5分でわかる「ネット動画配信サービス」外資と国内勢の違い – ニュース3面鏡

世界中でネット配信サービスがしのぎを削る戦国時代になっている。業界の勢力図としては、日本に進出してくるグローバル企業勢に対して、日本企業勢が奮闘しているという構図だが、さらに細分化して見ると、各社には放送番組の傾向や、経営戦略の違いもある。各サービスを比較しながら、業界の勢力図の未来を占ってみた。…

Continue reading "5分でわかる「ネット動画配信サービス」外資と国内勢の違い – ニュース3面鏡"

スルガ銀、引当後も残る追加損失リスク 注目される提携の行方 – ロイター発 World&Business

スルガ銀行が14日に発表した2018年4―9月期の連結決算では、シェアハウス関連融資で担保・保証のない債権に対し、相当程度の割合で引当金を積み、ほぼ「うみ」を出し切ったかに見える。しかし、シェアハウス以外の、1兆6000億円に上る投資用不動産向け融資に絡んで、追加損失が発生するリスクもアナリストから指摘されている。再び損失を出すリスクもあり、資本・業務提携の行方に市場の関心が集まりそうだ。…

Continue reading "スルガ銀、引当後も残る追加損失リスク 注目される提携の行方 – ロイター発 World&Business"

中国スマホに押されるアップル、サービス事業にも影 – ロイター発 World&Business

米アップルのサプライヤー各社による業績見通しの下方修正が相次いだことで、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が頭打ちになったとの懸念が広がった。クラウドなどのサービス事業を成長の柱に据える同社の戦略にも影を落とす可能性がある。…

Continue reading "中国スマホに押されるアップル、サービス事業にも影 – ロイター発 World&Business"

米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防長官 – ロイター発 World&Business

11月9日、米中関係の破滅的事態を回避すべく、マティス米国防長官(写真)がギリギリの線をたどっていることが、新たな軍事関連データ、そして南シナ海や台湾海峡における米軍活動を含めた最近の出来事から浮かび上がってくる。ワシントンで10月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)…

Continue reading "米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防長官 – ロイター発 World&Business"

三菱UFJが異例のタイミングで増配発表、株価に危機感 – ロイター発 World&Business

三菱UFJフィナンシャル・グループが、異例のタイミングで年間配当の増配を決めた。背景にあるのは、低迷する株価に対する経営陣の危機感だ。長びく低金利で成長戦略が描けない中で、失われ掛けていた投資家の関心を取り戻せるかどうか注目を集めそうだ。…

Continue reading "三菱UFJが異例のタイミングで増配発表、株価に危機感 – ロイター発 World&Business"

かつての新星、韓国現代自動車はなぜ輝きを失ったか – ロイター発 World&Business

中国重慶にある人影まばらな韓国の現代(ヒュンダイ)自動車販売店では、大型でより安価なスポーツタイプ多目的車(SUV)といった世界最大の同国市場で人気の車種がなく、客足が遠のいている、と店長が嘆いていた。…

Continue reading "かつての新星、韓国現代自動車はなぜ輝きを失ったか – ロイター発 World&Business"

中間選挙後のトランプ政権で懸念される「ポピュリズム政策」の副作用 – DOL特別レポート

中間選挙後、トランプ政権の経済政策は大幅な変更はなさそうだが、大型減税や貿易戦争など、短期的な効果が見えやすいものに極端に傾斜してきたポピュリズム的政策の副作用が顕在化する恐れがある。…

Continue reading "中間選挙後のトランプ政権で懸念される「ポピュリズム政策」の副作用 – DOL特別レポート"

ボジョレーに代わって「日本ワイン」がブームになった意外な事情 – News&Analysis

ボジョレーヌーヴォーが日本国内で年々数を減らす一方で、逆に日本のワイン新酒のイベントは年々盛り上がりを見せるなど、日本ワインはすっかりブームとなっている。日本ワインの現状と問題点を解説する。…

Continue reading "ボジョレーに代わって「日本ワイン」がブームになった意外な事情 – News&Analysis"

格安スマホ、違約金を払ってでも乗り換えるのが得な理由 – News&Analysis

「大手キャリアのスマホの月額料金が高すぎる」と感じている人は多いだろう。しかし格安スマホに興味はあるものの、「手続きが面倒くさい」などの理由で行動に移せない人は少なくない。一方でここ1、2年の間に、格安スマホの環境は変化している。これから格安スマホに乗り換える場合、どのような考え方で選べばいいのかについて解説したい。…

Continue reading "格安スマホ、違約金を払ってでも乗り換えるのが得な理由 – News&Analysis"

外国人労働者受け入れ拡大は賃金上昇を台無しにしかねない“愚策”だ – 高橋洋一の俗論を撃つ!

新在留資格による外国人労働者の受け入れ拡大で政府は「5年で34万人」を検討しているというが、政府方針通りならアベノミクスの成果の雇用創出や一部の賃金上昇を台無しにする恐れがある。…

Continue reading "外国人労働者受け入れ拡大は賃金上昇を台無しにしかねない“愚策”だ – 高橋洋一の俗論を撃つ!"

「人生100年現役」を考えればフリーランサーになる準備を早くから – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る

労働力不足や年金財政を考えれば、これからは高齢者が働く時代だが、中でも雇用延長に頼らずフリーランサーとして働けることが重要だ。そのためには現役時代から準備をしておくことだ。…

Continue reading "「人生100年現役」を考えればフリーランサーになる準備を早くから – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る"

英ポンド上昇、陰で支える投機筋のショート積み上げ – ロイター発 World&Business

英国のラーブ欧州連合(EU)離脱担当相がEUとの交渉に関する閣議後、親指を上げてうまくいったというサインを示すと、英通貨ポンドは6日、0.5%近く上昇した。

Continue reading "英ポンド上昇、陰で支える投機筋のショート積み上げ – ロイター発 World&Business"

「健康にいい生活」で脳が老化?一刻も早くやめたい生活習慣とは – ニュース3面鏡

近年、認知症の患者は増え続けている。厚生労働省によると、2025年にはその数は700万人を超えるとされており、これは65歳以上の5人に1人が認知症になる計算だ。一方で、年をとってもいつまでも見た目が若々しく、頭の回転が速い人もいる。このように、認知症になる人とならない人では、一体何が違うのだろうか。…

Continue reading "「健康にいい生活」で脳が老化?一刻も早くやめたい生活習慣とは – ニュース3面鏡"

「健康にいい生活」で脳が老化?一刻も早くやめたい生活習慣とは – ニュース3面鏡

近年、認知症の患者は増え続けている。厚生労働省によると、2025年にはその数は700万人を超えるとされており、これは65歳以上の5人に1人が認知症になる計算だ。一方で、年をとってもいつまでも見た目が若々しく、頭の回転が速い人もいる。このように、認知症になる人とならない人では、一体何が違うのだろうか。…

Continue reading "「健康にいい生活」で脳が老化?一刻も早くやめたい生活習慣とは – ニュース3面鏡"

最強の消費増税対策は「賃上げ」、可処分所得への目配りが肝要だ – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

消費増税の景気への影響を少なくするのに最大の効果が期待できるのは賃上げだ。だが消費増につなげるには、社会保険料負担などを抑えて可処分所得が増えるようにする取り組みが合わせて必要だ。…

Continue reading "最強の消費増税対策は「賃上げ」、可処分所得への目配りが肝要だ – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

最強の消費増税対策は「賃上げ」、可処分所得への目配りが肝要だ – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

消費増税の景気への影響を少なくするのに最大の効果が期待できるのは賃上げだ。だが消費増につなげるには、社会保険料負担などを抑えて可処分所得が増えるようにする取り組みが合わせて必要だ。…

Continue reading "最強の消費増税対策は「賃上げ」、可処分所得への目配りが肝要だ – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

中国の企業向け株式担保融資、金融機関の「頭痛の種」に – ロイター発 World&Business

中国では多くの証券会社や銀行にとって、企業の株式を担保として実行した多額の融資が大きな頭痛の種となりつつある。融資先企業の株価が急落したためだ。

Continue reading "中国の企業向け株式担保融資、金融機関の「頭痛の種」に – ロイター発 World&Business"

英国のEU離脱劇、結末を占う「3つのシナリオ」 – ロイター発 World&Business

メイ英首相は、欧州連合(EU)と離脱協定の締結に向けて粘っているが、EUと合意してもその内容を国内の議会で承認してもらうことがより難しい課題となっている。

Continue reading "英国のEU離脱劇、結末を占う「3つのシナリオ」 – ロイター発 World&Business"

銭湯が並ぶのはダメ!意外な「隣り合ってはいけない店」のルール – ニュース3面鏡

街を歩いていて、同じコンビニが近距離に出店しているのを見かけたことはないだろうか。同じコンビニが隣同士、あるいは極近距離に出店するのには、企業側の戦略などさまざまな理由があるそうだが、実は出店すること自体は問題ないらしい。その一方、業種によっては近距離で出店することが法的に禁じられている店があるというのは、あまり知られていない。弁護士の高畑富大氏に聞いた。…

Continue reading "銭湯が並ぶのはダメ!意外な「隣り合ってはいけない店」のルール – ニュース3面鏡"

IoT世界首位がウサギのGEではなく「カメのシーメンス」である理由 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

IoTで先行していた米GEを抜き去り、世界最大級の産業用プラットフォームを構築した独シーメンス――。電機業界の新秩序に迫った『週刊ダイヤモンド』2018年11月10日号「変われぬ東芝 変わる日立」のスピンオフとして、シーメンス日本法人の藤田研一社長に成功の理由を聞いたインタビュー拡大版をお届けする。…

Continue reading "IoT世界首位がウサギのGEではなく「カメのシーメンス」である理由 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

大人気iDeCoの運用商品はこう選べ!上手な運用3つのポイント – 山崎元のマルチスコープ

「iDeCo」こと「個人型確定拠出年金」の加入者が100万人を超えたという。一昨年に加入対象者が広がるのとともに、周知活動が実を結んで加入者が急増した形だ。しかし、間違った運用選択をしている加入者が少なくない。…

Continue reading "大人気iDeCoの運用商品はこう選べ!上手な運用3つのポイント – 山崎元のマルチスコープ"

中間選挙の勝者が共和・民主両党でなくトランプ大統領だった理由 – DOL特別レポート

米中間選挙の“勝者”は共和党でもなく民主党でもなく、結局はトランプ大統領だった。従来の「右(保守)VS左(リベラル)」にグロバリゼーションを巡る新たな対立軸が加わり、「4元構造」で政治が動き始めているからだ。…

Continue reading "中間選挙の勝者が共和・民主両党でなくトランプ大統領だった理由 – DOL特別レポート"

化学物質過敏症、「カウンセリング」が意外にも有効な理由 – ニュース3面鏡

私たちの生活に溶け込む、さまざまな化学物質。身近で欠かせない存在だが、ある日突然体の不調を引き起こす「化学物質過敏症」の原因になるという。果たして「化学物質過敏症」とは、どのような病なのだろうか。…

Continue reading "化学物質過敏症、「カウンセリング」が意外にも有効な理由 – ニュース3面鏡"

イタリア国債先物、膨張する売り持ちポジション – ロイター発 World&Business

イタリア国債先物の取引が急増している。同国政府と欧州連合(EU)の間で財政運営を巡る緊張が高まっている中で、売り持ちポジションが相当積み上がっている兆しかもしれない。

Continue reading "イタリア国債先物、膨張する売り持ちポジション – ロイター発 World&Business"

衣服感覚で「筋肉」を身にまとう!米国発のロボティクス革命 – DOL特別レポート

ロボティクスと服を融合させ、人間の体幹を支えてくれる「パワード・クロージング」。このウェアを開発したベンチャーは、米国のseismic(サイズミック)社という企業だ。来日したCEOに、市場展開と起業家としての矜持を聞いた。…

Continue reading "衣服感覚で「筋肉」を身にまとう!米国発のロボティクス革命 – DOL特別レポート"

安倍訪中を歓迎し日本批判を抑える中国の思惑 – DOL特別レポート

10月25~27日にかけて行なわれた安倍晋三首相の訪中は、“友好のバロメーター”といわれる両国首脳の相互訪問が再開したこともあり、両国関係の改善をさらに印象づけられた。その背景には、中国の思惑が隠されていた。…

Continue reading "安倍訪中を歓迎し日本批判を抑える中国の思惑 – DOL特別レポート"

日独7─9月期はマイナス成長へ、世界経済のリスク露呈か – ロイター発 World&Business

今週発表される日独両国の7─9月期国内総生産(GDP)はいずれもマイナスになる見込みだ。世界経済は成長のピークが既に過ぎ、全体として落ち込む危険が高まりつつあることを一段と証明する形になる。…

Continue reading "日独7─9月期はマイナス成長へ、世界経済のリスク露呈か – ロイター発 World&Business"

ポーラ巨額遺産裁判はいよいよ社長の不正の有無を審理へ – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

化粧品大手ポーラ・オルビスホールディングス(HD)取締役(当時)の昨年末の内部告発を機に始まった、創業家内で争う巨額遺産裁判。その第3回口頭弁論が9日、東京地方裁判所であり、鈴木郷史社長による18年前の不正があったかどうかについての審理に進むことが決まった。…

Continue reading "ポーラ巨額遺産裁判はいよいよ社長の不正の有無を審理へ – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

萎縮する中国民間部門、政策転換に経済悪化が追い打ち – ロイター発 World&Business

かつて活気に満ちていた中国の民間セクターは、今年入って急激に進んだ経済悪化の直撃を受けており、起業家の中から政策の効果ばかりか政府の真意を疑う声まで上がっている。

Continue reading "萎縮する中国民間部門、政策転換に経済悪化が追い打ち – ロイター発 World&Business"

萎縮する中国民間部門、政策転換に経済悪化が追い打ち – ロイター発 World&Business

かつて活気に満ちていた中国の民間セクターは、今年入って急激に進んだ経済悪化の直撃を受けており、起業家の中から政策の効果ばかりか政府の真意を疑う声まで上がっている。

Continue reading "萎縮する中国民間部門、政策転換に経済悪化が追い打ち – ロイター発 World&Business"

米制裁下のイラン、経済崩壊を回避できるか – ロイター発 World&Business

イランは米国の経済制裁を受け、景気後退に見舞われるだろうが、経済が全面的に崩壊する事態は避けられる見通しで、原油価格上昇や米国と他の関係国にすきま風が吹いていることがその理由だ──。各国政府当局者や専門家はこうした見方をしている。…

Continue reading "米制裁下のイラン、経済崩壊を回避できるか – ロイター発 World&Business"

JR北海道の値上げに非難殺到、旧国鉄「運賃政策」の呪い – ニュース3面鏡

経営難に陥っているJR北海道が表明した運賃値上げ。しかし、沿線自治体からは非難の声が殺到している。JR北海道の値上げは果たして妥当なのか。それを考えるには、他社との比較や、旧国鉄時代から今まで引きずっている運賃政策のまずさを知る必要がある。…

Continue reading "JR北海道の値上げに非難殺到、旧国鉄「運賃政策」の呪い – ニュース3面鏡"

食べログの「課金制度」が飲食店に嫌われる理由 – 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

消費者からの支持が厚い食べログが、飲食店課金へとかじを切り、店主たちは不信感を募らせている。モデルシフトした裏には、グーグルらの襲来など業界構造変化への危機感がある。

Continue reading "食べログの「課金制度」が飲食店に嫌われる理由 – 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ"

ペンス副大統領来日でFTAの地ならし、日米摩擦復活で追い詰められる日本 – DOL特別レポート

中間選挙を「歴史的勝利」と“自賛”したトランプ大統領の「自国第一」の保護主義政策は止まりそうにない。米国との事実上のFTA交渉に追い込まれた日本は、自動車や農産物などで「日米摩擦時代」に逆戻りするかのような逆風にさらされそうだ。…

Continue reading "ペンス副大統領来日でFTAの地ならし、日米摩擦復活で追い詰められる日本 – DOL特別レポート"

性犯罪者に甘い国・日本が見習うべき諸外国の厳格対策法 – ニュース3面鏡

強制わいせつ、レイプなど、女性や子どもを狙った性犯罪事件が後を絶たない。しかも欧米に比べて、日本は性犯罪者に対する処置が不十分だという。被害者学、犯罪学、刑事法学が専門で、元常磐大学学長の諸澤英道氏に詳しい話を聞いた。…

Continue reading "性犯罪者に甘い国・日本が見習うべき諸外国の厳格対策法 – ニュース3面鏡"

中間選挙を切り抜けたトランプ大統領に迫る次なる「逆風」とは? – Close Up

トランプ米大統領の「中間テスト」となった米中間選挙の結果を受け、米議会には上下両院で多数派政党が異なる「ねじれ」が生じることになった。この先、大統領選挙での再選をもくろむトランプ氏が成果づくりへ一段と過激な行動に出ることが懸念される状況にある。…

Continue reading "中間選挙を切り抜けたトランプ大統領に迫る次なる「逆風」とは? – Close Up"

鹿島アントラーズが20年以上も常勝軍団で居続けられるワケ – ニュース3面鏡

鹿島アントラーズの先勝を受けたAFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦が、日本時間11日午前零時にキックオフを迎える。悲願のアジア制覇へ向けて万全の心技体で臨むアントラーズが、常勝軍団と呼ばれるようになった理由を振り返った。…

Continue reading "鹿島アントラーズが20年以上も常勝軍団で居続けられるワケ – ニュース3面鏡"

東芝「負の遺産」LNG、爆買い中国に売却するまでの紆余曲折 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

東芝の救世主として現れたのは、大穴の中国企業だった。最大1兆円の損失を出す恐れのあった東芝が保有する米国テキサス州の液化天然ガス(LNG)プロジェクト「フリーポート」。紆余曲折を経て、中国の民間ガス大手ENNエナジーホールディングスに売却することで同社との間で合意した。…

Continue reading "東芝「負の遺産」LNG、爆買い中国に売却するまでの紆余曲折 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

貧困層の住生活を破壊しかねない「簡易個室」公認が急がれる理由 – 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ

日本社会の将来に大きな火種を仕込むかもしれないものの、まったく注目されていない厚労省の検討会がある。そこでは、設備が不十分な「簡易個室」が無料低額宿泊所の「個室」として公認されそうな気配だ。貧困層の住生活は不安に包まれるだろう。…

Continue reading "貧困層の住生活を破壊しかねない「簡易個室」公認が急がれる理由 – 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ"

外国人労働者受け入れ議論があまりにも拙速すぎる最大の原因 – 岸博幸の政策ウォッチ

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理・難民認定法改正案について、いよいよ本格的な議論が国会で始まろうとしている。しかしこの議論には、わかりにくさと唐突さを禁じ得ない。これまでの経緯から、その原因の根はかなり深刻であることがわかる。…

Continue reading "外国人労働者受け入れ議論があまりにも拙速すぎる最大の原因 – 岸博幸の政策ウォッチ"

腕がなくても痛む「幻肢痛」に朗報、VRによる治療が効果 – News&Analysis

病気や事故で実際には存在しない手足に痛みやしびれを感じることを「幻肢痛」という。幻肢痛に悩まされた当事者がVRを用いたリハビリ機器を開発したら薬を手離すことができたという。…

Continue reading "腕がなくても痛む「幻肢痛」に朗報、VRによる治療が効果 – News&Analysis"

ねじれ生んだ米中間選挙、留意すべき7つのポイント – ロイター発 World&Business

6日の米中間選挙では民主党が下院で多数派を奪還したが、上院は共和党が過半数を維持して「ねじれ」状態となった。選挙結果を受け、留意すべき7つの点は以下の通り。

Continue reading "ねじれ生んだ米中間選挙、留意すべき7つのポイント – ロイター発 World&Business"

消費増税で総合対策10兆円の構想浮上、国土強靭化も盛り込み – ロイター発 World&Business

来年10月の消費増税で国内需要が落ち込むことを想定し、その回避を目的とした大規模な総合対策の検討が、政府部内で非公式に進んでいる。複数の関係者によると、その規模は10兆円程度を目安とすべきとの意見も浮上。実質所得の目減り分5兆円台に加え、国土強靭(きょうじん)化の対応や海外経済減速の影響対応もパッケージに取り込み、全体として内需の落ち込みに対応しようというスタンスが、政府内で固まりつつある。…

Continue reading "消費増税で総合対策10兆円の構想浮上、国土強靭化も盛り込み – ロイター発 World&Business"

ヤマダ電機は家電量販店で本当に「1人負け」なのか – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博

ヤマダ電機の今年4-9月期の連結決算は、純利益が90%も減少し、好調の競合他社に大きく水を空けられた。しかし、同社は本当に「1人負け」なのだろうか。日本の家電量販店に地殻変動が訪れるなか、将来笑っているのはヤマダかもしれない。…

Continue reading "ヤマダ電機は家電量販店で本当に「1人負け」なのか – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博"

ヤマダ電機は家電量販店で本当に「1人負け」なのか – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博

ヤマダ電機の今年4-9月期の連結決算は、純利益が90%も減少し、好調の競合他社に大きく水を空けられた。しかし、同社は本当に「1人負け」なのだろうか。日本の家電量販店に地殻変動が訪れるなか、将来笑っているのはヤマダかもしれない。…

Continue reading "ヤマダ電機は家電量販店で本当に「1人負け」なのか – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博"

中国「独身の日」、1日3兆円を売り上げる凄味を徹底分析 – DOL特別レポート

中国の「11月11日(ダブルイレブン)」が間近に迫る。これは「独身の日」のイベントで、1日で3兆円近くを売り上げる世界最大の小売りイベントにまで成長した。そのすごさをデータで読み解く。…

Continue reading "中国「独身の日」、1日3兆円を売り上げる凄味を徹底分析 – DOL特別レポート"

中国「独身の日」、1日3兆円を売り上げる凄味を徹底分析 – DOL特別レポート

中国の「11月11日(ダブルイレブン)」が間近に迫る。これは「独身の日」のイベントで、1日で3兆円近くを売り上げる世界最大の小売りイベントにまで成長した。そのすごさをデータで読み解く。…

Continue reading "中国「独身の日」、1日3兆円を売り上げる凄味を徹底分析 – DOL特別レポート"

メガソーラー建設反対運動が続発、太陽光発電は本当に「エコ」か – News&Analysis

「エコ」のイメージが強い太陽光発電。しかし今、全国各地でメガソーラーの建設とそれに対する反対運動が起きている。景観地としても有名な長野県・霧ヶ峰の麓でも、住民の反対運動が過熱。なぜ、このような事態が頻発するのか。…

Continue reading "メガソーラー建設反対運動が続発、太陽光発電は本当に「エコ」か – News&Analysis"

マラソン大会乱立の中で参加者5倍、東北風土マラソンの成功法則 – ニュース3面鏡

東京マラソンをきっかけにマラソン大会が激増する一方、ランナー人口は頭打ち。参加者が定員に達しないマラソン大会が全国各地で増えているという。こうした状況下でも、ランナーを5倍以上に増やしているのが「東北風土マラソン」だ。…

Continue reading "マラソン大会乱立の中で参加者5倍、東北風土マラソンの成功法則 – ニュース3面鏡"

北朝鮮が日本の裏社会にホテル売却か、元経済ヤクザが明かす日米朝関係 – DOL特別レポート

米朝首脳“再”会談実現に向けた協議が進むなど、米国と北朝鮮が距離を縮めている。日本は絡むことができていないが、地下経済の住人たちは密かに北朝鮮に対するビジネスに奔走している。元経済ヤクザで「猫組長」こと菅原潮氏が、日米朝の黒い民間交流を明かす。…

Continue reading "北朝鮮が日本の裏社会にホテル売却か、元経済ヤクザが明かす日米朝関係 – DOL特別レポート"

マツダ、最新エンジン「スカイアクティブX」は「マツダ3」で初搭載 – ロイター発 World&Business

マツダは8日、最新エンジン「スカイアクティブX」を新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」のセダンとハッチバックのモデルに初搭載することを発表した。米国で来年発売する予定で、今月末から開催される米ロサンゼルス・モーターショーで初公開する。…

Continue reading "マツダ、最新エンジン「スカイアクティブX」は「マツダ3」で初搭載 – ロイター発 World&Business"

中国人がギリシャ不動産の「爆買い」に走る訳 – ロイター発 World&Business

アテネの空港では、週に3回到着する何百人もの中国人投資家を、ギリシャの不動産仲介業者が出迎えている。売り出し中の物件に案内するため、市内の現場に車で直行する。

Continue reading "中国人がギリシャ不動産の「爆買い」に走る訳 – ロイター発 World&Business"

ビットコインのボラティリティー、約2年ぶり低水準 – ロイター発 World&Business

先週で誕生から10年を迎えた仮想通貨ビットコインは昨年、1300%も跳ね上がって12月には過去最高値の約2万ドルを記録した。今年に入ってからは一時70%安となる場面もあったが、9月以降は比較的落ち着いている。…

Continue reading "ビットコインのボラティリティー、約2年ぶり低水準 – ロイター発 World&Business"

下院敗北の米共和党、さらに「トランプ流」に傾斜か – ロイター発 World&Business

米中間選挙で下院の過半数を失った与党共和党には、トランプ大統領の挑発的な論調や強硬なアジェンダの下で一体化する、さらに「トランプ色」の強い議員たちが残ることになりそうだ。

Continue reading "下院敗北の米共和党、さらに「トランプ流」に傾斜か – ロイター発 World&Business"

インドで苦戦するアップル、割高感や他社製品充実で – ロイター発 World&Business

インドのソフトウエア技術者サミー・アラムさん(27)は、同国最大の祭り「ディワリ」シーズンに合わせた今週のセールで、思い切って値段の張るアップルの「iPhone(アイフォーン)」を買うつもりだったが、結局はより安い中国のワンプラス(一加手机)製スマホを選んだ。…

Continue reading "インドで苦戦するアップル、割高感や他社製品充実で – ロイター発 World&Business"

米民主党、下院の過半数奪回でトランプ政権への監視強化へ – ロイター発 World&Business

米下院の民主党トップ、ペロシ院内総務は7日、中間選挙で民主党が下院で過半数を奪還したことを受け、トランプ政権への監視を強めていく姿勢を示した。

Continue reading "米民主党、下院の過半数奪回でトランプ政権への監視強化へ – ロイター発 World&Business"