「1日4時間労働」で現代人より豊かな生活、縄文人の意外な真実 – イノベーション的発想を磨く

一般的な縄文人のイメージといえば、小集団で竪穴式住居に定住した、原始的な狩猟採集民だろう。しかし、本書『縄文探検隊の記録』によると、縄文人の文化や生活は私たちの想像以上に進化していたことが、最近の研究でわかってきているという。…

Continue reading "「1日4時間労働」で現代人より豊かな生活、縄文人の意外な真実 – イノベーション的発想を磨く"

「つみたてNISA」に期待する証券業界が抱える2つの課題 – 短答直入

かつて小泉内閣が「貯蓄から投資へ」の方針を打ち出してから18年たつが、個人金融資産に占める株式の比率は一向に増えていない。証券業界として、この難題にどう取り組むのか。日本証券業協会の鈴木茂晴会長に聞いた。…

Continue reading "「つみたてNISA」に期待する証券業界が抱える2つの課題 – 短答直入"

ゴーン氏「潔白スピーチ」とJOC竹田会長「7分会見」、明暗が分かれたのはなぜか – 情報戦の裏側

ゴーン氏逮捕の報復ともささやかれる、JOC竹田会長に対するフランス当局の予備審問開始。「質問NGの7分会見」で炎上した竹田会長に対して、ゴーン氏は意見陳述で自らの思いの丈を述べて世論から好感された。両者のスタンスの違いを分析してみよう。…

Continue reading "ゴーン氏「潔白スピーチ」とJOC竹田会長「7分会見」、明暗が分かれたのはなぜか – 情報戦の裏側"

社外取締役を「お飾り」にしない上手な生かし方 – 小宮一慶の週末経営塾

企業の不祥事が相次いでいることから、「社外取締役」の存在に注目が集まっています。しかし、社外取締役を設置すれば、社内の不正や不祥事をいち早く発見できるというわけではありません。…

Continue reading "社外取締役を「お飾り」にしない上手な生かし方 – 小宮一慶の週末経営塾"

感動と熱狂の「箱駅駅伝」が日本人だけにしかウケない理由 – 情報戦の裏側

毎年、日本中が熱狂する箱根駅伝。しかし、柔道や空手などの日本発スポーツが世界で人気を博しているのに比べて、駅伝は世界では人気がない。実は、駅伝が神道や「祭り」と非常に深いつながりを持っていることも、影響しているのではないだろうか。…

Continue reading "感動と熱狂の「箱駅駅伝」が日本人だけにしかウケない理由 – 情報戦の裏側"

感動と熱狂の「箱駅駅伝」が日本人だけにしかウケない理由 – 情報戦の裏側

毎年、日本中が熱狂する箱根駅伝。しかし、柔道や空手などの日本発スポーツが世界で人気を博しているのに比べて、駅伝は世界では人気がない。実は、駅伝が神道や「祭り」と非常に深いつながりを持っていることも、影響しているのではないだろうか。…

Continue reading "感動と熱狂の「箱駅駅伝」が日本人だけにしかウケない理由 – 情報戦の裏側"

東急沿線を不動の人気エリアに育てた「進化するブランド戦略」 – イノベーション的発想を磨く

東急電鉄は、沿線の住宅地の開発や、住民の暮らしの充実に注力し、常に住みたい路線、駅などのランキング上位を占めてきた。では東急電鉄は、どのように「まちづくり」を進め、ブランディングに結びつけたのだろうか。…

Continue reading "東急沿線を不動の人気エリアに育てた「進化するブランド戦略」 – イノベーション的発想を磨く"

年末に「反省」しない人は来年も一流になれない – 小宮一慶の週末経営塾

まもなく2018年が終わり、新しい年を迎えます。時間に追われるように走り続けてきた経営者にとって、まとまった時間が確保できる年末年始のお休みは、じっくりと会社の将来や自分自身を見直すことのできる貴重な機会です。…

Continue reading "年末に「反省」しない人は来年も一流になれない – 小宮一慶の週末経営塾"

「日本の生産性は先進国で最下位」を素直に受け止めない人が多いのはなぜか – 情報戦の裏側

2017年の日本の労働生産性は、47年連続で主要先進7カ国(G7)で最下位だった。これを「欧米人に都合のいい指標だから気にしなくていい」とスルーするのはあまりにも危険だ。事実、労働者の賃金は低いまま放置され、ブラック企業がはびこっているのが今の日本。指標を間違いだと決めつけるのはやめて、「日本の社会システムが狂っている」ことを素直に認めるべきだ。…

Continue reading "「日本の生産性は先進国で最下位」を素直に受け止めない人が多いのはなぜか – 情報戦の裏側"

「日本の生産性は先進国で最下位」を素直に受け止めない人が多いのはなぜか – 情報戦の裏側

2017年の日本の労働生産性は、47年連続で主要先進7カ国(G7)で最下位だった。これを「欧米人に都合のいい指標だから気にしなくていい」とスルーするのはあまりにも危険だ。事実、労働者の賃金は低いまま放置され、ブラック企業がはびこっているのが今の日本。指標を間違いだと決めつけるのはやめて、「日本の社会システムが狂っている」ことを素直に認めるべきだ。…

Continue reading "「日本の生産性は先進国で最下位」を素直に受け止めない人が多いのはなぜか – 情報戦の裏側"

貯金8万円生活とVIP暮らしを経験して知った「お金との正しい付き合い方」 – ウェルスナビ代表取締役CEO 柴山和久

お金に関しては、ジェットコースターのような人生を送ってきました、と語るウェルスナビCEOの柴山和久氏。野菜の値段が数十円上がっただけでもビクビクしていた時期を経て、目もくらむようなVIP待遇を経験した。「お金がなくては心細いが、あればあっただけ幸せになれるわけでもない」と語る柴山氏に、「お金とは何か」、そしてフィンテックの未来について聞いた。…

Continue reading "貯金8万円生活とVIP暮らしを経験して知った「お金との正しい付き合い方」 – ウェルスナビ代表取締役CEO 柴山和久"

部下を成長させる一流の上司に必要な「9つの条件」 – イノベーション的発想を磨く

理想の上司像を思い浮かべてほしい。部下の一人ひとりを思いやり、サポートしつつも、各々に適した挑戦を促す。そんな上司のもとであれば、思いきり仕事ができて、成長できるのではないか。このような上司こそが「セキュアベース・リーダー」だ。…

Continue reading "部下を成長させる一流の上司に必要な「9つの条件」 – イノベーション的発想を磨く"

LINEと連携した損保ジャパンの保険販売、「友だち申請」が1ヵ月530万人 – 短答直入

大規模な自然災害が多発し、対応に追われた損害保険業界。損保ジャパン日本興亜の西澤敬二社長に災害をめぐる財務上の課題と、今後の経営動向を左右するデジタル戦略について聞いた。

Continue reading "LINEと連携した損保ジャパンの保険販売、「友だち申請」が1ヵ月530万人 – 短答直入"

経営者やリーダーが「鉄人登山家」の講演に殺到する理由 – 情報戦の裏側

多くのビジネスパーソンや有名経営者がハマる「登山」。無酸素で世界中の高山に上ってきたのに致命的なケガはなし、という驚異的な記録を誇る登山家・小西浩文氏の講演やコーチングにはビジネスパーソンが殺到するという。その理由は、ズバリ「危機管理」。そう、命の危険にさらされながら頂上を目指す登山は、危機管理のまたとない教材なのだ。…

Continue reading "経営者やリーダーが「鉄人登山家」の講演に殺到する理由 – 情報戦の裏側"

経営者やリーダーが「鉄人登山家」の講演に殺到する理由 – 情報戦の裏側

多くのビジネスパーソンや有名経営者がハマる「登山」。無酸素で世界中の高山に上ってきたのに致命的なケガはなし、という驚異的な記録を誇る登山家・小西浩文氏の講演やコーチングにはビジネスパーソンが殺到するという。その理由は、ズバリ「危機管理」。そう、命の危険にさらされながら頂上を目指す登山は、危機管理のまたとない教材なのだ。…

Continue reading "経営者やリーダーが「鉄人登山家」の講演に殺到する理由 – 情報戦の裏側"

良い人材を採用できないのは、自社のレベルと釣り合わないからだ – 小宮一慶の週末経営塾

経団連は2021年春入社以降の新卒者を対象に、就職活動のルールを策定しないことを決めました。将来的には新卒一括採用の見直しや通年の中途採用拡大が進むでしょう。しかし、「それでは中小企業にいい人が来ない」と考えるのは間違いです。…

Continue reading "良い人材を採用できないのは、自社のレベルと釣り合わないからだ – 小宮一慶の週末経営塾"

マイクロソフトの研究所トップが語る「AIと人間は競合しない」 – 短答直入

マイクロソフトの研究所であるマイクロソフトリサーチのアジア部門トップで、同社バイスプレジデントでもあるシャオウェン・ホン所長に、開発の方向性を聞いた。

Continue reading "マイクロソフトの研究所トップが語る「AIと人間は競合しない」 – 短答直入"

仕事で成果を上げたいなら「午前中」か「夕方」がベスト – イノベーション的発想を磨く

1日のうちで最も仕事をするのに向いているのはいつなのか。そんな「いつ」についての有用な知見が得られるのが、『When 完璧なタイミングを科学する』だ。さまざまなケースにおける「いつやるか」を科学的根拠を示しながら論じている。…

Continue reading "仕事で成果を上げたいなら「午前中」か「夕方」がベスト – イノベーション的発想を磨く"

仕事で成果を上げたいなら「午前中」か「夕方」がベスト – イノベーション的発想を磨く

1日のうちで最も仕事をするのに向いているのはいつなのか。そんな「いつ」についての有用な知見が得られるのが、『When 完璧なタイミングを科学する』だ。さまざまなケースにおける「いつやるか」を科学的根拠を示しながら論じている。…

Continue reading "仕事で成果を上げたいなら「午前中」か「夕方」がベスト – イノベーション的発想を磨く"

カブコム証券社長が売上の過半を「システム関連」で稼ぎたい理由 – 短答直入

ネット証券大手5社が激しいシェア争いを展開している。三菱UFJフィナンシャル・グループのカブドットコム証券の齋藤正勝社長に今後の成長戦略などを聞いた。

Continue reading "カブコム証券社長が売上の過半を「システム関連」で稼ぎたい理由 – 短答直入"

外国人材法案はブラック業界を助長し日本に新たな人権問題を生む – 情報戦の裏側

政府がゴリ押ししている入管法改正案が通れば、外国人労働者が大勢日本に入ってくる。しかし、低賃金・長時間労働の劣悪業界に彼らを送り込むことは、徴用工問題や慰安婦問題に匹敵する、新たな人権問題を引き起こしかねない。…

Continue reading "外国人材法案はブラック業界を助長し日本に新たな人権問題を生む – 情報戦の裏側"

忘年会は面倒でもやった方がいい2つの理由 – 小宮一慶の週末経営塾

経営者からは時々、「今時の若い人は忘年会や社員旅行なんて嫌がるのでは?」という声を聞くことがあります。しかし私の会社では毎年、忘年会を開催するようにしています。その理由は2つあります。…

Continue reading "忘年会は面倒でもやった方がいい2つの理由 – 小宮一慶の週末経営塾"

「プラスチックの海洋流出問題」にドイツの素材メーカーが取り組む理由 – 短答直入

ドイツを代表する製薬メーカーのバイエルから素材部門が分離・独立して3年以上が経つ。化学の領域で成長するために、自らスピンアウトする道を選んだコベストロの連結売上高(2017年度)は、約141億ユーロ(約1兆8200億円)と前期比で18・8%伸びている。…

Continue reading "「プラスチックの海洋流出問題」にドイツの素材メーカーが取り組む理由 – 短答直入"

ゴーン逮捕で永田町関係者がささやく仰天の「トランプ黒幕説」とは – 情報戦の裏側

検察や日産がリークを連発する一方、ゴーンサイドからの情報がほとんどない現在、あのウォール・ストリート・ジャーナルですら、ゴーンはハメられた的な「陰謀論」を展開する事態になっている。さらに驚くのは、永田町界隈でまことしやかにささやかれる仰天の陰謀論だ。…

Continue reading "ゴーン逮捕で永田町関係者がささやく仰天の「トランプ黒幕説」とは – 情報戦の裏側"

東京五輪で交通インフラは再び進化するのか – イノベーション的発想を磨く

今回紹介する『オリンピックと東京改造』は、1964年の東京五輪をきっかけに、幹線道路をはじめとする東京の交通インフラが、どのように問題を解決しながら姿を変えてきたかを読み解く。そしてその上で、2020年東京五輪を見越した将来像を探る。…

Continue reading "東京五輪で交通インフラは再び進化するのか – イノベーション的発想を磨く"

ゴーン追放も納得!謀略とリークの「日産クーデター史」 – 情報戦の裏側

瞬く間に世界を駆け巡った「ゴーン逮捕」の一報。記者会見で西川廣人社長はクーデターを否定したが、日産の過去の歴史をひもとけば、相次ぐクーデターはもちろん、会社から金をむしりとって豪遊し、世間を騒がせた労組会長など、ゴーン氏を彷彿とさせる人物も登場する。これが日産のカルチャーなのである。…

Continue reading "ゴーン追放も納得!謀略とリークの「日産クーデター史」 – 情報戦の裏側"

ゴーン追放も納得!謀略とリークの「日産クーデター史」 – 情報戦の裏側

瞬く間に世界を駆け巡った「ゴーン逮捕」の一報。記者会見で西川廣人社長はクーデターを否定したが、日産の過去の歴史をひもとけば、相次ぐクーデターはもちろん、会社から金をむしりとって豪遊し、世間を騒がせた労組会長など、ゴーン氏を彷彿とさせる人物も登場する。これが日産のカルチャーなのである。…

Continue reading "ゴーン追放も納得!謀略とリークの「日産クーデター史」 – 情報戦の裏側"

スカイマーク再建のキーマン・佐山展生氏「企業が本当に目指すべき日本一とは」 – 経営新戦略3.0

2015年1月に民事再生手続の申し立てを行った後、業績を急回復させた航空会社がスカイマーク。再建の立役者として陣頭指揮を執ってきた佐山展生氏が、再生の軌跡とそれを支える社内改革について語った。…

Continue reading "スカイマーク再建のキーマン・佐山展生氏「企業が本当に目指すべき日本一とは」 – 経営新戦略3.0"

「パワハラ」と「厳しい指導」、セーフの境界線はどこにあるのか – 小宮一慶の週末経営塾

パワハラやセクハラを理由に経営者や役職者のような立場の人が訴えられるケースが増えています。事実であれば許されるものではありませんが、上司は部下を厳しく指導しなければならない場面もあります。それはパワハラに当たるのでしょうか。…

Continue reading "「パワハラ」と「厳しい指導」、セーフの境界線はどこにあるのか – 小宮一慶の週末経営塾"

医師不足の救世主!?「AIホスピタル」で誤診や見落とし死が激減の可能性 – 情報戦の裏側

耳慣れない病にかかっていると診断され、4時間待ちに耐えてようやく会えた専門医は、PCばかりに目を向けて、自分を見てくれない…。患者の心が折れる瞬間だが、医師も人手不足の中で必死に仕事をこなしている。こうした構造的問題を解決してくれるのが「AIホスピタル」。実は、日本が世界最先端の開発を進めているシステムだ。…

Continue reading "医師不足の救世主!?「AIホスピタル」で誤診や見落とし死が激減の可能性 – 情報戦の裏側"

医師不足の救世主!?「AIホスピタル」で誤診や見落とし死が激減の可能性 – 情報戦の裏側

耳慣れない病にかかっていると診断され、4時間待ちに耐えてようやく会えた専門医は、PCばかりに目を向けて、自分を見てくれない…。患者の心が折れる瞬間だが、医師も人手不足の中で必死に仕事をこなしている。こうした構造的問題を解決してくれるのが「AIホスピタル」。実は、日本が世界最先端の開発を進めているシステムだ。…

Continue reading "医師不足の救世主!?「AIホスピタル」で誤診や見落とし死が激減の可能性 – 情報戦の裏側"

トヨタはマイカー所有者が80%減少する未来をどう生き抜くのか – イノベーション的発想を磨く

世界の自動車産業のガリバーであるトヨタ自動車は、どうやら本気でクルマ会社からの脱皮を狙っているらしい。10月4日、トヨタはソフトバンクグループと共同で新会社「MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)」を設立すると発表した。…

Continue reading "トヨタはマイカー所有者が80%減少する未来をどう生き抜くのか – イノベーション的発想を磨く"

トヨタはマイカー所有者が80%減少する未来をどう生き抜くのか – イノベーション的発想を磨く

世界の自動車産業のガリバーであるトヨタ自動車は、どうやら本気でクルマ会社からの脱皮を狙っているらしい。10月4日、トヨタはソフトバンクグループと共同で新会社「MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)」を設立すると発表した。…

Continue reading "トヨタはマイカー所有者が80%減少する未来をどう生き抜くのか – イノベーション的発想を磨く"

インフルを最短5秒で診断する機器も、老舗化学企業デンカの意外な仕事 – 短答直入

中堅ながら、世界一の製品を複数持つ化学メーカーのデンカは、今期の連結売上高4100億円、営業利益360億円と、2期連続で過去最高を更新する見込みにある。近年は、2005年の本社移転まで90年続いたタコツボ化した組織にメスを入れ、業態の再設計を進める。さらに、周回遅れを認識した上で海外展開を加速させるなど全社構造改革に余念がない。過去10年続けて改革を牽引する山本社長が胸の内を明かした…

Continue reading "インフルを最短5秒で診断する機器も、老舗化学企業デンカの意外な仕事 – 短答直入"

外国人労働者の「輸入」が日本社会に100年の禍根を残す理由 – 情報戦の裏側

一部で「移民政策」ともいわれている入管法改正案が成立しそうだが、この政策は後世に計り知れない悪影響を与えかねない。実は100年前の日本でも同様の事態は発生しており、それは今日にまで在日朝鮮人差別問題として尾を引いている。…

Continue reading "外国人労働者の「輸入」が日本社会に100年の禍根を残す理由 – 情報戦の裏側"

中途採用面接で採ってはいけない人を見極める「3つの質問」 – 小宮一慶の週末経営塾

人手不足に悩まされている中小企業経営者は、新卒を採用して育てるよりも、即戦力となる人材を欲しがります。ところが焦ったあげく、働く姿勢に問題のある人をつかんでしまい、「曲がった枝」をなんとかしたいと考えるケースが少なくありません。…

Continue reading "中途採用面接で採ってはいけない人を見極める「3つの質問」 – 小宮一慶の週末経営塾"

中途採用面接で採ってはいけない人を見極める「3つの質問」 – 小宮一慶の週末経営塾

人手不足に悩まされている中小企業経営者は、新卒を採用して育てるよりも、即戦力となる人材を欲しがります。ところが焦ったあげく、働く姿勢に問題のある人をつかんでしまい、「曲がった枝」をなんとかしたいと考えるケースが少なくありません。…

Continue reading "中途採用面接で採ってはいけない人を見極める「3つの質問」 – 小宮一慶の週末経営塾"

iPhoneXRに採用の「フルアクティブ液晶」でJDIの工場フル稼働 – 短答直入

米アップルが、液晶ディスプレーを搭載した「iPhoneXR」を発売。同モデルへの液晶供給で、5年ぶりの最終黒字を狙うジャパンディスプレイ(JDI)の月崎義幸社長に経営再建の手応えを聞いた。…

Continue reading "iPhoneXRに採用の「フルアクティブ液晶」でJDIの工場フル稼働 – 短答直入"

来年の「渋谷ハロウィン暴動」を防ぐ3つの意外な方法 – 情報戦の裏側

今年も暴徒化した若者たちが続出した渋谷のハロウィン。「コンビニで酒を売るな」「全面中止にしろ」と極論を展開する人もいるが、もっと簡単で効果も見込める良案がある。

Continue reading "来年の「渋谷ハロウィン暴動」を防ぐ3つの意外な方法 – 情報戦の裏側"

全従業員がハイパフォーマー、ネットフリックスの最強すぎる人事戦略 – イノベーション的発想を磨く

ネットフリックスは、時価総額1700億ドル超、契約者数は世界で1億2500万人以上というストリーミング動画配信を主に行う企業だ。同社は、驚異的なスピードで成長を続けているが、その背景にはユニークな人事制度と企業文化があった。…

Continue reading "全従業員がハイパフォーマー、ネットフリックスの最強すぎる人事戦略 – イノベーション的発想を磨く"

安倍政権の「移民政策」、実現なら日本の若者の賃金は上がらない – 情報戦の裏側

安倍政権が進めている「外国人労働者の受け入れ拡大」は、どう見ても「移民政策」である。人手不足にあえぐ経営者たちは大喜びするだろうが、移民が増えれば若者の賃金は上がらないまま。「移民政策」という本当のことを国民に伝えず、「外国人労働者」とマイルドな表現をして移民政策が進んで行くのを許していいのだろうか?…

Continue reading "安倍政権の「移民政策」、実現なら日本の若者の賃金は上がらない – 情報戦の裏側"

息子・娘を優秀な後継ぎに育てた経営者は、何を心がけていたか – 小宮一慶の週末経営塾

後継者に欠かせない資質とは、親孝行をする心を持ち、真面目で、素直で、謙虚であること、指揮官先頭を実践できる行動力でした。息子・娘が後継者としてはとても拙く思えた場合は、どのように育てれば優秀な経営者に仕立て上げられるのでしょうか。…

Continue reading "息子・娘を優秀な後継ぎに育てた経営者は、何を心がけていたか – 小宮一慶の週末経営塾"

Koki,の全面広告に透ける新聞協会「既得権益死守」の邪心 – 情報戦の裏側

わずか15歳の新星、Koki,さんを起用した、日本新聞協会の全面広告が波紋を呼んでいる。タイミング的に、新聞の軽減税率という既得権益を守りたいがためのアピールであることは一目瞭然。諸外国のメディアに比べて、肥大化しすぎた所帯をどうにか維持しようと目論む日本の新聞社には、権力を震え上がらせる記事は期待できない。…

Continue reading "Koki,の全面広告に透ける新聞協会「既得権益死守」の邪心 – 情報戦の裏側"

近江の老舗企業「たねや」が数百年も会社を持続できた理由 – イノベーション的発想を磨く

和洋菓子製造販売の「たねやグループ」は、本店のある近江八幡市を中心に多数の支店を有し、従業員1000人超の大企業となっている。正確な記録が残っていないそうだが、創業はおよそ300~400年前。そのルーツは、江戸時代の近江八幡の材木商だという。…

Continue reading "近江の老舗企業「たねや」が数百年も会社を持続できた理由 – イノベーション的発想を磨く"

近江の老舗企業「たねや」が数百年も会社を持続できた理由 – イノベーション的発想を磨く

和洋菓子製造販売の「たねやグループ」は、本店のある近江八幡市を中心に多数の支店を有し、従業員1000人超の大企業となっている。正確な記録が残っていないそうだが、創業はおよそ300~400年前。そのルーツは、江戸時代の近江八幡の材木商だという。…

Continue reading "近江の老舗企業「たねや」が数百年も会社を持続できた理由 – イノベーション的発想を磨く"

関西ペイントが異分野「リチウムイオン2次電池」に打って出る理由 – 短答直入

自動車用塗料で世界のトップ5、国内では首位の関西ペイントは、急進的な海外展開を進めてきた。過去5年間で海外売上高比率を65%まで引き上げ、今期は過去最高の連結売上高4350億円を見込む。関西の地場企業というイメージとは裏腹に、世界の80ヵ国・地域でビジネスを展開する。2013年の就任以来、グローバル化の推進と同時に社内改革を牽引する石野博社長に、問題意識を聞いた。…

Continue reading "関西ペイントが異分野「リチウムイオン2次電池」に打って出る理由 – 短答直入"

加計学園の記者会見が「疑惑を再燃」させてしまった3つの理由 – 情報戦の裏側

せっかく説明しようと会見を開催したのに、ふたを開けてみれば大炎上し、疑惑が再燃…。加計孝太郎氏の記者会見は、マスコミ対応の失敗事例のモデルケースだった。不祥事に悩む企業や組織の方はぜひ、このケースから多くを学んでいただきたい。…

Continue reading "加計学園の記者会見が「疑惑を再燃」させてしまった3つの理由 – 情報戦の裏側"

会社を伸ばす後継者、ダメにする後継者 – 小宮一慶の週末経営塾

中小企業では子どもが後継者に指名されることが多いのですが、親孝行をする気持ち、「孝」の気持ちのない子に後を継がせて、親子でもめたケースに私自身、何度も遭遇してきました。そこで、後継者の選び方と後継者が備えるべき資質についてお話しします。…

Continue reading "会社を伸ばす後継者、ダメにする後継者 – 小宮一慶の週末経営塾"

JICAの有償援助が2兆円に倍増!政府主導のインフラ輸出増加で – 短答直入

有償・無償の資金協力、技術協力、さらに緊急援助隊やボランティアも行うJICA(国際協力機構)。国際情勢が不安定化する一方でSDGsへの関心が高まっており、期待される役割は大きい。

Continue reading "JICAの有償援助が2兆円に倍増!政府主導のインフラ輸出増加で – 短答直入"

JICAの有償援助が2兆円に倍増!政府主導のインフラ輸出増加で – 短答直入

有償・無償の資金協力、技術協力、さらに緊急援助隊やボランティアも行うJICA(国際協力機構)。国際情勢が不安定化する一方でSDGsへの関心が高まっており、期待される役割は大きい。

Continue reading "JICAの有償援助が2兆円に倍増!政府主導のインフラ輸出増加で – 短答直入"

本庶氏ノーベル賞で浮き彫り、医学界の「免疫療法」への歪んだ評価 – 情報戦の裏側

本庶祐・京都大学特別教授のノーベル賞受賞に日本中が沸く中、にわかに免疫療法が誉め称えられるという現象が起きている。無論、インチキな免疫療法もあるが、エビデンスに固執するがあまりに、免疫療法の持つ可能性を否定してきた日本の医療界は、大きな問題を抱えているのではないか。…

Continue reading "本庶氏ノーベル賞で浮き彫り、医学界の「免疫療法」への歪んだ評価 – 情報戦の裏側"

マイクロソフトが2015年以降さらに急成長を遂げた本当の理由 – イノベーション的発想を磨く

マイクロソフトは全盛期を過ぎた、やや時代おくれの会社とみなす向きもある。しかし、同社は過去20年間時価総額ランキングトップ10に名を連ねており、これほどの超優良企業はなかなかない。しかも2015年秋には、創業40年目で株価最高値を更新した。…

Continue reading "マイクロソフトが2015年以降さらに急成長を遂げた本当の理由 – イノベーション的発想を磨く"

マイクロソフトが2015年以降さらに急成長を遂げた本当の理由 – イノベーション的発想を磨く

マイクロソフトは全盛期を過ぎた、やや時代おくれの会社とみなす向きもある。しかし、同社は過去20年間時価総額ランキングトップ10に名を連ねており、これほどの超優良企業はなかなかない。しかも2015年秋には、創業40年目で株価最高値を更新した。…

Continue reading "マイクロソフトが2015年以降さらに急成長を遂げた本当の理由 – イノベーション的発想を磨く"