「怒り」は百害あって一利なし、気持ちが落ち着く呪文のかけ方 – 要約の達人 from flier

「短気は損気」ということわざがあるが、実際どう「損」なのか考えてみたことがあるだろうか。著者・植西聰氏によると、怒りっぽい人は実にさまざまな「損」をしており、その「損」は人間関係にヒビを入れたり、仕事を頓挫させてしまったりすることにとどまらず、健康を損なう、自分自身に災いをもたらす、ひいては身を滅ぼしてしまうなどといったリスクまではらんでいるという。…

Continue reading "「怒り」は百害あって一利なし、気持ちが落ち着く呪文のかけ方 – 要約の達人 from flier"

前評判は高いのに活躍できない「残念な中途社員」はなぜ生まれるか – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

前職での華々しい実績を引っ提げて中途入社したにもかかわらず、いつまでたっても期待外れのパフォーマンスしかあげられない。世の中で転職が増えるにつれ、そんな「残念な中途社員」を近くで見かける機会も増えていると思います。…

Continue reading "前評判は高いのに活躍できない「残念な中途社員」はなぜ生まれるか – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

飲み会幹事を率先してやりたがる40代イケメン部長の「裏の顔」 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

営業部の細山はある日、同期入社した経理の多田と食事をする。細山は、営業部の飲み会の件で話題になっていたことがあり、幹事が不正をしているのではないかという話を多田から聞かされる。その後、営業部の経費申請に不信感を募らせた多田は上司に相談、調査を実施すると…。…

Continue reading "飲み会幹事を率先してやりたがる40代イケメン部長の「裏の顔」 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子"

飲み会幹事を率先してやりたがる40代イケメン部長の「裏の顔」 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

営業部の細山はある日、同期入社した経理の多田と食事をする。細山は、営業部の飲み会の件で話題になっていたことがあり、幹事が不正をしているのではないかという話を多田から聞かされる。その後、営業部の経費申請に不信感を募らせた多田は上司に相談、調査を実施すると…。…

Continue reading "飲み会幹事を率先してやりたがる40代イケメン部長の「裏の顔」 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子"

「近視は遺伝」の誤解、視力はトレーニングで回復できる – 要約の達人 from flier

「遺伝だから仕方ない」――そう思い込んであきらめる人が多いものに、「近視」がある。遺伝でなくても、一度悪くなってしまった視力はもとに戻らないと思い込み、あきらめている人は多いはずだ。しかし近視は(一部を除いて)遺伝ではないこと、視力は7つのトレーニングによって回復させられることが示される。…

Continue reading "「近視は遺伝」の誤解、視力はトレーニングで回復できる – 要約の達人 from flier"

メールや定例の会議をやめるだけで仕事の生産性は劇的に向上する – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

平成最後の年が始まりましたが、皆さんはどんな年にしたいと考えていますか?私は年始にあたり、「マインドセットを変える」ことがやはり重要だと考えています。具体的に行おうと思っているのが、当たり前と考えている習慣の見直しです。…

Continue reading "メールや定例の会議をやめるだけで仕事の生産性は劇的に向上する – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

なぜ、一流のプロは「演じる」のが上手いのか – 7つの知性を磨く田坂塾

「多重人格のマネジメント」を行おうとすれば、「人格」や「性格」を変える必要がある。しかし、現実には容易ではない。ではどうすればいいのか。変えようとせず、別の人格を自分の中に育てればいいのである。…

Continue reading "なぜ、一流のプロは「演じる」のが上手いのか – 7つの知性を磨く田坂塾"

セクハラ女課長の猛アタックに辟易!イケメン社員の悲鳴は職場に届くか – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

8月上旬、20代のイケメンBが中途入社した。直属上司となる女性課長は既婚だったが、自分好みの男性だったため恋心に火がつき猛アタック。Bは課長の上司のC部長に相談するが、軽くあしらわれてしまう。年が明けた営業部の新年会で、Bはついに課長から不倫関係を要求され…。…

Continue reading "セクハラ女課長の猛アタックに辟易!イケメン社員の悲鳴は職場に届くか – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美"

会社の奴隷から「ブランド人」に生まれ変わるためのシンプルな指針 – 要約の達人 from flier

昨今の「自分を仕事にする」ことがもてはやされる流れを見て、時代に置いていかれているように感じ、モヤモヤしているビジネスパーソンは多いはずだ。そして、どうすれば自分のブランド力を上げられるのかと悩んでいるのではないだろうか。本書は、そんな悩みに答えをくれる。著者の田端信太郎氏は、まさに自分の名前で生きている“ブランド人”だ。…

Continue reading "会社の奴隷から「ブランド人」に生まれ変わるためのシンプルな指針 – 要約の達人 from flier"

友人の紹介で転職する人が陥りかねない「想定外の落とし穴」 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

深刻な人手不足を背景に最近、とみに増えているのがリファラル採用です。これは企業が自社の社員に友人や知人、昔の同僚などを紹介してもらい採用するという手法で、力を入れる企業が目立つようになりました。…

Continue reading "友人の紹介で転職する人が陥りかねない「想定外の落とし穴」 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

普通の会社員で終わらない人がやっている「アウトプット」の重要性 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

今年一年を振り返ってみて、皆さんはどんなアウトプットをしましたか?ぜひ年末のこの機会に、今年1年間でご自身がどんなアウトプットをしたのか、ぜひ棚卸ししてください。アウトプットは、グローバル仕事人になるための第一歩となります。…

Continue reading "普通の会社員で終わらない人がやっている「アウトプット」の重要性 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

普通の会社員で終わらない人がやっている「アウトプット」の重要性 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

今年一年を振り返ってみて、皆さんはどんなアウトプットをしましたか?ぜひ年末のこの機会に、今年1年間でご自身がどんなアウトプットをしたのか、ぜひ棚卸ししてください。アウトプットは、グローバル仕事人になるための第一歩となります。…

Continue reading "普通の会社員で終わらない人がやっている「アウトプット」の重要性 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

ゴーン前会長のような「暴走上司」の間違いを食い止めるリスク回避法 – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

皆さんの職場でも経営者に限らず、その部署の中心人物の暴走によって組織を牛耳られてしまい、仕事の進め方、意思決定の誤りなどで悩まされているビジネスパーソンも少なくないだろう。そこで今回はそんな上司の暴走を止めるために、どんな方法がリスクを回避できるのかについて考えてみたい。…

Continue reading "ゴーン前会長のような「暴走上司」の間違いを食い止めるリスク回避法 – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明"

日本企業が知らないアマゾンエフェクトの本質 – 要約の達人 from flier

ネット通販「アマゾン・ドット・コム」が進出する業界で、その影響を受け、業績や株価の低迷に悩む企業が増えている現象を指す「アマゾン・エフェクト」。影響は百貨店やスーパー、衣料品といった物販、さらにはコンテンツ産業など幅広い業態におよぶ。著者は「デジタルシフト」の脅威に気づかないまま、20世紀のビジネスモデルを引きずる日本企業に警鐘を鳴らす。…

Continue reading "日本企業が知らないアマゾンエフェクトの本質 – 要約の達人 from flier"

大企業出身のおじさんに限って失敗する「残念な転職活動」 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

最近は40代、50代の転職が増えてきていますが、一方でこの世代の人はあまり転職になじみがなく、残念な転職活動をしている人が目につきます。その最たる例が、職務経歴書の書き方が雑な人です。…

Continue reading "大企業出身のおじさんに限って失敗する「残念な転職活動」 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

大企業出身のおじさんに限って失敗する「残念な転職活動」 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

最近は40代、50代の転職が増えてきていますが、一方でこの世代の人はあまり転職になじみがなく、残念な転職活動をしている人が目につきます。その最たる例が、職務経歴書の書き方が雑な人です。…

Continue reading "大企業出身のおじさんに限って失敗する「残念な転職活動」 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

遠距離通勤と偽り彼女の家から出社!「定期代サギ社員」に下った審判 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

営業社員に支払われる歩合給に関し、違和感を覚えた所長は経理担当に浅井という営業社員の金額を確認するようお願いする。すると、総額50万円以上も過払いしていたことが発覚した。さらに浅井は定期代でも不正受給していることが判明…。事態を重く受け止めた所長は、浅井本人を呼び出して返還を求めるが…。…

Continue reading "遠距離通勤と偽り彼女の家から出社!「定期代サギ社員」に下った審判 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子"

無印良品はなぜ「反体制」で世界を席巻できたか?消費を変えた堤哲学 – 要約の達人 from flier

「セゾングループ」は、小売業、クレジットカードや生命保険などの金融業、シネマセゾンなどのメディア関連事業、ホテル、レジャーと、事業の多彩さは日本随一とされた。同グループを一代で築き上げたのは、堤清二氏である。2000年代にセゾングループは解体されたが、堤氏が育て上げた企業やブランドは、今なお私たちの生活になくてはならないものとなっている。…

Continue reading "無印良品はなぜ「反体制」で世界を席巻できたか?消費を変えた堤哲学 – 要約の達人 from flier"

成功する人は「仕事」と「見た目」のタグ付けがうまい – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

最近、多くのインフルエンサーが、SNSなどで「自分をブランド化する」重要性について情報発信をしています。そんな彼らには自分を象徴する「タグ」が複数ついていて、それによって他者を寄せ付けない圧倒的な価値を生み出しています。…

Continue reading "成功する人は「仕事」と「見た目」のタグ付けがうまい – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

「多芸多才」が持っている「普通の人」にない能力の秘密 – 7つの知性を磨く田坂塾

弘法大師・空海やレオナルド・ダ・ヴィンチは言わずもがなの天才。多彩な才能を見事に開花させた人物だが、彼らはどのようにしてその才能を開花させたのか。その秘密は、人格の使い分けにあった。…

Continue reading "「多芸多才」が持っている「普通の人」にない能力の秘密 – 7つの知性を磨く田坂塾"

副業でキャバ嬢したら取引先・上司バレ!女子社員に下された処分 – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

会社でバイトが禁止されているのに、給料に不満だったB子は、1年前から退社後にキャバクラで働き始めた。B子はある日、高級バッグの支払いで悩んでいたA子を誘って、一緒にキャバ嬢をするようになる。ところが12月、取引先の社長を接待するため、上司が決めた2次会のキャバクラへ行くと彼女たちが…。どんな処分が2人に下されたか?…

Continue reading "副業でキャバ嬢したら取引先・上司バレ!女子社員に下された処分 – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美"

AI時代「100人に1人の人材」になるために必要な7つの条件 – 要約の達人 from flier

AIが高度に発達すれば、レアな人材にならなければ食べていけない時代がやってくる。しかし価値観が多様化するなか、誰も彼も同じ条件をクリアすればいいわけではない。いったい私たちはどうすればいいのか──。この問いに明快な答えをくれるのが、本書である。…

Continue reading "AI時代「100人に1人の人材」になるために必要な7つの条件 – 要約の達人 from flier"

「働きやすい会社」に転職してもすぐに辞めてしまう意外な理由 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

「働き方改革」推進の効果や人手不足対策もあって、裁量労働制やフレックスタイム制を導入する企業が見られます。こうした企業は一見、働きやすそうに見え、転職先候補として魅力的に見えますが、果たして本当にそうでしょうか。…

Continue reading "「働きやすい会社」に転職してもすぐに辞めてしまう意外な理由 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

疲労、不眠、メタボ…文明病から逃れ「最高の体調」を手に入れる法 – 要約の達人 from flier

一日寝て起きても疲れが取れず、体がだるい。会社に行っても仕事に集中できず、ミスしてしまう。なんだか能率が悪いと感じる。内臓脂肪が増えて、メタボリックシンドロームと診断されてしまった――。高度に発展した現代においてさえ、私たちはこうした問題を解決できないでいる。…

Continue reading "疲労、不眠、メタボ…文明病から逃れ「最高の体調」を手に入れる法 – 要約の達人 from flier"

社外で相手にされない「残念な会社員」を卒業する2つの方法 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

長く同じ組織にいると、価値観にも影響が出てきて、排他的な思考や行動が常態化する恐れもあります。こうなると、グローバル仕事人とは到底呼べません。こんな残念な人材にならないためには「自分の市場価値を意識する」ことが大切です。…

Continue reading "社外で相手にされない「残念な会社員」を卒業する2つの方法 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

「性格診断」を超えて伸びる人、伸びない人の決定的な違い – 7つの知性を磨く田坂塾

世にある「性格診断」や「適性検査」を超えて、自分の能力を開花させようと思うならば、自分の中に隠れている性格や人格の存在に気がつき、それらを表に出していかなければならない。そのためには「深層意識のマネジメント」が求められる。…

Continue reading "「性格診断」を超えて伸びる人、伸びない人の決定的な違い – 7つの知性を磨く田坂塾"

「マンガアプリ」はマンガビジネスをどう激変させたか – 要約の達人 from flier

マンガビジネスはいま、大転換の渦中にある。2017年、コミックス(単行本)の電子版の売上がついに紙版の売上を上回った。「LINEマンガ」などの大規模なマンガアプリの影響力は、大半の紙のマンガ雑誌を凌ぐまでになっている。これは「紙から電子へ」という、たんなるモノの変化だけを意味しない。コミックス売上至上主義だった旧来のマンガビジネスの秩序そのものが激変しているのである。…

Continue reading "「マンガアプリ」はマンガビジネスをどう激変させたか – 要約の達人 from flier"

超一流ビジネスマンは転職先企業のどこを見ているか – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

求人票も含め、求人広告を見る際の注意点を質問されることがありますが、内容を鵜呑みにせず、あくまでその会社を調べるきっかけとして利用するのがよいと思います。では、超一流のビジネスマンはどのようにして転職先を見抜くのでしょうか。…

Continue reading "超一流ビジネスマンは転職先企業のどこを見ているか – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

今年立てた目標を年末までに必ず達成する「一流の仕事術」 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

今年もあと1ヵ月ちょっとで終わりを迎える。1年を振り返って、「今年立てた目標を達成した」と答えられる人は、あまりいないかもしれない。そんなあなたに向け、必ず目標を達成できるマイクロソフト式仕事術を紹介しよう。…

Continue reading "今年立てた目標を年末までに必ず達成する「一流の仕事術」 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」"

支店長が陥った「逆パワハラ」地獄、暴言三昧の部下とどう戦うか – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

A不動産の社長は、F支店で支店長が短期間に3人も退職していることに加え、業績が思わしくない事態に頭を悩ませていた。半年ほど前、E支店で実績を上げていた支店長(甥)をF支店に異動させて業績回復を試みる。ところが、甥よりも年上部下の課長のパワハラ行為で、甥は体調を崩してしまう。社長は暴言三昧の部下とどう戦うのか?…

Continue reading "支店長が陥った「逆パワハラ」地獄、暴言三昧の部下とどう戦うか – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子"

最強リーダーの仕事の“気づき”が詰まった「おやっとノート」の中身 – 要約の達人 from flier

著者の長谷川和廣氏は27歳のときから約50年間、仕事上の“気づき”を書き溜めてきたという。仕事術やアイデア、部下やクライアントからの相談事とその解決策。このような、日々「おやっ」と感じたことを記したのが、通称「おやっとノート」である。著者はこのノートを綴る中で、かけがえのない知的な財産を得たと述べている。…

Continue reading "最強リーダーの仕事の“気づき”が詰まった「おやっとノート」の中身 – 要約の達人 from flier"

「トランプ型職場」の心理学、なぜ感情が爆発し攻撃し合うのか – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

「感情的な言葉を連発し、敵対勢力を徹底的にこき下ろす」トランプ型の手法が世の中に広がりつつある。そこで今回はトランプ型の手法に左右されやすい人はどんなタイプなのかにスポットをあててみた。これが実は職場と共通する面もあるので、その心理を説き明かしていくことにしよう。…

Continue reading "「トランプ型職場」の心理学、なぜ感情が爆発し攻撃し合うのか – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明"

職場でイラっときた時に株を下げる言動、上げる言動 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

組織で働いていれば、意見が合わなかったり対立したりすることは、少なからずありますよね。そういう時に、怒りの感情が湧き上がるのはごく自然なことであり、押さえつける必要は全くありません。ただ、怒りの出し方にはコツが必要です。…

Continue reading "職場でイラっときた時に株を下げる言動、上げる言動 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

「言葉の使い方」で分かる、才能が開花する人、しない人 – 7つの知性を磨く田坂塾

巷には、「潜在意識の活用による成功法」を語る本があふれているが、読んでもなかなか成功しない。その真の理由は何か。どうすれば潜在意識に働きかけ、それを変え、才能を開花させることができるのか。…

Continue reading "「言葉の使い方」で分かる、才能が開花する人、しない人 – 7つの知性を磨く田坂塾"

飲み会誘っていない社長が登場!盗聴器で社員監視は許される? – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

前任の部長が顧客を引き抜きいて独立したため、甲社の社長は社員を信じられなくなっていた。一方、社員の間では社長が盗聴器を設置、監視していると噂になる。ある日、誰もいないオフィスで部長と主任が飲み会の予定を決めたところ、当日、誘ってもいないはずの社長が飲み会に現れ……。…

Continue reading "飲み会誘っていない社長が登場!盗聴器で社員監視は許される? – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美"

グーグル流「最大の結果」を生むチームの作り方 – 要約の達人 from flier

いまのメンバーで最大の結果を出す――マネジャーの仕事はこの1点に集約されるといえよう。しかしマネジャーの思いとは裏腹に、プライベートの悩みに気を取られて仕事に集中できないメンバーがいたり、愚痴ばかり聞かされたり、個人面談で話題が続かず気まずい思いをしたりする。これでは「最大の結果」など程遠いと思うだろう。マネジャーの悩みは尽きることがない。しかし、著者によると、愚痴やもめごとはチームの生産性を向上させるヒントであるという。…

Continue reading "グーグル流「最大の結果」を生むチームの作り方 – 要約の達人 from flier"

いま企業が切実に欲しがっている「2種類のマネジャー職」とは – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

最近、企業の経営者と話をすると、「人」に関する課題に危機感を強めている傾向が見て取れます。その中で「どんな人材が欲しいか」という観点でいうと、必ずといってよいほど挙げられるポジションが2つあります。…

Continue reading "いま企業が切実に欲しがっている「2種類のマネジャー職」とは – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

60%の敵を味方に変えれば「勝ち組」に?会社ですべき小手先テクニック – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

社内でプレゼンするときに、「いやいや」「そうは言っても大変で……」と水を差すオジサンたちがいるだろう。彼らはやる気がないだけで、敵と決め付けるのは早合点だ。味方に引き込むことで、強力な武器になることもある。…

Continue reading "60%の敵を味方に変えれば「勝ち組」に?会社ですべき小手先テクニック – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」"

ヒトラーに信長…独裁者の「人を動かす技術」を暴く – 要約の達人 from flier

「独裁者」という言葉から、どのような印象を受けるだろうか。民衆を虐げ、敵対するものがいれば躊躇なく排除し、恐怖で人々を支配する――そんな冷血で残虐な人間を思い浮かべるかもしれない。しかし『独裁者たちの人を動かす技術』の著者によれば、独裁者たちは人々を自発的に動かすために「まっとうなリーダーシップ」を発揮していたというのだ。…

Continue reading "ヒトラーに信長…独裁者の「人を動かす技術」を暴く – 要約の達人 from flier"

社内での評判が上がり、みんなに助けてもらえる「Give First」の心得 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

グローバル仕事人たるもの、できる限り広い視野と自由な活動範囲を持ちたいもの。そんな私が最も心がけているのが「Give First」。つまり、自分から先に他人に貢献するというものです。

Continue reading "社内での評判が上がり、みんなに助けてもらえる「Give First」の心得 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

なぜ、どれほど「やる気」を出しても、力を発揮できないのか – 7つの知性を磨く田坂塾

才能の開花を妨げるのは、我々の「深層意識」や「無意識」の中にある、自分の能力と可能性を限定してしまう「自己限定」の意識に大きな原因がある。

Continue reading "なぜ、どれほど「やる気」を出しても、力を発揮できないのか – 7つの知性を磨く田坂塾"

なぜ「みんなで話し合う組織」ほど、判断を誤ってしまうのか – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

不祥事報道を見ていると、現場では高品質、低コスト、納期厳守と言われつつも、経営者からの利益追求のプレッシャーもあり、品質が軽視されているようだ。その結果、誠実かつ丁寧な仕事にこだわるといった日本人の働き方が壊されてしまったのである。そこで今回は、日本の組織特有の「みんなで話し合って決める」議決方式について考えてみたい。…

Continue reading "なぜ「みんなで話し合う組織」ほど、判断を誤ってしまうのか – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明"

「人間は成長し続けられる」と考えることが、あらゆる成果の基礎になる – 要約の達人 from flier

凡人には成し得ないようなすばらしい成果をあげている人を見ると、生まれつきの才能はあるものだとわたしたちは思いがちだ。しかし才能に恵まれている人がいつも成果をあげているかというと、かならずしもそうではない。生来の才能があっても正しいマインドがないために、その才能を生かせずに終わってしまう人も多いのである。…

Continue reading "「人間は成長し続けられる」と考えることが、あらゆる成果の基礎になる – 要約の達人 from flier"

年収1000万円ダウンでも転職する人が結局元の年収を超えていく理由 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

年収が1500万円を超える超・高年収層の話を聞くと、意外とあまり年収に執着しない人が少なくないことに気が付きます。つい先日もいま年収2000万円の人が「1000万円まで下がっても構いません」と言って転職相談に訪れました。…

Continue reading "年収1000万円ダウンでも転職する人が結局元の年収を超えていく理由 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

「デキる人」にがっかりされず、良い評価を広めてもらう仕事術 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

どんな企業にも必ず「仕事がデキる」と周りから一目置かれる人がいる。そういう人と一緒に仕事をすることは、自分にとって大きなチャンス。デキる人にがっかりされない仕事の仕方で、社内評価を飛躍的に上げることができるのだ。…

Continue reading "「デキる人」にがっかりされず、良い評価を広めてもらう仕事術 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」"

20代社員の着任初日に業者から「退職代行」電話、どうする工場長!? – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

20代半ばの社員がB工場からA工場に異動となった初日に、退職代行会社を通じて「本日付けで退職」を連絡してきた。工場長は退職理由を把握できず混乱、さらに退職代行会社の担当は工場長に「有給の買い取り」を要求してきた。工場長は退職代行会社にどう対応するのか?…

Continue reading "20代社員の着任初日に業者から「退職代行」電話、どうする工場長!? – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子"

ヒラリー・クリントンが回顧する「大統領選で何が起きたのか」 – 要約の達人 from flier

アメリカの歴史上、もっとも結果予測が困難だといわれた大統領選。「もしかすると、もしかするかもしれない」という気持ち半分、「いや、まさか」という気持ち半分。アメリカ国民だけでなく、世界中の人々が固唾を呑みながらその行方を見守り、当選発表を聞いたことだろう。本書の著者は、まさにその渦中にいたヒラリー・ロダム・クリントンその人である…

Continue reading "ヒラリー・クリントンが回顧する「大統領選で何が起きたのか」 – 要約の達人 from flier"

定年後の健康維持には現役時代の「マネジメント力」を生かせ – 定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

定年後の人生において、特に重要なものは何でしょうか。やはり第一に健康です。中年に差し掛かって以降、私は健康を意識するようになりました。そのため、健康に関する情報収集をするのですが、なかにはひどいガセネタもあります。ではどんな点に気を付けたらいいのか、どんな人とつながったらいいのかについてお伝えします。…

Continue reading "定年後の健康維持には現役時代の「マネジメント力」を生かせ – 定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔"

一流のグローバルエリートが使う、部下のやる気が出る「褒め言葉」 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

皆さんは褒め上手ですか?褒め上手な人は良好な人間関係を作る名人でもあります。人間関係に恵まれていれば、様々な仕事がスムーズに進み、トラブルの時に助けてもらえる確率が高くなります。…

Continue reading "一流のグローバルエリートが使う、部下のやる気が出る「褒め言葉」 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

「論理的な人間」が勘や直観を苦手とする、本当の理由 – 7つの知性を磨く田坂塾

人の心の中には「様々な人格」が存在し、その人格に付随する「様々な才能」が眠っている。その「隠れた人格」を表に引き出すことができるならば、自然に、それに付随する「隠れた才能」が開花し始める。…

Continue reading "「論理的な人間」が勘や直観を苦手とする、本当の理由 – 7つの知性を磨く田坂塾"

新入りをイビる主任と黙認する次長・部長、パワハラ管理職トリオの末路 – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

Aは念願かなって本社の企画部に配属されたが、上司のB主任から指示された仕事は雑務ばかり…。ある日、仕事のミスがきっかけで、主任がパワハラ攻撃を始める。Aはパワハラ相談窓口で人事部長に相談するが、その事情を知った次長、部長までがAに嫌がらせをするようになる。パワハラ上司トリオはその後どうなるか?…

Continue reading "新入りをイビる主任と黙認する次長・部長、パワハラ管理職トリオの末路 – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美"

ネット炎上を避けつつ、クチコミをうまくビジネスに活用する方法 – 要約の達人 from flier

インターネットを使っていて“ネット炎上”を目にしたことがないという人は、おそらくほとんどいないはずだ。それだけネット炎上はありふれた現象で、本書『炎上とクチコミの経済学』によれば年間1000件以上発生しているという。その一方でネット炎上が深刻化した際の被害は凄まじい。うまく対応できなかった場合、社会的に抹殺されることすらありえる。多くの日本の企業がソーシャルメディア活用を躊躇しているのも、こうしたリスクを踏まえてのことなのだろう。…

Continue reading "ネット炎上を避けつつ、クチコミをうまくビジネスに活用する方法 – 要約の達人 from flier"

転職後に後悔しない!社風が合う、合わない会社を見抜く方法 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

転職活動をしている最中は「この会社は自分に合う」と思っていても、実際に入社して職場で働いてみたら違うと感じるケースは残念ながら起こり得ます。では転職活動中に社風が合う会社、合わない会社を見抜くにはどうしたら良いでしょうか。…

Continue reading "転職後に後悔しない!社風が合う、合わない会社を見抜く方法 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

パワハラへの過敏な気遣いで閉塞する日本企業の行き着く先とは – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

日本企業では、社内イベントがめっきり減ってしまった。背景には、パワハラに繋がるコンプライアンス違反を起こすまいとする、過敏なまでの気遣いがある。社員が価値観の違いを認め合い、自然に付き合えるためにはどんな思考が必要か。…

Continue reading "パワハラへの過敏な気遣いで閉塞する日本企業の行き着く先とは – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」"

GAFAの四騎士に続く「第五の騎士」はどんな企業か – 要約の達人 from flier

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン。これらの企業とまったく関わりをもたずに生活している人は、おそらくほとんどいないだろう。この20年ほどでテクノロジー界の「四騎士」は大躍進し、世界のあり方を大きく変えた。本書は「四騎士の時代」のいまとこれからを考えるものである。…

Continue reading "GAFAの四騎士に続く「第五の騎士」はどんな企業か – 要約の達人 from flier"

起業したがる若者を本物かどうか見分ける4つの質問 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

最近、若者やに登壇してお話しすると、「起業」について相談を受けることがあります。しかし彼らと話していると感じるのが、「起業が目的になっている」人が非常に多いことです。それでは起業しても、到底成功することはできません。…

Continue reading "起業したがる若者を本物かどうか見分ける4つの質問 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

メールと電話の応対で分かる、一流のプロになる人とそうでない人の違い – 7つの知性を磨く田坂塾

仕事ができる人は、様々な人格を切り替えながら仕事に処する「多重人格のマネジメント」を無意識に行っている。そうした能力は、実は、日々の「メール応対」「電話応対」による修業で身につけることができる。…

Continue reading "メールと電話の応対で分かる、一流のプロになる人とそうでない人の違い – 7つの知性を磨く田坂塾"

「攻撃的な上司」3つのタイプ、キレないための賢い対処法 – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

どんな職場にも文句が多い攻撃的な上司(特に中間管理職)はいて、理不尽に叱られたり、難癖を付けられて企画のNGを連発されたりした経験を持つ人は少なくないだろう。そこで、今回は文句が多く攻撃的な上司を3タイプに分け、その特徴と対処法を紹介しよう。…

Continue reading "「攻撃的な上司」3つのタイプ、キレないための賢い対処法 – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明"

「熱海」が宿泊客半減の苦境からV字回復できた理由 – 要約の達人 from flier

かつて首都圏の近郊にある温泉地として栄えた熱海。高度成長期から徐々に人気がかげり、20世紀末から2000年代には「衰退した観光地」の代名詞となっていた。1960年代には530万人だった旅館やホテルの宿泊客は、2011年には246万人と、半分以下に落ち込んでいたという。しかし2015年には308万人までその数値を伸ばし、わずか4年間で20%のV字回復を見せている。…

Continue reading "「熱海」が宿泊客半減の苦境からV字回復できた理由 – 要約の達人 from flier"

転職内定直前の「食事面接」に潜むワナ、リラックスは禁物! – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

最近、エグゼクティブ転職を中心に増えているのが「食事面接」です。よくあるパターンは最終面接の後、内定が出る前に社長や採用責任者などと一緒に食事にいくというものです。

Continue reading "転職内定直前の「食事面接」に潜むワナ、リラックスは禁物! – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"