ラックランド(9612)、従来の株主優待の拡充と、記念株主優待の実施をダブル発表! この拡充により年2回の株主優待が3月・6月・9月・12月の4回に! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

ラックランド(9612)が記念株主優待の実施と株主優待の拡充を、2018年10月31日に発表した。記念株主優待は、2018年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主に適用される。ラックランドの記念株主優待は、「100株以上の株主に、グループ会社運営のECサイト『ご当地こわけ』で利用できる2500円分のクーポン券を贈呈」というもの。同時に発表された株主優待の拡充の内容は、これまで6月末と12月末の年2回だった株主優待を、3月末・6月末・9月末・12月末の年4回にするというもの。(ラックラン…

Continue reading "ラックランド(9612)、従来の株主優待の拡充と、記念株主優待の実施をダブル発表! この拡充により年2回の株主優待が3月・6月・9月・12月の4回に! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

「Jリートはいまこそ買い時!」な理由をわかりやすく解説! 分配金利回り平均4%、想定値上がり益を含む総合利回りは7%を超える「Jリート」の魅力を紹介! – 最新記事

「”Jリート(不動産投資信託)”は、今こそ買い時!」とアナリストたちが口をそろえる理由とは? 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「不動産を持たずに家賃収入! Jリート入門」を掲載。Jリートを買うべき6つの理由や、注目銘柄を紹介している。今回は、特集冒頭で紹介しているJリートの特徴の解説と、買うべき理由を1つ抜粋。不動産に興味があるが、実物を買うには資金が不足している……という人は、Jリートの魅力をチェックしてみてほしい!…

Continue reading "「Jリートはいまこそ買い時!」な理由をわかりやすく解説! 分配金利回り平均4%、想定値上がり益を含む総合利回りは7%を超える「Jリート」の魅力を紹介! – 最新記事"

「Jリートはいまこそ買い時!」な理由をわかりやすく解説! 分配金利回り平均4%、想定値上がり益を含む総合利回りは7%を超える「Jリート」の魅力を紹介! – 最新記事

「”Jリート(不動産投資信託)”は、今こそ買い時!」とアナリストたちが口をそろえる理由とは? 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「不動産を持たずに家賃収入! Jリート入門」を掲載。Jリートを買うべき6つの理由や、注目銘柄を紹介している。今回は、特集冒頭で紹介しているJリートの特徴の解説と、買うべき理由を1つ抜粋。不動産に興味があるが、実物を買うには資金が不足している……という人は、Jリートの魅力をチェックしてみてほしい!…

Continue reading "「Jリートはいまこそ買い時!」な理由をわかりやすく解説! 分配金利回り平均4%、想定値上がり益を含む総合利回りは7%を超える「Jリート」の魅力を紹介! – 最新記事"

確定拠出年金制度に残る「3つの大問題」 – 山崎元のマルチスコープ

確定拠出年金は、特に課税される所得のある働く人にとって、「老後の備えに向けた自助努力にあって最も有利な手段」だといっていい。だが、現在の制度には、いくつかの解決すべき問題がある。そこで、特に重要な3つの問題を取り上げる。…

Continue reading "確定拠出年金制度に残る「3つの大問題」 – 山崎元のマルチスコープ"

老後資金「3000万円必要」説は本当か – 老後のお金クライシス! 深田晶恵

年金生活に入るまでに用意したい老後資金は、人によっても異なるが、と前置きしたうえで、2500万~3000万円がひとつの目安と言える。金額を言う際は、根拠となる計算も合わせて伝えるようにしている。…

Continue reading "老後資金「3000万円必要」説は本当か – 老後のお金クライシス! 深田晶恵"

パワハラ・セクハラのグレーゾーンを越えて破滅しないための「新常識」 – ニュース3面鏡

昨今、スポーツ界をはじめ浮彫になりつつあるパワハラ・セクハラ問題。いまの時代、“自分が部下だった頃の上司像”では部下とうまくコミュニケーションをとるのは難しい。逆に、上司と部下のやる気が噛み合えば、部下はどんどん仕事を進め、上司の負担も7~8割減らすことができる。そこで見波利幸氏が、“新時代の上司”に必要なスキルをアドバイスする。…

Continue reading "パワハラ・セクハラのグレーゾーンを越えて破滅しないための「新常識」 – ニュース3面鏡"

なぜ、どれほど「やる気」を出しても、力を発揮できないのか – 7つの知性を磨く田坂塾

才能の開花を妨げるのは、我々の「深層意識」や「無意識」の中にある、自分の能力と可能性を限定してしまう「自己限定」の意識に大きな原因がある。

Continue reading "なぜ、どれほど「やる気」を出しても、力を発揮できないのか – 7つの知性を磨く田坂塾"

「老衰死」の実数は統計より多い、死亡診断書“書き換え”のトリック – 医療・介護 大転換

著名人の死亡記事で「老衰死」を目にすることも多くなった。それにもかかわらず、人口動態統計調査では2017年の死因のうち、老衰は7.6%しかない。なぜだろうか。疑問を解くために死亡診断書の記入法を点検した。…

Continue reading "「老衰死」の実数は統計より多い、死亡診断書“書き換え”のトリック – 医療・介護 大転換"

欧州諸国が日本よりも英国のEU離脱に関心が薄い本当の理由 – 金融市場異論百出

10月中旬に欧州へ出張した際に感じたが、英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)に対する視線において、日本と欧州大陸のEU加盟国の間には大きな違いがある。

Continue reading "欧州諸国が日本よりも英国のEU離脱に関心が薄い本当の理由 – 金融市場異論百出"

メルケル独首相が引退へ、EU改革にとって吉か凶か – ロイター発 World&Business

メルケル独首相は29日、キリスト教民主同盟(CDU)が12月に開く党大会で党首として再選を目指さず、首相も4期目の現任期限りで退くと表明し、欧州連合(EU)改革には急ブレーキがかかる事態になった。…

Continue reading "メルケル独首相が引退へ、EU改革にとって吉か凶か – ロイター発 World&Business"

空飛ぶ自動運転タクシーはどうすれば実用化できるか – デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道

本連載では、部品メーカーがデジタル大変革時代を生き抜くための未来創造について解説している。最終回となる今回は、未来創造活動の最終的なアウトプットとなる「未来創造ロードマップ」の作成について、大手部品メーカーA社の事例を基に解説していく。…

Continue reading "空飛ぶ自動運転タクシーはどうすれば実用化できるか – デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道"

渋谷のハロウィン「暴徒化」で区長が怒髪天、31日は厳戒態勢 – News&Analysis

軽トラックを横転させたり、暴力行為や痴漢、盗撮で逮捕者が出るなど、10月27~28日に賑わいに乗じて若者が“暴徒化”した東京都渋谷区のスクランブル交差点周辺。とうとう、渋谷区長がキレた。…

Continue reading "渋谷のハロウィン「暴徒化」で区長が怒髪天、31日は厳戒態勢 – News&Analysis"

ハロウィン市場縮小を迎え撃つ小売企業の「新たな一手」 – ニュース3面鏡

10月31日はハロウィン。あちこちでカボチャやお化けの関連商品が目を引き、消費意欲をくすぐっている。このハロウィン、今やバレンタインに匹敵する一大市場だ。メーカーや小売り各社の熱の入れようも半端ではないが、今年の市場予測では2年連続して実績割れとも。それにも負けず、停滞市場に挑む各社の戦略をのぞいた。…

Continue reading "ハロウィン市場縮小を迎え撃つ小売企業の「新たな一手」 – ニュース3面鏡"

ハロウィン市場縮小を迎え撃つ小売企業の「新たな一手」 – ニュース3面鏡

10月31日はハロウィン。あちこちでカボチャやお化けの関連商品が目を引き、消費意欲をくすぐっている。このハロウィン、今やバレンタインに匹敵する一大市場だ。メーカーや小売り各社の熱の入れようも半端ではないが、今年の市場予測では2年連続して実績割れとも。それにも負けず、停滞市場に挑む各社の戦略をのぞいた。…

Continue reading "ハロウィン市場縮小を迎え撃つ小売企業の「新たな一手」 – ニュース3面鏡"

高齢化で銀行のビジネスモデルは「大転換」を迫られている – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

高齢化社会になり、金融に対するニーズは現役の時代で完結していたのが、老後の多様なライフスタイルに即したものに変わった。マネーフローの変化で銀行のビジネスモデルは転換を迫られている。…

Continue reading "高齢化で銀行のビジネスモデルは「大転換」を迫られている – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

日本製の「白い布」が中東の民族衣装用で大人気の理由 – News&Analysis

中東においてイスラム教の男性が身に着ける民族衣装「ガンドゥーラ」。それに使われる布をトーブというが、このトーブのうち、中・高級品のシェアはある日本企業がシェアの8割を押さえているという。…

Continue reading "日本製の「白い布」が中東の民族衣装用で大人気の理由 – News&Analysis"

日本経済最大のリスクは金融ショックに打つ手がない「中央銀行の死」だ – DOL特別レポート

世界同時株安など世界経済に不透明感が強まるが、異次元緩和を進めてきた日銀は新たなショックが起これば、自らも打撃を受けるだけでなく、中央銀行の本来の機能を果たせない可能性がある。「中央銀行の死」が日本経済の最大のリスクだ。…

Continue reading "日本経済最大のリスクは金融ショックに打つ手がない「中央銀行の死」だ – DOL特別レポート"

“ノーベル賞に最も近い男”吉野彰氏が語る「バズワードは実現する」 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

当事者のノーベル財団からは全くアナウンスされないが、毎年10月初旬のノーベル賞の発表が近くなると、必ず下馬評に挙がる日本人研究者がいる。旭化成の吉野彰名誉フェローは、パソコンやスマートフォン、電気自動車(EV)などの内部に組み込まれる「リチウムイオン2次電池」の発明者の1人。…

Continue reading "“ノーベル賞に最も近い男”吉野彰氏が語る「バズワードは実現する」 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

証券業界が銀行業界に「500メートル」歩み寄った理由 – inside Enterprise

東京証券取引所がある兜町は、証券の街として知られている。兜町に隣接する茅場町は、日本証券業協会が入居する東京証券会館の他、多くの証券会社が本社を置いてきた場所だ。

Continue reading "証券業界が銀行業界に「500メートル」歩み寄った理由 – inside Enterprise"

ファンケル、株主優待を拡充! 1株⇒2株の分割に伴う見直しに加え、従来の投資額でもらえる優待品は20%増額、必要投資額が従来の半額で済む配布基準も新設 – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

ファンケル(4921)が、株主優待の内容を変更すると、2018年10月30日に発表した。この変更は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ファンケルの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を6カ月以上保有する株主に、3000円相当の自社製品か、『ファンケル銀座スクエア』利用券のいずれかを贈呈」というものだった。この内容は2018年4月に発表されたばかりだが、今回1株⇒2株の株式分割が実施されることに伴い、新たに「100株以…

Continue reading "ファンケル、株主優待を拡充! 1株⇒2株の分割に伴う見直しに加え、従来の投資額でもらえる優待品は20%増額、必要投資額が従来の半額で済む配布基準も新設 – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

「つみたてNISA」で投資デビューした人が抱きがちな疑問に回答!「運用商品や金融機関を変更したい!」「積立投資を中止したい!」などの悩みを一挙解決! – つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説

「つみたてNISA」を始めた人たちが抱えがちな疑問や不安に回答! 運用商品や金融機関に不満がある場合はすぐ変更すべきか、家計が苦しいときに積立投資を中止すべきか続けるべきか、株価が高値圏のうちに利益確定をすべきかなど、「つみたてNISA」を始めた人たちが抱えがちな疑問を、ズバリ解決します。…

Continue reading "「つみたてNISA」で投資デビューした人が抱きがちな疑問に回答!「運用商品や金融機関を変更したい!」「積立投資を中止したい!」などの悩みを一挙解決! – つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説"

湖池屋(2226)、お菓子がもらえる株主優待を拡充!優待は年2回(6月&12月)⇒年1回(12月)になるも、優待品の額面は年2000円分⇒年2500円分に25%増! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

スナック菓子で知られる湖池屋(2226)が、株主優待の変更を2018年10月25日に発表した。この変更は、2018年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。湖池屋の株主優待は、これまで6月末と12月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、1000円相当の自社グループ製品(スナック菓子など)を贈呈」というものだった。変更後は割当基準日が年1回になり、内容は「12月末時点で100株以上保有する株主を対象に、2500円相当の自社グループ製品を贈呈…

Continue reading "湖池屋(2226)、お菓子がもらえる株主優待を拡充!優待は年2回(6月&12月)⇒年1回(12月)になるも、優待品の額面は年2000円分⇒年2500円分に25%増! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

清水建設(1803)、株主優待を変更! 自社の職人が作成するオリジナル木製グッズのラインナップが拡充され、5000株以上なら好きなグッズを選べるように! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

清水建設(1803)が、株主優待の変更を2018年10月24日に発表した。この変更は、2019年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。清水建設の株主優待の内容は、「3月末時点で1000株以上保有する株主を対象に、保有株式数に応じて『自社木製グッズ(コースターなど)』を1点贈呈」というものだった。今後も木製グッズが贈呈される点に変わりはないが、社会貢献団体への寄付に変更することも可能になる。また、5000株以上保有の株主に限り、自分で好きな木製グッズを選べるようになる。(清…

Continue reading "清水建設(1803)、株主優待を変更! 自社の職人が作成するオリジナル木製グッズのラインナップが拡充され、5000株以上なら好きなグッズを選べるように! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

日経平均株価は2万円の大台割れの可能性も! 今後はアップルやアマゾンのような「グロース株」が凋落し低PER・低PBRの「バリュー株」人気が復活する!? – 成り上がり投資術

カブ知恵の藤井英敏さんが、最新の日本株の動向を分析! アマゾン株は節目の1兆ドルを突破した後は、下落基調が強まっています。フェイスブック(FB)、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス(NFLX)、グーグル運営会社のアルファベット(GOOG)など「FANG」銘柄が軒並み大幅に下落し、10月24日のナスダック総合株価指数の下落率は4.4%と、今年最大の下落となりました。このような状況を踏まえると、「FANG」に代表されるグロース企業の株価は、歴史的な天井を既に打った可能性があります。米国で発生してい…

Continue reading "日経平均株価は2万円の大台割れの可能性も! 今後はアップルやアマゾンのような「グロース株」が凋落し低PER・低PBRの「バリュー株」人気が復活する!? – 成り上がり投資術"

株価が暴落したとき、個人投資家が買っているのはこの銘柄! 信用買い残から見えてくる個人投資家の動向と「マザーズ市場が盛り上がらない原因」とは? – チャートではわからない相場解説

岡村友哉氏が、市場の需給などを元に、株式市場の裏側で起こっている現象を解説。マザーズ市場などの新興株が上がらないと、個人の投資マインドは上向かないと言われています。10月26日に東証マザーズ指数は900ポイントを割り込み、年初来安値を連日更新。すでに年初から3割程度下げています。それでもまだまだ底が見えず、埒が明きません。「マザーズが上がってくれさえしたら……」。そう考えている個人投資家も多いかもしれませんが、はたして本当にそうなのでしょうか? マザーズで信用取引をするタイプの個人投資家が、今は過去…

Continue reading "株価が暴落したとき、個人投資家が買っているのはこの銘柄! 信用買い残から見えてくる個人投資家の動向と「マザーズ市場が盛り上がらない原因」とは? – チャートではわからない相場解説"

ユニクロやGUを展開する「ファーストリテイリング」の株価をチャートで分析! 月足レベルではいまだに上昇トレンドは継続中も、11月の値動きに要注目! – 最新記事

「ユニクロ」でおなじみ、「ファーストリテイリング(9983)」の株価をチャートで分析! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の別冊付録は、人気15銘柄の診断も掲載した「株価チャートがスラスラわかる本」! ローソク足、移動平均線、出来高で構成される基本のチャートで、日本株を代表する人気15銘柄を分析し、買い時や目標株価を算出している。今回は、その中から「ファーストリテイリング(9983)」のチャート分析を抜粋。プロの分析によって導き出された、「ファーストリテイリング」の買い場とは?…

Continue reading "ユニクロやGUを展開する「ファーストリテイリング」の株価をチャートで分析! 月足レベルではいまだに上昇トレンドは継続中も、11月の値動きに要注目! – 最新記事"

本当に眠れる技術、「ねむりの相談所」プロが徹底解説 – ニュース3面鏡

寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、夜中に何度も目が覚めてしまう…。そうした睡眠にまつわる悩みの解決をサポートしてくれる「ねむりの相談所」なる場所があるらしい。スリープマスターと呼ばれる睡眠のプロが、最新機器を用いながら睡眠時の環境などをカウンセリングし、さまざまなアドバイスをしてくれるというのだ。…

Continue reading "本当に眠れる技術、「ねむりの相談所」プロが徹底解説 – ニュース3面鏡"

英ダイソン、なぜシンガポールでEV生産するのか – ロイター発 World&Business

サイクロン掃除機などで知られる英家電大手ダイソンの創業者で富豪のジェームズ・ダイソン氏が、シンガポールに電気自動車(EV)の製造工場を建設する計画を発表すると、一部で驚きの声が上がった。…

Continue reading "英ダイソン、なぜシンガポールでEV生産するのか – ロイター発 World&Business"

怒れる米国民、中間選挙で民主党を優勢に導く可能性 – ロイター発 World&Business

米カリフォルニア州に住む共和党支持者のベン・チコさん(67)は、11月6日の中間選挙の後に、民主党がトランプ大統領の弾劾を試みるかもしれないと耳にして、以前から感じていた民主党員へのいら立ちが憤激に変わったと話す。…

Continue reading "怒れる米国民、中間選挙で民主党を優勢に導く可能性 – ロイター発 World&Business"

増税対策、家計負担1兆円台に軽減 万全強調の政府に過剰の声も – ロイター発 World&Business

来年10月に政府が予定している消費税率10%への引き上げに伴う負担軽減策は、家計負担を大幅に圧縮する効果がありそうだ。2%の増税分が5.6兆円になるのに対し、実質的な負担額は1兆円台まで圧縮される可能性があり、政府は「万全」の対策だと強調する。これに対し、財政の専門家らからは「過剰対策」との指摘も出ており、社会保障の持続性や財政再建の行方を危ぶむ声も浮上している。…

Continue reading "増税対策、家計負担1兆円台に軽減 万全強調の政府に過剰の声も – ロイター発 World&Business"

日本人が知っておきたい、欧州の再生可能エネルギー先進事情 – 激変!エネルギー最新事情

今年7月、政府は「第5次エネルギー基本計画」において、2030年に再生可能エネルギーの電源構成比率22~24%を目指すことを発表した。そんな日本が学びたいのは、想像以上に進んでいる欧州の再生可能エネルギー・シフトだ。現地ではどんな取組みが行われているのか。…

Continue reading "日本人が知っておきたい、欧州の再生可能エネルギー先進事情 – 激変!エネルギー最新事情"

東芝のLNG売却交渉、最終調整でも気が抜けない2つの心配事 – inside Enterprise

「日系は遠慮したけど、米国企業なら買いたたくだろうね。お手並み拝見です」。エネルギー業界関係者は、東芝の交渉力に興味津々だ。東芝は米国テキサス州で展開する液化天然ガス(LNG)プロジェクト「フリーポート」について、米ガス大手のテルリアンと売却に向けて最終交渉に入った。…

Continue reading "東芝のLNG売却交渉、最終調整でも気が抜けない2つの心配事 – inside Enterprise"

携帯大手が自前主義捨て基地局をシェア?「5G」めぐる大量増設で – inside Enterprise

カーシェアリング、ルームシェアリングのように“共用”する仕組みが携帯電話の世界でも浸透するかもしれない。といっても、携帯端末そのものをシェアするわけではない。

Continue reading "携帯大手が自前主義捨て基地局をシェア?「5G」めぐる大量増設で – inside Enterprise"

なぜ「みんなで話し合う組織」ほど、判断を誤ってしまうのか – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

不祥事報道を見ていると、現場では高品質、低コスト、納期厳守と言われつつも、経営者からの利益追求のプレッシャーもあり、品質が軽視されているようだ。その結果、誠実かつ丁寧な仕事にこだわるといった日本人の働き方が壊されてしまったのである。そこで今回は、日本の組織特有の「みんなで話し合って決める」議決方式について考えてみたい。…

Continue reading "なぜ「みんなで話し合う組織」ほど、判断を誤ってしまうのか – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明"

市議会で「のど飴」炎上、あなたの会社も人ごとではない – トンデモ人事部が会社を壊す

熊本市議会で「のど飴」を口にしながら発言しようとした議員が、出席停止処分を受けるという騒ぎが起きた。海外メディアからは、議会が処分したことは、日本の融通の利かなさの証しだとして批判を受けている。「のど飴」をなめながら会議や仕事をすることは是なのか、非なのか。…

Continue reading "市議会で「のど飴」炎上、あなたの会社も人ごとではない – トンデモ人事部が会社を壊す"

市議会で「のど飴」炎上、あなたの会社も人ごとではない – トンデモ人事部が会社を壊す

熊本市議会で「のど飴」を口にしながら発言しようとした議員が、出席停止処分を受けるという騒ぎが起きた。海外メディアからは、議会が処分したことは、日本の融通の利かなさの証しだとして批判を受けている。「のど飴」をなめながら会議や仕事をすることは是なのか、非なのか。…

Continue reading "市議会で「のど飴」炎上、あなたの会社も人ごとではない – トンデモ人事部が会社を壊す"

携帯料金の「値下げ」が政府主導で実現する可能性はあるか – 今週のキーワード 真壁昭夫

「わが国の携帯電話料金は、今より4割程度下げる余地がある」。菅義偉官房長官の発言が注目を集めている。その発言には、家計の携帯電話料金の負担を軽減する狙いがあるとみられる。

Continue reading "携帯料金の「値下げ」が政府主導で実現する可能性はあるか – 今週のキーワード 真壁昭夫"

新在留資格、低賃金の外国人労働者目当ては「排外主義の温床」になる – DOL特別レポート

新「在留資格」を設け、外国人労働者受け入れを拡大する法案が今国会に提出されるが、低賃金の働き手確保だけを考えてのことなら、無用な排外主義を生む恐れがある。目指す「国家像」を示す必要がある。…

Continue reading "新在留資格、低賃金の外国人労働者目当ては「排外主義の温床」になる – DOL特別レポート"

ソフトバンクのIPO(新規上場)株は、上場後40日目まで上昇する!? 過去の超大型IPOのデータをもとに、上場時のソフトバンクや市場全体の値動きを大胆予想 – IPO株の銘柄分析&予想

ソフトバンクのIPO(新規上場・新規公開)後の値動きや、上場前後の日本市場全体の値動きを、イベント投資の達人である夕凪さんが過去のデータをもとに分析! ソフトバンクグループ(9984・以下、SBグループ)の子会社で通信事業会社のソフトバンクが、12月にIPO(新規上場)する見込みだ。2018年10月12日、ブルームバーグは、ソフトバンクIPOの主幹事証券として、野村ホールディングス、米ゴールドマン・サックス、ドイツ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)が選定さ…

Continue reading "ソフトバンクのIPO(新規上場)株は、上場後40日目まで上昇する!? 過去の超大型IPOのデータをもとに、上場時のソフトバンクや市場全体の値動きを大胆予想 – IPO株の銘柄分析&予想"

専業主婦の「iDeCo」活用法を紹介! 所得控除というメリットがない専業主婦でも「iDeCo」をお得に使う方法と、金融機関&商品の選び方のポイントを解説! – iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説

専業主婦(主夫)の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」活用術を紹介! 専業主婦は、「iDeCo」の大きなメリットである「掛金が全額、所得控除される」という節税効果を得られません。しかしそれでも、「iDeCo」を活用する意味は十分にあります。その理由や、専業主婦が「iDeCo」を活用する際の金融機関、商品の選び方のポイントを詳しく解説します。…

Continue reading "専業主婦の「iDeCo」活用法を紹介! 所得控除というメリットがない専業主婦でも「iDeCo」をお得に使う方法と、金融機関&商品の選び方のポイントを解説! – iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説"

過去の性的暴行の告発は慎重に取り扱うべきなぜなら記憶は簡単に書き換えられるから[橘玲の日々刻々] – 橘玲の日々刻々

1990年、現職警官が悪魔崇拝で有罪を宣告されるという衝撃的な事件が全米を驚かせました。熱心なクリスチャンで共和党地方本部の代表者でもあった父親が、成人した娘から、幼い頃に悪魔を呼び出す乱交パーティで強姦されたと告発され、陪審員がそれを認めたのです。…

Continue reading "過去の性的暴行の告発は慎重に取り扱うべきなぜなら記憶は簡単に書き換えられるから[橘玲の日々刻々] – 橘玲の日々刻々"

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は?2018年10/22~10/26までにSBI証券で買われた国内株式の買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング

【NISA口座】2018年10/22~10/26までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。SBI証券が発表している国内株式の「買付金額」と「保有残高」、投資信託の「買付金額」と「買付件数」のそれぞれのランキングをご紹介しよう!(毎週更新) …

Continue reading "【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は?2018年10/22~10/26までにSBI証券で買われた国内株式の買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング"

「相続財産は家だけ」で遺産分割でもめた場合、自宅を売却するときとしないときで相続財産はどう変わるのか試算してみた – 不動産を高値で売却する方法

相続が発生したけど、「相続財産は母が住んでいた家くらいしかない」ということが多々ある。相続財産が少ないから、遺産分割で揉めないかというと、そうでもない。相続人が複数いる場合、不動産はそのままでは分割できず、遺産の分割をめぐり揉めることが多くなるのだ。不動産鑑定士兼公認会計士の冨田建氏が、よくある相談事例をもとに、ケースごとに相続財産がどうなるか試算してみた。…

Continue reading "「相続財産は家だけ」で遺産分割でもめた場合、自宅を売却するときとしないときで相続財産はどう変わるのか試算してみた – 不動産を高値で売却する方法"

米中間選挙は株式市場にマイナスの影響は与えない!選挙後、相場が荒れるようならFRBが利上げをストップするので、今は積極的に買い向かうのが吉! – 世界投資へのパスポート

広瀬隆雄氏が、米中間選挙を控えた米国株式市場を解説! 米国株式市場は、神経質な動きが続いています。先週の米国株式市場はS&P500指数が-3.9%、ダウ工業株価平均指数が-3%、ナスダック総合指数が-3.8%でした。今回の急落は、10月に入ってから起こりました。一体、何が引き金になったのでしょうか? その原因は、市中金利の上昇に求めることが出来ると思います。10月に入ると、米国10年債利回りがスルスルと上昇し始め、10月5日には利回りが3.23%をつけました。これで、市場参加者の戦意がすっか…

Continue reading "米中間選挙は株式市場にマイナスの影響は与えない!選挙後、相場が荒れるようならFRBが利上げをストップするので、今は積極的に買い向かうのが吉! – 世界投資へのパスポート"

「ブル・ベア投信」購入時に注意すべき3つのポイントを紹介! ブル・ベア投信で儲けやすい&損しやすい相場の特徴と、コストに関する注意点をプロが伝授! – 最新記事

「ブル・ベア型」の投資信託の、初心者が知っておくべき「基本」を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「ブル・ベア型投信攻略法」を掲載! ブル・ベア型の投資信託は、日経平均株価などの株価指数に連動しつつ、指数より大きな値上がり益を狙えるのが特徴。特集では、商品ラインナップや値動きの仕方、注意点、ブル・ベア型投資信託を取引する個人投資家の儲けワザなどを紹介している。今回は、特集内から「ブル・ベア投信の投資のキホン」を抜粋。タイトルのとおり、ブル・ベア投信に投資するなら知っておきたい3つのポイン…

Continue reading "「ブル・ベア投信」購入時に注意すべき3つのポイントを紹介! ブル・ベア投信で儲けやすい&損しやすい相場の特徴と、コストに関する注意点をプロが伝授! – 最新記事"

「人間は成長し続けられる」と考えることが、あらゆる成果の基礎になる – 要約の達人 from flier

凡人には成し得ないようなすばらしい成果をあげている人を見ると、生まれつきの才能はあるものだとわたしたちは思いがちだ。しかし才能に恵まれている人がいつも成果をあげているかというと、かならずしもそうではない。生来の才能があっても正しいマインドがないために、その才能を生かせずに終わってしまう人も多いのである。…

Continue reading "「人間は成長し続けられる」と考えることが、あらゆる成果の基礎になる – 要約の達人 from flier"

金利上昇は金相場の売り材料も地政学・政治リスクが下支え – 商品市場透視眼鏡

金相場は、1~4月は1トロイオンス当たり1300ドル台と高値圏で推移していたが、5月半ばにはその大台を下回り、8月半ばには1200ドルを下回って一気に1159ドルの安値を付けた。その後、1200ドル前後で推移したが、10月に入ってやや上昇し、足元は1220~1230ドル程度を中心に推移している。…

Continue reading "金利上昇は金相場の売り材料も地政学・政治リスクが下支え – 商品市場透視眼鏡"

日銀オペ弾力化、国債入札翌日の買入後ずれも 金利自律形成促す – ロイター発 World&Business

日銀は市場機能の改善に向けて、国債買い入れオペレーションの一段の弾力化策を模索している。具体策として、国債入札日の翌日の当該年限の買い入れを翌々日以降に後ずれさせることが、有力な選択肢の1つに浮上しているようだ。複数の関係筋が明らかにした。…

Continue reading "日銀オペ弾力化、国債入札翌日の買入後ずれも 金利自律形成促す – ロイター発 World&Business"

トランプ氏のFRB攻撃、大切な5つのポイント – ロイター発 World&Business

トランプ米大統領は、米株式市場が9月に付けた過去最高値から大幅に下げた上に、中間選挙まで2週間を切ったことから、米連邦準備理事会(FRB)とパウエルFRB議長に対する批判を強めている。…

Continue reading "トランプ氏のFRB攻撃、大切な5つのポイント – ロイター発 World&Business"

年収1000万円ダウンでも転職する人が結局元の年収を超えていく理由 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

年収が1500万円を超える超・高年収層の話を聞くと、意外とあまり年収に執着しない人が少なくないことに気が付きます。つい先日もいま年収2000万円の人が「1000万円まで下がっても構いません」と言って転職相談に訪れました。…

Continue reading "年収1000万円ダウンでも転職する人が結局元の年収を超えていく理由 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

意外に増えている「上司と触れ合いたい部下」が求めるリーダー像 – 榎本博明のビジネス心理学

今どきの若い社員を見ていると、「自分の時間を大切にしたい」というドライな人が多いのか、それとも意外にも上司と触れ合いたいという人が多いのか、上司の皆さんは気になるのではないでしょうか。そこで今回は今どきの若者が上司とのかかわりを嫌っているのかどうかについて、『ビジネス心理学100本ノック』の著者・榎本博明氏が解説します。…

Continue reading "意外に増えている「上司と触れ合いたい部下」が求めるリーダー像 – 榎本博明のビジネス心理学"