解く。…

Continue reading "EU離脱案否決で英議会が空転、混乱収束を目指す「力学」の行方 – DOL特別レポート"

金融政策の最重要事項は2%物価目標を「形骸化」させることだ – DOL特別レポート

「2%物価目標」を目指した異次元緩和策は実体経済から見れば不要な政策であり、むしろ将来のリスクを高めている。2019年は日銀が2%目標をどううまく"形骸化"するか、真価を問われる年になる。…

Continue reading "金融政策の最重要事項は2%物価目標を「形骸化」させることだ – DOL特別レポート"

コニカミノルタが個別化医療の「診断」分野で世界トップを狙う理由 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

電機・精密・自動車関連メーカーで近年ヘルスケア事業への進出が相次いでいます。その深層に迫るべく、コニカミノルタのヘルスケア事業強化のため2016年に入社した、専務執行役でヘルスケア事業本部長の藤井清孝氏にインタビューしました。…

Continue reading "コニカミノルタが個別化医療の「診断」分野で世界トップを狙う理由 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

「結果を出す人」にたった10秒でなれるマインドチェンジ術 – ニュース3面鏡

2019年の始めに、“今年の目標”を掲げた人も多いのではないだろうか。こういった目標の達成に成功する人としない人には「ある違い」が存在する。それは「すぐに行動に移せるかどうか」だ。この行動力こそが人生において成功できるかどうかのカギとなる。そこで、35万部を突破したベストセラー『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の著者・藤由達藏が、すぐに行動できる人になるための習慣やマインドチェンジについて解説する。…

Continue reading "「結果を出す人」にたった10秒でなれるマインドチェンジ術 – ニュース3面鏡"

カズはなぜ52歳になっても現役を続けられるのか – ニュース3面鏡

レジェンド三浦知良の契約更新が、今月11日に所属する横浜FCから発表された。日本代表でともに戦った盟友たちが指導者を含めた新たな人生を歩み始めて久しい中で、2月26日には52歳になるカズが現役を続ける理由を探った。…

Continue reading "カズはなぜ52歳になっても現役を続けられるのか – ニュース3面鏡"

「昭和の成功体験」を語る老人に若者は一切耳を貸すな – 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

「平成最後の年」が始まった。巷には、「平成という時代」を振り返る議論が溢れている。「平成は日本が悪くなった時代」という意見が多いようだが、本稿はこれらの議論と一線を画したい。平成は「日本が諸外国並みに普通の国になった時代」と考える。…

Continue reading "「昭和の成功体験」を語る老人に若者は一切耳を貸すな – 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス"

投資と消費の心理悪化、米中摩擦や世界経済減速で – ロイター発 World&Business

米中貿易摩擦の激化や世界経済の減速予想などを受け、日本経済を支える「投資」と「消費」の心理が悪化の様相を強めている。特に企業の設備投資では先行指標の機械受注が急速に鈍り、慎重姿勢が鮮明化してきた。…

Continue reading "投資と消費の心理悪化、米中摩擦や世界経済減速で – ロイター発 World&Business"

「ファーウェイ外し」加速か、欧州で議論白熱 – ロイター発 World&Business

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、同社の販売担当幹部がポーランド当局によりスパイ容疑で逮捕されたのを受け、欧州市場へのアクセスを巡る問題に直面している。

Continue reading "「ファーウェイ外し」加速か、欧州で議論白熱 – ロイター発 World&Business"

「ファーウェイ外し」加速か、欧州で議論白熱 – ロイター発 World&Business

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、同社の販売担当幹部がポーランド当局によりスパイ容疑で逮捕されたのを受け、欧州市場へのアクセスを巡る問題に直面している。

Continue reading "「ファーウェイ外し」加速か、欧州で議論白熱 – ロイター発 World&Business"

投資と消費の心理悪化、米中摩擦や世界経済減速で – ロイター発 World&Business

米中貿易摩擦の激化や世界経済の減速予想などを受け、日本経済を支える「投資」と「消費」の心理が悪化の様相を強めている。特に企業の設備投資では先行指標の機械受注が急速に鈍り、慎重姿勢が鮮明化してきた。…

Continue reading "投資と消費の心理悪化、米中摩擦や世界経済減速で – ロイター発 World&Business"

「スルガの中の人のメンタルが不動産屋、詰め方がすごい」不動産業界インサイダー地下座談会(4) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

蛇の道は蛇、建前だけでは本質は決してわからない、それが不動産の世界。そんな世界にどっぷり漬かった不動産業界人がネット上に集う、全宅ツイ(全国宅地建物ツイッタラー協会)。週刊ダイヤモンド2018年12月1日号『一生モノの住み処選び』では、そんな業界人による本音座談会を前年に引き続き敢行しました。誌面には掲載できなかった暴露ネタ満載の3時間トーク、完全版を6回に分けてお届けします。…

Continue reading "「スルガの中の人のメンタルが不動産屋、詰め方がすごい」不動産業界インサイダー地下座談会(4) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

中国人富裕層が日本の焼肉店に不満を感じる意外な理由 – DOL特別レポート

あと1ヵ月足らずで春節(中国の旧正月)の大型連休。今年も訪日中国人観光客が大勢やってきそうだが、一部の中国人富裕層に取材をしてみたところ、日本旅行の際に食べる日本料理について、思いがけない“不満”があることがわかった。…

Continue reading "中国人富裕層が日本の焼肉店に不満を感じる意外な理由 – DOL特別レポート"

優柔不断な人でもビジネスで一流になれる「決断力」の磨き方 – News&Analysis

トップ営業マンと呼ばれる人をはじめ、ビジネスで活躍する人、できる人の特徴は「決断が早い」ということだ。この決断力は、後でも身に付けることができる。それはどうやって身に付けるのか。…

Continue reading "優柔不断な人でもビジネスで一流になれる「決断力」の磨き方 – News&Analysis"

今年は消費が日本経済を救う!「元年効果」「宅配ブーム」の威力とは – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

2019年は景気減速を懸念する声もあるが、改元で祝日が増えるなどの「元年効果」や増税対策で外食産業が宅配を充実させるなど、消費分野のビジネスチャンスが増え消費拡大につながる可能性がある。…

Continue reading "今年は消費が日本経済を救う!「元年効果」「宅配ブーム」の威力とは – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

「新成人」がお金で失敗しないために知っておくべきの5つの実用知識 – 山崎元のマルチスコープ

1月14日の祝日「成人の日」に、全国各地の自治体で成人式が執り行われたが、新成人は、「お金」についてどのような知識と意識を持っていたらいいのだろうか。20歳の段階で誰もが知っておきたい「お金の知識」をまとめてお伝えする。…

Continue reading "「新成人」がお金で失敗しないために知っておくべきの5つの実用知識 – 山崎元のマルチスコープ"

ゴーン事件に学ぶ、経営につまずかない「企業統治」の仕組み作り – DOL特別レポート

日産自動車カルロス・ゴーン元会長の逮捕は、経済界に大きな衝撃を与えた。これまでコーポレートガバナンス(企業統治)に無頓着だった企業は、この事件を教訓に社内体制をどう整えるべきか。日本のコーポレートガバナンス・コード策定を主導した池尾和人氏に聞いた。…

Continue reading "ゴーン事件に学ぶ、経営につまずかない「企業統治」の仕組み作り – DOL特別レポート"

今年の中銀流動性供給、中国などの緩和でプラス維持も – ロイター発 World&Business

今年は過去10年で初めて、世界全体で中央銀行の市場に対する流動性供給が差し引きマイナスに転じるというのが当初の見通しだった。ところが中国と、景気減速に見舞われている他の国の動きによって、流動性は引き続き吸収額より供給額が多くなるかもしれない。…

Continue reading "今年の中銀流動性供給、中国などの緩和でプラス維持も – ロイター発 World&Business"

今年の中銀流動性供給、中国などの緩和でプラス維持も – ロイター発 World&Business

今年は過去10年で初めて、世界全体で中央銀行の市場に対する流動性供給が差し引きマイナスに転じるというのが当初の見通しだった。ところが中国と、景気減速に見舞われている他の国の動きによって、流動性は引き続き吸収額より供給額が多くなるかもしれない。…

Continue reading "今年の中銀流動性供給、中国などの緩和でプラス維持も – ロイター発 World&Business"

「ボヘミアン・ラプソディ」がクイーンを知らない小学生にまで人気の理由 – ニュース3面鏡

「ボヘミアン・ラプソディ」、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」、「アリー/スター誕生」――。それぞれクイーン、アバ、バーブラ・ストライサンドと、1970年代に活躍していたアーティストの作品の“衣替え”が行われた作品であるが、世界的にもまずまずの興行収入だった。ヒットの理由に共通するものがあるのだろうか。ここで検証してみたい。…

Continue reading "「ボヘミアン・ラプソディ」がクイーンを知らない小学生にまで人気の理由 – ニュース3面鏡"

アジア株、昨年は外国人売り越し額が2012年以降で最大 – ロイター発 World&Business

韓国、台湾、インド、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムのアジア7ヵ国・地域の証券取引所の外国人投資動向に関するデータを集計したところ、2018年の売り越し総額は336億ドルと、少なくとも12年以降で最大規模になった。米中貿易摩擦と域内企業の収益鈍化が響いた。…

Continue reading "アジア株、昨年は外国人売り越し額が2012年以降で最大 – ロイター発 World&Business"

米労働市場がひっ迫、各地で求人数が失業者数超える – ロイター発 World&Business

米労働市場は求人件数が失業者数を上回る地域が増えている。労働市場のひっ迫で企業は採用方法の見直しを迫られており、米連邦準備理事会(FRB)には世界的に景気が減速する中で利上げ圧力がかかり続ける可能性がある。…

Continue reading "米労働市場がひっ迫、各地で求人数が失業者数超える – ロイター発 World&Business"

ブラジル新政権、早くも内部対立で迷走 投資家は警戒 – ロイター発 World&Business

1日に発足したばかりの右翼大統領ボルソナロ氏が率いるブラジル新政権が、早くも政権内の亀裂や政策の迷走に直面している。喫緊の課題である財政改革を遂行できるのか、投資家の間で不安が広がり始めた。…

Continue reading "ブラジル新政権、早くも内部対立で迷走 投資家は警戒 – ロイター発 World&Business"

中国のハイテクベンチャー市場新設計画、国内勢が熱視線 – ロイター発 World&Business

中国の習近平国家主席が昨年11月に公表した上海証券取引所にハイテクベンチャー市場を新設する計画が、国内の新興ハイテク企業から熱い期待を集めている。新市場は黒字達成の上場条件が廃止されるなど手続きのハードルが下がり、新規株式公開(IPO)が容易になる可能性があるためだ。ただ市場では、安易なIPOの蔓延はバブルを招きかねないと警戒する声も聞かれる。…

Continue reading "中国のハイテクベンチャー市場新設計画、国内勢が熱視線 – ロイター発 World&Business"

米中の景気先行指標から浮かぶ「景気減速懸念」のリアル – Close Up

年初の株式・為替市場は大きく動揺した。米アップルの業績下方修正を契機に株価は急落、円高が進行した。FRBのパウエル議長が利上げ・金融正常化を急がない方針を示し、市場は落ち着いた。しかし、経済指標などを分析していくと、むしろ景気減速懸念が高まっていることが浮かんでくる。…

Continue reading "米中の景気先行指標から浮かぶ「景気減速懸念」のリアル – Close Up"

米中の景気先行指標から浮かぶ「景気減速懸念」のリアル – Close Up

年初の株式・為替市場は大きく動揺した。米アップルの業績下方修正を契機に株価は急落、円高が進行した。FRBのパウエル議長が利上げ・金融正常化を急がない方針を示し、市場は落ち着いた。しかし、経済指標などを分析していくと、むしろ景気減速懸念が高まっていることが浮かんでくる。…

Continue reading "米中の景気先行指標から浮かぶ「景気減速懸念」のリアル – Close Up"

スルガ・かぼちゃ以外にもあった「黒契約」不動産業界インサイダー地下座談会(3) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

蛇の道は蛇、建前だけでは本質は決してわからない、それが不動産の世界。そんな世界にどっぷり漬かった不動産業界人がネット上に集う、全宅ツイ(全国宅地建物ツイッタラー協会)。週刊ダイヤモンド2018年12月1日号『一生モノの住み処選び』では、そんな業界人による本音座談会を前年に引き続き敢行しました。誌面には掲載できなかった暴露ネタ満載の3時間トーク、完全版を6回に分けてお届けします。…

Continue reading "スルガ・かぼちゃ以外にもあった「黒契約」不動産業界インサイダー地下座談会(3) – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

韓国が国同士の約束を守れない「世論優先主義」に陥る理由 – 今週のキーワード 真壁昭夫

最近、日本と韓国の関係が一段と冷え込んでいる。その最大の原因は、過去の政府間の合意にもかかわらず、韓国の最高裁にあたる大法院が、わが国の新日鉄住金や三菱重工業に元徴用工への賠償を命じたことだ。…

Continue reading "韓国が国同士の約束を守れない「世論優先主義」に陥る理由 – 今週のキーワード 真壁昭夫"

JAL再建、稲盛氏側近が語る「企業再生の成功に必要不可欠なもの」 – DOL特別レポート

2010年に経営破綻したJAL。当時、マスコミや業界人の多くは二次破綻を懸念したが、多くの予想に反して、JALはスピード再建を遂げ、高い利益率を誇るエアラインに生まれ変わった。成功の秘訣はどこにあったのか、稲盛和夫氏の側近として、JAL再建に携わった大田嘉仁氏に聞いた。…

Continue reading "JAL再建、稲盛氏側近が語る「企業再生の成功に必要不可欠なもの」 – DOL特別レポート"