疾走するアウディの後席で楽しむVRゲームの「異次元体験」 – エコカー大戦争!

ショートサーキットを疾走するアウディの後席でVR(仮想現実)技術を体験するイベントを体験した。疲れが溜まった夜間に、VR機器をつけてサーキットを猛スピードで走るとは、どう考えても身体の調子が悪くなりそうな話である。…

Continue reading "疾走するアウディの後席で楽しむVRゲームの「異次元体験」 – エコカー大戦争!"

トヨタ・日産の存在感薄れる?米CESに見る自動車業界の新たな変動 – Close-Up Enterprise

先端技術が一堂に会する世界最大の家電・IT見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」が、現地時間8~11日に米国ラスベガスで開催された。次世代通信規格「5G」や8Kテレビが脚光を浴びた一方で、主役と目されたはずの自動車領域の影が薄かった。その背景には、新たな変革が訪れていることがあった。…

Continue reading "トヨタ・日産の存在感薄れる?米CESに見る自動車業界の新たな変動 – Close-Up Enterprise"

日立の英国事業に暗雲、原発断念に加え鉄道事業にも火種 – inside Enterprise

日立製作所がグローバル化の拠点と位置付けてきた英国での事業に暗雲が垂れ込めている。英政府と進めてきた原発建設計画の続行を断念する他、昨年は鉄道車両事業でも政府の大型案件を逃した。良好だった英政府との関係が冷え込んでいると言わざるを得ない状況だ。…

Continue reading "日立の英国事業に暗雲、原発断念に加え鉄道事業にも火種 – inside Enterprise"

日本電産ショックは「序章」に過ぎない、米中摩擦でリーマン級危機も – inside Enterprise

中国企業のとある工場。ここに今、日本電産が出荷したモーターの在庫が山積みになっている。顧客の完成品メーカーが生産を停止し、注文はピタリと止まったまま。米中貿易摩擦に端を発し中国国内で需要が急減しているのだ。…

Continue reading "日本電産ショックは「序章」に過ぎない、米中摩擦でリーマン級危機も – inside Enterprise"

日本電産ショックは「序章」に過ぎない、米中摩擦でリーマン級危機も – inside Enterprise

中国企業のとある工場。ここに今、日本電産が出荷したモーターの在庫が山積みになっている。顧客の完成品メーカーが生産を停止し、注文はピタリと止まったまま。米中貿易摩擦に端を発し中国国内で需要が急減しているのだ。…

Continue reading "日本電産ショックは「序章」に過ぎない、米中摩擦でリーマン級危機も – inside Enterprise"

下方修正の日本電産、永守会長が語った米中貿易戦争下の投資戦略 – inside Enterprise

モーター大手の日本電産が米中貿易摩擦の影響で業績予想を下方修正した。売り上げが急減する最中、永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は週刊ダイヤモンド編集部のインタビューで何を語っていたのか。詳細をここに再現する。…

Continue reading "下方修正の日本電産、永守会長が語った米中貿易戦争下の投資戦略 – inside Enterprise"

ドコモが世界最薄最軽量「カードケータイ」、誕生の裏に“ガラケー王者”の京セラ – ものつくるひと

世界最薄、最軽量──。携帯電話の普及が一気に進んだ2000年代初頭、小さなボディーに最新技術がぎゅっと詰まった端末の魅力をアピールする定番は、この言葉だった。ところが、スマートフォン時代に突入した現在は、大画面化がトレンド。すっかり聞かれなくなってしまった。そんな懐かしさすら感じさせるフレーズを実現した端末が、久しぶりに登場した。NTTドコモが今秋投入する携帯電話「カードケータイ」である。…

Continue reading "ドコモが世界最薄最軽量「カードケータイ」、誕生の裏に“ガラケー王者”の京セラ – ものつくるひと"

【リクルートホールディングス】積極的M&Aで「第3の創業」 人材と販促で世界一を目指す – 財務で会社を読む

リクルートホールディングスの売上高はこの6年間で2・7倍に拡大、再上場による資金調達と海外M&Aの結果だ。「2030年に人材と販売促進の分野で世界一」という同社の勝算を財務面から分析した。…

Continue reading "【リクルートホールディングス】積極的M&Aで「第3の創業」 人材と販促で世界一を目指す – 財務で会社を読む"

iPhone不振だけじゃない!ジャパンディスプレイに立ち込める暗雲の正体 – inside Enterprise

「主力のスマートフォン(スマホ)事業では、本当、いい話がないんですよね」(ジャパンディスプレイ〈JDI〉関係者)。液晶パネル大手のジャパンディスプレイが揺れている。

Continue reading "iPhone不振だけじゃない!ジャパンディスプレイに立ち込める暗雲の正体 – inside Enterprise"

日本郵政がアフラックに2700億出資の「抜き差しならない事情」 – Close-Up Enterprise

2013年7月、日本郵政とアフラックはがん保険の販売で提携すると発表して以降、15年には全国2万局の郵便局でアフラックのがん保険を取り扱うまでになった。さらに昨年末、両社の資本提携にまで発展した。その背景には、両社共に抜き差しならぬ事情が横たわっていることがある。…

Continue reading "日本郵政がアフラックに2700億出資の「抜き差しならない事情」 – Close-Up Enterprise"

日本橋三越の大リニューアル不発、デジタル化で現場大混乱 – Close-Up Enterprise

デジタルを駆使した“もてなし”を目玉に昨秋リニューアルした三越日本橋本店。だが掛け声とは裏腹に売上高は前年を下回ってスタート。実態を無視した施策に、現場は混乱に陥っている。…

Continue reading "日本橋三越の大リニューアル不発、デジタル化で現場大混乱 – Close-Up Enterprise"

サントリー天然水がジョージア抜く、28年ぶり飲料水トップ交代の理由 – inside Enterprise

水がコーヒーを抜き、ついに首位に――。国内清涼飲料水市場のブランドにおける首位争いで、逆転劇が起こった。コカ・コーラのコーヒーブランド「ジョージア」が1990年から28年間トップに君臨していたのだが、2018年の年間販売水量でサントリー食品インターナショナルの「サントリー天然水」ブランドが抜いたのだ。…

Continue reading "サントリー天然水がジョージア抜く、28年ぶり飲料水トップ交代の理由 – inside Enterprise"

ゴーン氏の外国人側近2人がひっそり離職、日産幹部人事の「思惑」 – inside Enterprise

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が東京地裁に出廷し、久方ぶりに公の場に姿を現した1月8日までに、ゴーン氏に近い日産の外国人幹部2人がひっそりと離職した。

Continue reading "ゴーン氏の外国人側近2人がひっそり離職、日産幹部人事の「思惑」 – inside Enterprise"

【コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス】天災と自販機不振で二重苦 飲料王者に灯る危険な赤信号 – 財務で会社を読む

国内最大の飲料会社、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスの足元が揺らいでいる。豪雨被災の不運だけでなく、市場の構造的な変化にも対応し切れていない。 

Continue reading "【コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス】天災と自販機不振で二重苦 飲料王者に灯る危険な赤信号 – 財務で会社を読む"

トヨタ・ホンダ・日産に戦略見直しを迫る米中2大市場の「異変」 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫

世界最大の自動車市場国である中国では「異変」が生じている。2018年の年間市場が28年ぶりの前年割れとなった。一方、世界第2位の米国市場では、セダンから大型SUVなどへと需要構造が大きく変容している。…

Continue reading "トヨタ・ホンダ・日産に戦略見直しを迫る米中2大市場の「異変」 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫"

ファミマの焼き鳥が「バカうま」な理由、サークルKサンクス看板商品が進化 – ものつくるひと

♪ファミマの焼き鳥バカうまい~――タレントの香取慎吾が、ファミリーマートの来店時のメロディーに乗せて歌い、公園で焼き鳥を頬張るテレビCMをご記憶の方も多いことだろう。中華まんや空揚げなどのカウンターFF(ファストフード)は、普段は男性客の購入が多いが、「炭火焼きとり」は香取のCM放映以降、40代の女性の購入が増えたという。2017年6月に新しい看板商品としてファミマで発売して以降、1000万本を同社のFF商品として最短の6日で達成。1年間で2億本を突破した。来年初には3億本に達する見通しだ。…

Continue reading "ファミマの焼き鳥が「バカうま」な理由、サークルKサンクス看板商品が進化 – ものつくるひと"

「ZOZO離れ」オンワードだけではない!?セレクト各社の危機感 – inside Enterprise

新春セールの取扱高が史上最速で100億円を突破したというアパレルECサイトのZOZOTOWN。ZOZOの前澤友作社長は私財で総額1億円の現金プレゼントをぶち上げ意気軒高だが、一部の出店者は、やや異なる気持ちで新年を迎えたようだ。…

Continue reading "「ZOZO離れ」オンワードだけではない!?セレクト各社の危機感 – inside Enterprise"

ミニの新車に「定額制」で乗る、実際どうなのか加入してみた – エコカー大戦争!

筆者の家は、えちぜん鉄道勝山永平寺線の永平寺口駅から永平寺に向かう途中にある。まさか、この地に住居を構えるとは。しかも、新車のミニクロスオーバーが一緒にいるとは。いまから1年前にはまったく想像していなかった状況である――。…

Continue reading "ミニの新車に「定額制」で乗る、実際どうなのか加入してみた – エコカー大戦争!"

新型レクサスUXが拓く「速い!」ハイブリッド新時代 – エコカー大戦争!

レクサスの新型クロスオーバー「UX」。そのメディア試乗会は、ちょっと変わったアレンジだった。ひとつは千葉の房総半島、もうひとつは神奈川の三浦半島。それぞれ往復150kmほどの距離の2つの試乗コースを、半日かけて走るのだ。…

Continue reading "新型レクサスUXが拓く「速い!」ハイブリッド新時代 – エコカー大戦争!"

日産ゴーン事件で蘇る「塩路天皇」問題という負の歴史 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫

日産のゴーン元会長の逮捕、完成車検査で4度にも渡る不正発覚という問題は、日産という企業の「土壌」に問題がある。その「土壌」を示す「負の歴史」とは。

Continue reading "日産ゴーン事件で蘇る「塩路天皇」問題という負の歴史 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫"

日産ゴーン事件で蘇る「塩路天皇」問題という負の歴史 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫

日産のゴーン元会長の逮捕、完成車検査で4度にも渡る不正発覚という問題は、日産という企業の「土壌」に問題がある。その「土壌」を示す「負の歴史」とは。

Continue reading "日産ゴーン事件で蘇る「塩路天皇」問題という負の歴史 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫"

ゆうちょ銀、預入限度額引き上げでトップ辞任が不可避になる事情 – inside Enterprise

ゆうちょ銀行の預入限度額引き上げ問題を巡って、池田憲人社長(71歳)の辞任が不可避の情勢になってきた。経営を監督する金融庁は、すでに後任の人選作業に入っており調整を急ぐとみられるが、意向に沿う人材を再び送り込めるかは不透明な状況にある。…

Continue reading "ゆうちょ銀、預入限度額引き上げでトップ辞任が不可避になる事情 – inside Enterprise"

三菱UFJFGトップ人事の波紋、ガバナンス改革は「周回遅れ」 – inside Enterprise

銀行業界最大手、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)のトップ人事が波紋を広げている。平野信行社長の後任に、傘下銀行の三毛兼承頭取を充て兼務させる方針を固めたためだ。

Continue reading "三菱UFJFGトップ人事の波紋、ガバナンス改革は「周回遅れ」 – inside Enterprise"

ファーウェイは経団連にも加盟、排除すれば日本企業に大打撃 – inside Enterprise

ついに、米国が中国・華為技術(ファーウェイ)を潰しにきた。米中首脳会談当日に行使されたファーウェイ幹部の逮捕劇は、日本企業にも甚大なインパクトを与えることになりそうだ。

Continue reading "ファーウェイは経団連にも加盟、排除すれば日本企業に大打撃 – inside Enterprise"

人の役に立つ動画SNS「soeasy」は過去の失態への反省が生んだ – ものつくるひと

2016年4月、soeasy社長の飯尾慶介はスマートフォンを手にしながら、SNS上を流れる熊本地震のニュースを眺めていた。そのニュースは、被災地で救援物資が必要としている人の所へなかなか届かないという内容だった。ただそのニュースに前後して、どこにでもあるものを代用して急場を凌ぐ“お役立ち動画”がシェアされていることに気付いた。…

Continue reading "人の役に立つ動画SNS「soeasy」は過去の失態への反省が生んだ – ものつくるひと"

【関西電力】原発稼働率上昇なのに利益率減、2位奪還へ電力販売「量」を追う – 財務で会社を読む

発電コストの安い原子力発電所の再稼働を機に、関西電力は全国で価格競争を仕掛けている。利益率よりも販売の「量」を追い、2位奪還を狙う。そんな中、廃炉費用に上振れの不安が付きまとう。…

Continue reading "【関西電力】原発稼働率上昇なのに利益率減、2位奪還へ電力販売「量」を追う – 財務で会社を読む"

三井住友FGトップが8年ぶり交代、「大本命」が負う責務 – inside Enterprise

12月14日、三井住友フィナンシャルグループ(FG)は、2019年4月1日付けで國部毅社長が会長職に退き、太田純副社長を新社長に昇格させる人事を発表した。満を持して、大本命が登板することになる。…

Continue reading "三井住友FGトップが8年ぶり交代、「大本命」が負う責務 – inside Enterprise"

日本初の夜間無人営業スーパーが開店、レジ通さない決済導入 – inside Enterprise

12月13日、全国にディスカウントストアなどを展開するトライアルカンパニーは、日本初となる夜間の無人営業や、人工知能(AI)による画像認識で購買行動を収集する「トライアルQuick大野城店」(福岡県)を開店する。…

Continue reading "日本初の夜間無人営業スーパーが開店、レジ通さない決済導入 – inside Enterprise"

日立が史上最高7000億円で買った「スイス送配電事業」の死角 – inside Enterprise

世界トップシェアの製品がなかった日立製作所がM&Aでついに「世界一」の事業を手にした。電気を発電所から消費地に届ける送電網を提供する事業をスイスABBから7040億円で買収することで、同事業で首位に躍り出ることになる。…

Continue reading "日立が史上最高7000億円で買った「スイス送配電事業」の死角 – inside Enterprise"

「無印良品の食品」絶好調、伸び悩み事業が成長株に化けた理由 – inside Enterprise

良品計画の食品事業が絶好調だ。10月に発表した中間決算では、売上高が前年同期比13%増の2桁成長となった。今でこそ成長株となった食品事業だが、かつては前年割れすることもあった。それを立て直したのが、2017年に食品部長に就いた嶋崎朝子執行役員だ。…

Continue reading "「無印良品の食品」絶好調、伸び悩み事業が成長株に化けた理由 – inside Enterprise"

三井物産をマレーシア病院大手の筆頭株主にした「マハティール復権」 – inside Enterprise

毎年10%増の成長が見込まれるアジアのヘルスケア市場において、三井物産の存在感が一段と増すことになりそうだ。先月末、物産は約2300億円の巨費を投じ、マレーシアの病院大手IHHヘルスケアに追加出資することを決めた。…

Continue reading "三井物産をマレーシア病院大手の筆頭株主にした「マハティール復権」 – inside Enterprise"

キヤノンが治療機器市場へ参入、御手洗会長が本誌取材に正式表明 – inside Enterprise

キャノンは20年までにM&A(企業の合併・買収)に最大4000億円を投入する方針だが、御手洗会長CEOはその多くを振り向けることも明らかにした。

Continue reading "キヤノンが治療機器市場へ参入、御手洗会長が本誌取材に正式表明 – inside Enterprise"

徴用工問題への意趣返し?日本が韓国に仕掛けた造船WTO協議の真相 – Close-Up Enterprise

徴用工問題で日韓関係が揺れる中、ふいに実現した韓国の自国造船支援をめぐるWTO協議。徴用工問題との時期の重複は造船界に思わぬ恩恵をもたらしている。

Continue reading "徴用工問題への意趣返し?日本が韓国に仕掛けた造船WTO協議の真相 – Close-Up Enterprise"

【ニッポン株式会社】筋肉質な収益体質を築いた今、投資や賃上げに踏み込めるか – 財務で会社を読む

円安や世界経済の回復を追い風に、“ニッポン株式会社”の収益力は向上を続けてきた。ただ足元では、過去数年の増益シナリオが転換を迫られつつあり、日本企業はここにきて正念場を迎えている。…

Continue reading "【ニッポン株式会社】筋肉質な収益体質を築いた今、投資や賃上げに踏み込めるか – 財務で会社を読む"

ボルボが日本カー・オブ・ザ・イヤーで輸入車初の2連覇を成し遂げた理由 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は昨年のボルボXC60に続き、今年のイヤーカーにボルボXC40を選んだ。輸入車としては、異例の2連続の受賞となった。

Continue reading "ボルボが日本カー・オブ・ザ・イヤーで輸入車初の2連覇を成し遂げた理由 – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫"

シャープの自動調理鍋「ホットクック」開発秘話、カギは“かき混ぜ棒” – ものつくるひと

まったく新しいジャンルの製品にもかかわらず、発売から3年で10万台を出荷した調理家電がある。シャープの「ヘルシオ ホットクック」だ。ホットクックは食材と調味料さえ入れれば、後は放っておくだけで、料理ができる鍋だ。ガスなどの燃料ではなく、電気を利用する。…

Continue reading "シャープの自動調理鍋「ホットクック」開発秘話、カギは“かき混ぜ棒” – ものつくるひと"

飲食店予約の「無断キャンセル」を防げ!アプリやITで対策続々 – inside Enterprise

予約は入っているのに客が来ない――いわゆる"ドタキャン"。無断キャンセルによる損失は年間2000億円にもなり、経営者を悩まさせている。その実情を打破するため、開発された予約確定アプリ「トレテル」を紹介する。…

Continue reading "飲食店予約の「無断キャンセル」を防げ!アプリやITで対策続々 – inside Enterprise"

新生銀にゴーン氏「損失付け替え疑惑」が飛び火、関与した人物とは – inside Enterprise

役員報酬額の虚偽記載や海外住宅の私的利用など、「カネ」にまつわる疑惑が後を絶たないカルロス・ゴーン日産自動車前会長。その一つが、2008年ごろにゴーン氏が私的な投資で被った約17億円の損失を、日産に付け替えた問題だ。…

Continue reading "新生銀にゴーン氏「損失付け替え疑惑」が飛び火、関与した人物とは – inside Enterprise"

新生銀にゴーン氏「損失付け替え疑惑」が飛び火、関与した人物とは – inside Enterprise

役員報酬額の虚偽記載や海外住宅の私的利用など、「カネ」にまつわる疑惑が後を絶たないカルロス・ゴーン日産自動車前会長。その一つが、2008年ごろにゴーン氏が私的な投資で被った約17億円の損失を、日産に付け替えた問題だ。…

Continue reading "新生銀にゴーン氏「損失付け替え疑惑」が飛び火、関与した人物とは – inside Enterprise"

JPX清田氏の内規違反、総合取引所反対派から「刺された」説が浮上 – inside Enterprise

「“刺された”としか思えないタイミングですよ」。JPXと10月に秘密保持契約を結び、「総合取引所(以下、総合取)」の協議入りに合意したばかりの東京商品取引所(東商取)の社員らには、思わずそんな考えが頭をよぎった。…

Continue reading "JPX清田氏の内規違反、総合取引所反対派から「刺された」説が浮上 – inside Enterprise"

JPX清田氏の内規違反、総合取引所反対派から「刺された」説が浮上 – inside Enterprise

「“刺された”としか思えないタイミングですよ」。JPXと10月に秘密保持契約を結び、「総合取引所(以下、総合取)」の協議入りに合意したばかりの東京商品取引所(東商取)の社員らには、思わずそんな考えが頭をよぎった。…

Continue reading "JPX清田氏の内規違反、総合取引所反対派から「刺された」説が浮上 – inside Enterprise"

関電「原発ごみ」の中間貯蔵先が福井知事選も絡んで迷走する事情 – inside Enterprise

西日本の電力業界の雄である関西電力は“宿題”を終えずに年を越すことになりそうだ。関電は原子力発電所で発生する使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設について、「2018年中に具体的な候補地を示す」(岩根茂樹社長)と明言していた。この宿題の締め切りを守れそうにない状況にあるのだ。…

Continue reading "関電「原発ごみ」の中間貯蔵先が福井知事選も絡んで迷走する事情 – inside Enterprise"

新型スープラにサーキットで試乗、もっと走りたくなるワクワク感! – エコカー大戦争!

袖ヶ浦フォレストレースウエイピットロードに並ぶ、赤と黒のモザイクカラーでカモフラージュされた3台のプロトタイプ車。モザイクの中には「A90」という表示が複数見える。第五世代のトヨタ・スープラに実際に乗る日がついにやってきた。…

Continue reading "新型スープラにサーキットで試乗、もっと走りたくなるワクワク感! – エコカー大戦争!"

【日本航空】 成長に向け膨らむ人件費と機材費、飲酒問題で注目のパイロット給与 – 財務で会社を読む

公的支援と大リストラをベースに鮮やかなV字回復を遂げた後、サービスの質を上げて好業績を継続し、ついに成長戦略にかじを切った日本航空。膨らむ費用と利益のバランスをどのように取るのか。…

Continue reading "【日本航空】 成長に向け膨らむ人件費と機材費、飲酒問題で注目のパイロット給与 – 財務で会社を読む"

武田薬品の世界10指入り確定、今後は「事業売却」「リストラ」に注目 – Close-Up Enterprise

「絶対に反対だ。武田薬品の破滅をもたらす」。5日大阪市で開かれた国内製薬トップ、武田薬品工業の臨時株主総会。巨額買収に最後まで反対した「武田薬品の将来を考える会」(持ち株比率約1%)メンバーで、創業家筋の原雄次郎氏が力説するも、株主からの拍手はまばらだった。…

Continue reading "武田薬品の世界10指入り確定、今後は「事業売却」「リストラ」に注目 – Close-Up Enterprise"

日本唯一の「肝斑」改善大衆薬、開発端緒は意外な薬の副作用情報 – ものつくるひと

「副作用」と聞くと、どうしてもマイナスイメージで捉えがち。だが副作用を言い換えれば、製薬会社が想定していたものとは別の効能が表れたもの。例えば勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」の効能は、狭心症治療薬の副作用。それに気付いて開発されたことは有名な話だ。…

Continue reading "日本唯一の「肝斑」改善大衆薬、開発端緒は意外な薬の副作用情報 – ものつくるひと"

食品の「栄養成分表示」徹底を消費者庁が急ぐ理由 – inside Enterprise

消費者庁は、12月1日から31日までの間、「食品表示の全国一斉取り締まり活動」を行う。全国の自治体と連携し保健所を実働部隊として、30万以上の施設への立ち入りを行い、食品表示が適正になされているかチェックする。…

Continue reading "食品の「栄養成分表示」徹底を消費者庁が急ぐ理由 – inside Enterprise"

日立の英原発建設が“座礁”、中西会長「極めて厳しい状況」と認める – inside Enterprise

日立製作所が英国で進めてきた原発建設計画が暗礁に乗り上げていることが4日、分かった。同社の中西宏明会長が本誌インタビューで「(出資者を募集したが応じる企業が少なく)極めて厳しい状況に直面している」との認識を示した。…

Continue reading "日立の英原発建設が“座礁”、中西会長「極めて厳しい状況」と認める – inside Enterprise"

太陽光発電の制度改正で3000億円を超える損害が予想される理由 – inside Enterprise

「ある程度想像していたが、ここまで影響が大きいとは思わなかった……」11月22日、太陽光発電協会(JPEA)の増川武昭事務局長は記者会見の冒頭、肩を落としながらこう述べた。その理由は、本誌11月24日号でも触れた、太陽光発電事業における未稼働案件の買い取り価格の引き下げだ。…

Continue reading "太陽光発電の制度改正で3000億円を超える損害が予想される理由 – inside Enterprise"

3メガバンクの上期決算は運用で明暗、三井住友が三菱UFJ超え – inside Enterprise

3メガバンクグループの2018年度上期(4~9月期)決算が出そろった。3メガ共に最終増益を成し遂げたものの、足元では、株式や債券、投資信託など有価証券の運用部門において明暗が分かれた形だ。…

Continue reading "3メガバンクの上期決算は運用で明暗、三井住友が三菱UFJ超え – inside Enterprise"

鹿島に1000億円請求、アルジェリア高速道めぐるJV内バトルの裏側 – Close-Up Enterprise

鹿島を代表とする共同企業体(JV)が2006年に受注した総工費5400億円のアルジェリア高速道路工事は、代金の未払いをめぐって同国政府と対立し、16年に和解、決着したかに見えた。ところがこの11月、JVに参加した大成建設など3社が鹿島に賠償金約1000億円を請求。JV内バトルが始まった。…

Continue reading "鹿島に1000億円請求、アルジェリア高速道めぐるJV内バトルの裏側 – Close-Up Enterprise"

仮想通貨流出のZaif、「SNS炎上後に立食パーティー延期」の顛末 – inside Enterprise

9月に70億円規模にのぼる仮想通貨の流出事件が起きたテックビューロの仮想通貨交換取引所「Zaif(ザイフ)」。事業譲渡を受けたフィスコグループは11月22日、盛大な立食パーティーを開く予定だったが、ツイッター上で批判が殺到したあげく、延期を決めた。事件間もない時期に華やかなイベントを開こうとする同社の姿勢に、“常識感覚”を疑う声が続出したのだ。…

Continue reading "仮想通貨流出のZaif、「SNS炎上後に立食パーティー延期」の顛末 – inside Enterprise"

楽天西友が赤字だらけのネットスーパー界で出足好調の理由 – inside Enterprise

楽天と西友がタッグを組んだ「楽天西友ネットスーパー」が堅調だ。10月に正式オープンしたところだが、開始3週間で新規客がプレオープン時の1・4倍に跳ね上がった。西友の店舗からの配送だけでなく、千葉県柏市に4300坪の専用倉庫を設置し、そこから関東圏に数カ所ある拠点に配送する。…

Continue reading "楽天西友が赤字だらけのネットスーパー界で出足好調の理由 – inside Enterprise"

金融庁が生保に怒りの鉄槌!節税・外貨建て保険に「是正指導」 – inside Enterprise

ついに、金融庁が怒りの鉄槌を振り下ろした──。金融庁が目下、生命保険各社に“是正”を迫っている項目は大きく2つ。1つは中小企業の経営者を主な対象にした節税保険、そしてもう1つは外貨建ての貯蓄性保険だ。…

Continue reading "金融庁が生保に怒りの鉄槌!節税・外貨建て保険に「是正指導」 – inside Enterprise"

ソフトバンク、スマホ決済主導権奪取に「100億円ばらまき」の大バクチ – inside Enterprise

QRコード決済の主導権を奪うため、100億円をばらまき──。ソフトバンクとヤフーが共同出資し、QRコード決済を担うベンチャー企業ペイペイが、顧客獲得のために大勝負を懸けている。…

Continue reading "ソフトバンク、スマホ決済主導権奪取に「100億円ばらまき」の大バクチ – inside Enterprise"