桑山(7889)、株主優待を廃止! MBOの一環として行われる公開買付けのため、自社商品(ジュエリー)が割引購入できる優待と、1株あたり18円の配当を廃止 – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

桑山(7889)が株主優待を廃止すると、2018年8月31日に発表。桑山の株主優待は、毎年9月末と3月末時点の株主名簿に記載または記録された、100株以上を保有している株主が対象とされていた。廃止される桑山の株主優待の内容は、「100株以上保有する株主に、株主優待販売カタログによる、ジュエリーなどの自社商品の割引販売を実施」というものだった。(桑山、コード:7889、市場:JASDAQスタンダード)…

Continue reading "桑山(7889)、株主優待を廃止! MBOの一環として行われる公開買付けのため、自社商品(ジュエリー)が割引購入できる優待と、1株あたり18円の配当を廃止 – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

会社員の「iDeCo」加入の可否と、掛金の上限金額をタイプ別に紹介!「iDeCo」に加入できない場合も、諦めずに「マッチング拠出」が使えないか調べよう! – iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説

会社員の「iDeCo」活用法を徹底解説!「マッチング拠出」の利用法や、勤め先の企業型確定年金が「加入選択制」の場合に「iDeCo」とどちらを選ぶのが有利かなど、ほとんど知られてない情報を紹介! 勤め先の年金制度の違いによる上限額や「iDeCo」加入の可否といった基本も、あらためて解説します。…

Continue reading "会社員の「iDeCo」加入の可否と、掛金の上限金額をタイプ別に紹介!「iDeCo」に加入できない場合も、諦めずに「マッチング拠出」が使えないか調べよう! – iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説"

不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で、記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! – 不動産一括査定サイトおすすめ比較

不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で査定を依頼すると、不動産会社からしつこく営業されたり、いい加減な価格査定をされたりするのではないか、と不安を感じている人も多いはず。そこで、本編集部記者が実際にマンションナビを使って、自分の住んでいるマンションを査定してもらう覆面取材を行った。マンションナビの対応だけでなく、紹介してくれた不動産会社の対応、査定の内容などもレポートする。…

Continue reading "不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で、記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! – 不動産一括査定サイトおすすめ比較"

配当利回り3%超で業績も好調の「高配当株」を紹介!9期連続増配中で利回り3.89%の「オリックス」と、17期連続増配予定の「KDDI」は長期保有もおすすめ – 最新記事

配当利回りが3%以上で、業績も成長を続ける注目の「高配当株」2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「高配当株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将」(2銘柄)「副大将」(2銘柄)「武将」(9銘柄)として紹介している。ここでは、「副大将」…

Continue reading "配当利回り3%超で業績も好調の「高配当株」を紹介!9期連続増配中で利回り3.89%の「オリックス」と、17期連続増配予定の「KDDI」は長期保有もおすすめ – 最新記事"

木村草太氏が語る、日本国憲法で生活保護受給者の生存権は守られるか – 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ

憲法学者・木村草太氏講演を聞き、目からウロコが落ちた気がした。「もらえる金額はいくらが妥当か」「パチンコをしてもいいか」といった矮小な議論に陥りがちな生活保護の問題を、日本国憲法と生存権という側面からわかりやすく整理してくれたからだ。…

Continue reading "木村草太氏が語る、日本国憲法で生活保護受給者の生存権は守られるか – 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ"

自民党総裁選から見えてくる、日本経済のとても悲しい未来 – 岸博幸の政策ウォッチ

自民党総裁選は安倍晋三首相と石破茂氏の一騎打ちとなったが、安倍首相と石破氏のどちらかが総裁になっても1つだけ言えることは、日本経済の先行きは非常に厳しいということだ。これまでの両者の主張をまとめてみよう。…

Continue reading "自民党総裁選から見えてくる、日本経済のとても悲しい未来 – 岸博幸の政策ウォッチ"

細胞の画像をAIで解析するサービス、若き「二刀流」研究者が開発 – ものつくるひと

半年前からフランスで共同研究プロジェクトにいそしむ菅原皓、30歳。彼には二つの顔がある。一つは東京大学特任研究員。もう一つは東大発ベンチャーであるエルピクセルのチーフエンジニア。学術研究のために海を渡り、オフィスから離れて勤務する「リモートワーク」の実践者なのだ。…

Continue reading "細胞の画像をAIで解析するサービス、若き「二刀流」研究者が開発 – ものつくるひと"

欧州富裕層に強いピクテ投信が今「オルタナ運用」を重視する理由 – 短答直入

世界の金融市場が不安定な動きを続ける中、資産運用の在り方をどのように考えればよいのか。スイス・ジュネーブのプライベートバンクを母体とし、「顧客の資産保全」を標榜するピクテ投信投資顧問の萩野琢英社長に話を聞いた。…

Continue reading "欧州富裕層に強いピクテ投信が今「オルタナ運用」を重視する理由 – 短答直入"

【野村不動産ホールディングス】大黒柱の分譲マンション事業、想定外の事態で収益性が悪化 – 財務で会社を読む

わが世の春を謳歌する大手不動産にあって、様相を異にするのが野村不動産ホールディングスだ。主力の分譲マンション事業における戦略が裏目に出て、収益力が伸び悩んでいる。

Continue reading "【野村不動産ホールディングス】大黒柱の分譲マンション事業、想定外の事態で収益性が悪化 – 財務で会社を読む"

積み上がる日本の武器調達ローン残高、19年度は5兆円突破 – ロイター発 World&Business

防衛装備品の支払いを次年度以降に繰り越して積み上がったローンの残高が、2019年度は前年から4000億円増え、5兆円を超す見通しだ。米国から高額な武器調達を増やしていることなどが影響し、来年度の返済額は年間の防衛費約5兆3000億円の4割を占めることになる。…

Continue reading "積み上がる日本の武器調達ローン残高、19年度は5兆円突破 – ロイター発 World&Business"

銅価格の反発は限定的か、米中貿易摩擦が重し – ロイター発 World&Business

銅価格は最近の安値から持ち直しているが、米中貿易摩擦の激化で世界最大の銅消費国である中国の需要が損なわれる可能性があるため、上昇余地は限定的と見られている。

Continue reading "銅価格の反発は限定的か、米中貿易摩擦が重し – ロイター発 World&Business"

アルゼンチン経済危機を示す「5つの指標」 – ロイター発 World&Business

アルゼンチンは昨年景気が改善し、市場寄りとされるマクリ大統領率いる連立与党が昨年10月の議会選で勝利して、今年初めの時点でエコノミストは明るい見通しを描いていた。

Continue reading "アルゼンチン経済危機を示す「5つの指標」 – ロイター発 World&Business"

アップル、9月12日にイベント iPhone新機種発表か – ロイター発 World&Business

米アップルは30日、9月12日に本社のあるカリフォルニア州クパチーノで新製品発表イベントを開催すると発表した。「iPhone(アイフォーン)」の新機種を公表するとみられている。

Continue reading "アップル、9月12日にイベント iPhone新機種発表か – ロイター発 World&Business"

ありえないような未来像にこそ明日の危機とチャンスが潜んでいる – デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道

本連載では、部品メーカーがデジタル大変革時代を生き抜くために必要な未来創造の取り組みについて解説している。今回は、未来創造において必要性が高いタスクの1つである「未来シーンの発案」を取り上げる。…

Continue reading "ありえないような未来像にこそ明日の危機とチャンスが潜んでいる – デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道"

生半可な「傾聴スキル」で女性部下の顔を引きつらさせた管理職の失敗 – 美人産業カウンセラーが指南「管理職養成講座」

昨今、管理職に求められるスキルの1つに、問題解決やコミュニケーションに役立つ「傾聴」がある。しかし、その本質を理解してない段階で使ってしまうと、間違った方向へ向かってしまう。その結果、部下の信頼を失ってしまった事例を見てみよう。…

Continue reading "生半可な「傾聴スキル」で女性部下の顔を引きつらさせた管理職の失敗 – 美人産業カウンセラーが指南「管理職養成講座」"

外国人単純労働者を受け入れるべき業界、受け入れるべきでない業界 – DOL特別レポート

政府は骨太の方針で、外国人単純労働者の受け入れ拡大の方針を発表した。それは必要なことだが、格差を拡大せずに生産性を向上できる分野に絞るべきだ。外国人単純労働者を受け入れるべき業界、受け入れるべきでない業界を検証しよう。…

Continue reading "外国人単純労働者を受け入れるべき業界、受け入れるべきでない業界 – DOL特別レポート"

日の丸自動車が知らないトランプのNAFTA見直し「もっと危うい裏事情」 – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博

トランプ大統領がNAFTAの見直しを推し進めるなか、貿易上の不利益を被る可能性が高い日本の自動車メーカーは戦々恐々だ。しかし、日本が危惧するよりもさらに危うい「2つのウラ」が今回の交渉には垣間見える。トランプの真意はどこにあるのか。…

Continue reading "日の丸自動車が知らないトランプのNAFTA見直し「もっと危うい裏事情」 – 今週もナナメに考えた 鈴木貴博"

「個人特定」被害者の恐怖と後悔、SNSを普通に使っただけなのに… – News&Analysis

SNSに顔写真や家族の後ろ姿、近所の様子などを載せる人も増えてきた。しかし、ここで気をつけなければならないのは、「特定」だ。わずかな情報から、本名や住所を特定することもできてしまう。ふとしたことから「特定」されてしまった人たちは、その経験をどのように感じているのだろうか。…

Continue reading "「個人特定」被害者の恐怖と後悔、SNSを普通に使っただけなのに… – News&Analysis"

トランプ中間選挙後に弾劾も?元顧問弁護士ら「裏切り」続々 – DOL特別レポート

かつて「大統領のためなら銃弾も受ける」とまで語ってトランプ氏への忠誠を誓っていたマイケル・コーエン元顧問弁護士が8月21日、ニューヨークの連邦地裁で司法取引に応じ、「トランプ氏の指示のもとで犯罪行為を行った」と証言した。…

Continue reading "トランプ中間選挙後に弾劾も?元顧問弁護士ら「裏切り」続々 – DOL特別レポート"

仕事の電話が苦手な人必読!電話の印象がよくなる5つのポイント – 1分間声トレ

一流ビジネスパーソンや企業のトップが研修に通うほど、リーダーシップや説得力をもたらすのに「声」は重要視されています。性格や習慣をすぐに変えることはできませんが、声はすぐに変えられます。そして、声の改善で仕事の成果が上がることが科学的に実証されているのです!…

Continue reading "仕事の電話が苦手な人必読!電話の印象がよくなる5つのポイント – 1分間声トレ"

なぜ、お客様の「欲しい!」を引き出せるのか? – 質問型営業最強フレーズ50

質問型営業本がシリーズ10万部のベストセラー。今回は日本での凱旋講演を前に、『3か月でトップセールスになる質問型営業最強フレーズ50』より、営業における誰も教えてくれなかったエッセンスを紹介していきます。今回は、売れる営業のプレゼンテーションにについてです。…

Continue reading "なぜ、お客様の「欲しい!」を引き出せるのか? – 質問型営業最強フレーズ50"

2015年までに世界の「絶対的貧困」を半減させるという野心的なプロジェクトはその後どうなったのか?[橘玲の世界投資見聞録] – 橘玲の世界投資見聞録

人類社会が新たな千年紀(ミレニアム)を迎えた2000年9月、ニューヨークの国連ミレニアム・サミットで、2015年までに世界の「絶対的貧困」を半減させるという野心的な「ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)」が採択された。しかし、いったいどうすればこんなことが可能になるのだろうか。…

Continue reading "2015年までに世界の「絶対的貧困」を半減させるという野心的なプロジェクトはその後どうなったのか?[橘玲の世界投資見聞録] – 橘玲の世界投資見聞録"

10万円台で投資できる業績好調な“10万円株”を紹介!抜群の成長力と4%近い配当利回りが魅力の「信和」、業績の上方修正に期待の「日本トムソン」に要注目! – 最新記事

10万円台以下の少額の資金で気軽に投資できて、業績にも期待ができる、2018年後半に注目の「10万円株」2銘柄を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から、10万円台で買える「10万円株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将」(2銘柄)「副大将」(2…

Continue reading "10万円台で投資できる業績好調な“10万円株”を紹介!抜群の成長力と4%近い配当利回りが魅力の「信和」、業績の上方修正に期待の「日本トムソン」に要注目! – 最新記事"

景色も美味しい食堂車で!九州・四国「観光列車」の旅 – ニュース3面鏡

最近は以前に比べ日本各地で観光列車が多く走っている。その背景にはいったい何があるのかを踏まえたうえで、著者の渡部史絵さんがオススメする観光列車の鉄道旅をいくつか紹介しよう。…

Continue reading "景色も美味しい食堂車で!九州・四国「観光列車」の旅 – ニュース3面鏡"

東芝が火力発電事業に大ナタ、再建で兄貴分GEの領域侵す覚悟はあるか – inside Enterprise

東芝が、タービンなどを製造する火力発電機器事業に大ナタを振るうことになりそうだ。人員削減は必至で、低収益から脱することができなければ存続も危ぶまれる状況だ。東芝の火力発電機器事業は火の車だ。2018年3月期は117億円の営業赤字を計上。今期第1四半期も34億円の赤字で、止血のめどは立っていない。…

Continue reading "東芝が火力発電事業に大ナタ、再建で兄貴分GEの領域侵す覚悟はあるか – inside Enterprise"

Jリーグ「外国人枠撤廃」で日本人選手が育たなくなる、は本当か – ニュース3面鏡

Jリーグの歴史で初めての光景が生まれた。8月26日の横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸戦で、ヴィッセルが6人の外国籍選手を同時に起用したのだ。ベンチ入りできる外国籍選手の上限が3人の中、前例のないケースはなぜ生まれたのか。…

Continue reading "Jリーグ「外国人枠撤廃」で日本人選手が育たなくなる、は本当か – ニュース3面鏡"

日銀の資産規模がGDPに迫る異常な膨張、海外からは「無謀」の声 – 金融市場異論百出

「日本銀行は世界の他の中央銀行を上回る金融緩和策を行っている。これを勇敢というよりも無謀だと見なしている人は正しい」国際決済銀行(BIS)の元チーフエコノミスト、ビル・ホワイト氏は4年近く前の2014年11月、すでにそのように述べていた。…

Continue reading "日銀の資産規模がGDPに迫る異常な膨張、海外からは「無謀」の声 – 金融市場異論百出"

イランのネット世論操作、世界に広がる実態明らかに – ロイター発 World&Business

世界のインターネット利用者を標的とした、イランによる情報操作とみられる活動が、従来特定されていたものよりもはるかに大規模であることが、ロイターの取材で分かった。

Continue reading "イランのネット世論操作、世界に広がる実態明らかに – ロイター発 World&Business"

足元で変動率高い日本の20年債 低利回りでも外債の方に安心感 – 金利市場透視眼鏡

7月末に日本銀行が長期金利を0%程度に誘導する目標自体は維持しつつ、変動幅拡大を容認するとしてから1カ月弱が経過したが、同時に「長短金利が当面、超低水準にとどまる」とのフォワードガイダンスも示したため、わが国の債券市場も落ち着きを取り戻しつつある。…

Continue reading "足元で変動率高い日本の20年債 低利回りでも外債の方に安心感 – 金利市場透視眼鏡"

働く高齢者が損をする「在職老齢年金制度」は廃止が当然だ – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る

「骨太2018」で、働くと年金の一部、場合によっては全額が支給停止される在職老齢年金制度の見直しが掲げられた。高齢者の働く意欲をそぐだけでなく高齢者の賃金を低く抑えている可能性もあり、廃止すべきだ。…

Continue reading "働く高齢者が損をする「在職老齢年金制度」は廃止が当然だ – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る"

好景気なのに消費停滞の原因は「体感物価」の上昇だ – DOL特別レポート

超金融緩和で景気もいいのに消費停滞が続くのは、家計の「体感物価」が上昇しているからだ。単価を上げないで容量を減らす「ステルス値上げ」にも敏感に反応し節約志向が強まる。

Continue reading "好景気なのに消費停滞の原因は「体感物価」の上昇だ – DOL特別レポート"

流行の「立ってやる会議」はこの道具を使えば速攻で慣れられる – News&Analysis

ベンチャー企業や外資系企業でしばしば行われているのが、スタンディング・ミーティング。その名の通り立ったまま会議を行うことで、メンバーの集中力が高まり、座っているときよりも創造的なアイデアが出やすいといわれている。大手メーカーでサラリーマンとして働く傍ら、多数のビジネス書を出版する金田博之氏も、会議は当然スタンディング・ミーティングだという。生産性が上がるスタンディング・ミーティングのコツを聞いた…

Continue reading "流行の「立ってやる会議」はこの道具を使えば速攻で慣れられる – News&Analysis"

「室内で熱中症」の元凶は日本の住宅スペックにあった – DOL特別レポート

シチュエーション別で見ると、実は室内での発生が最も多い熱中症。我慢せずにエアコンをつけるように呼びかけられているが、それだけでは、この問題は解決しない。日本の住宅の断熱性能は欧州に比べて低く、「夏暑く、冬寒い」仕様になっているからだ。…

Continue reading "「室内で熱中症」の元凶は日本の住宅スペックにあった – DOL特別レポート"

徒弟制的修業論が「頑張っても報われない」時代にまではびこる愚 – 情報戦の裏側

右肩上がりの時代だからこそ通用した、「我慢して頑張れば報われる」という価値観は、頑張っても報われそうにない今の若者にはもはや通用しない。にもかかわらず、この古い理論を、相も変わらず振りかざすオッサン世代が後を絶たない。…

Continue reading "徒弟制的修業論が「頑張っても報われない」時代にまではびこる愚 – 情報戦の裏側"

なぜ、お客様は自分の話をするようになったのか? – 質問型営業最強フレーズ50

質問型営業本がシリーズ10万部のベストセラー。今回は日本での凱旋講演を前に、『3か月でトップセールスになる質問型営業最強フレーズ50』より、営業における誰も教えてくれなかったエッセンスを紹介していきます。今回は、プレゼンテーションに入る前の、大事なつかみについてです。…

Continue reading "なぜ、お客様は自分の話をするようになったのか? – 質問型営業最強フレーズ50"

マキヤ(9890)、買い物割引券の株主優待を変更!従来は2000円(税抜)の買い物で200円券を使えたが、今後は1000円(税込)で100円券が使えて利便性アップ – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

マキヤ(9890)が、株主優待を変更すると、2018年8月28日に発表した。この株主優待の変更は、は2018年9月末時点の株主から適用される。マキヤの株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、保有株式数に応じた枚数の『買い物券(200円分)』を贈呈」というものだった。変更後は、贈呈される「買い物券」が200円券⇒100円券に変更され、利用方法と配布基準の一部も変わる。(マキヤ、コード:9890、市場:JASDAQスダンダード)…

Continue reading "マキヤ(9890)、買い物割引券の株主優待を変更!従来は2000円(税抜)の買い物で200円券を使えたが、今後は1000円(税込)で100円券が使えて利便性アップ – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

「ブリッジインターナショナル」のIPO情報まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のインサイドセールス企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想

ブリッジインターナショナルのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!…

Continue reading "「ブリッジインターナショナル」のIPO情報まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のインサイドセールス企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想"

中古マンションの査定価格はどう求めればいい?国交省も認める「価格査定マニュアル」の計算方法を分かりやすく解説! – マンションを高く売る方法

中古マンションの売却を考える場合、まず不動産仲介会社に物件の「価格査定」を依頼するのが一般的だ。その際に活用される有力な査定方法として、「中古マンション価格査定マニュアル」がある。国土交通省がお墨付きを与えている査定方法であり、信頼性も高いと言われている。そこで、価格査定マニュアルの正しい計算方法を解説しよう。…

Continue reading "中古マンションの査定価格はどう求めればいい?国交省も認める「価格査定マニュアル」の計算方法を分かりやすく解説! – マンションを高く売る方法"

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は?2018年8/20~8/24までにSBI証券で買われた国内株式の買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング

【NISA口座】2018年8/20~8/24までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。SBI証券が発表している国内株式の「買付金額」と「保有残高」、投資信託の「買付金額」と「買付件数」のそれぞれのランキングをご紹介しよう!(毎週更新) …

Continue reading "【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は?2018年8/20~8/24までにSBI証券で買われた国内株式の買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング"

「ひふみ投信」が不調の理由を藤野英人さんに直撃!2018年後半以降は「休むも相場」で守りを固めて、「5G」や「人手不足」関連に投資するのがおすすめ! – 最新記事

「ひふみ投信」のファンドマネージャー・藤野英人さんが語る、2018年後半の株式市場で勝つための投資戦略とは?発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「今後の株式市場で勝つための投資戦略」について、「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人さんへのインタビュー記事を…

Continue reading "「ひふみ投信」が不調の理由を藤野英人さんに直撃!2018年後半以降は「休むも相場」で守りを固めて、「5G」や「人手不足」関連に投資するのがおすすめ! – 最新記事"

脳科学者・茂木健一郎氏「ビジネスマンはアウェーに飛び込め」 – ニュース3面鏡

一般的に「アウェー」というのは自分にとって不利な環境のことで、決して望ましいものではない。しかし、これからの時代は自ら「アウェー」に飛び込んでいくことが成長の鍵になるという。「アウェー体験」の重要性を、脳科学者の茂木健一郎氏に聞いた。…

Continue reading "脳科学者・茂木健一郎氏「ビジネスマンはアウェーに飛び込め」 – ニュース3面鏡"

金持ちよりも普通の家がハマる相続の泥沼、絶対にNGな行動とは? – ニュース3面鏡

親が亡くなって直面する「相続」は、お金持ちだけの問題ではない。むしろごく普通の家庭のほうが、相続でモメて関係が悪くなってしまうのだとか。どうしてこじれてしまうのか?円満解決するコツとは? 日本一相続を見てきた税理士が『やってはいけない「実家」の相続』を解説する。…

Continue reading "金持ちよりも普通の家がハマる相続の泥沼、絶対にNGな行動とは? – ニュース3面鏡"

日銀政策修正は政権と命運をともにする「終わりなき緩和」宣言だ – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

日銀の政策修正は国債市場などの機能低下に対応したものとされるが、むしろ「2%物価目標」達成が見通せなくても、安倍政権のもとでは異次元緩和を続けることを「宣言」したものと見たほうがいい。…

Continue reading "日銀政策修正は政権と命運をともにする「終わりなき緩和」宣言だ – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

日本が学ぶべき、介護費用を抑制するオランダとドイツの仕組み – 医療・介護 大転換

高齢者の急増に費用が追い付かないため介護保険制度の介護サービスが縮減されつつある。同じく、高齢化に伴う財源難に悩まされ、介護保険を日本より早く制度化したオランダとドイツでは、独自の総費用抑制策に取り組んでいる。…

Continue reading "日本が学ぶべき、介護費用を抑制するオランダとドイツの仕組み – 医療・介護 大転換"

「仮面浪人生」激増中!私大が入学定員数を厳格化した余波で – inside Enterprise

「卒業生からの再受験の相談が後を絶たない。仮面浪人が急増している」(東京都内の高校関係者)今、多くの大学、高校関係者が頭を抱えている。私立大学の入試難化に伴って人気のある有名大学の合格実績が低迷し、本命の大学に合格できなかった学生が急増しているためだ。…

Continue reading "「仮面浪人生」激増中!私大が入学定員数を厳格化した余波で – inside Enterprise"

飲料業界を襲う不安、ペットボトルごみ問題がにわかに浮上 – inside Enterprise

この需要期を無事に越せるか──。今、飲料業界は不安に襲われている。というのも、飲料の容器としてもはや欠かすことのできないペットボトルのごみ問題がにわかに浮上しているからだ。発端は、中国が昨年末に行った廃プラスチックの輸入禁止にある。…

Continue reading "飲料業界を襲う不安、ペットボトルごみ問題がにわかに浮上 – inside Enterprise"

リアップ後発品ようやく発売、大正製薬独占20年の牙城崩れる – inside Enterprise

製薬中堅である大正製薬の発毛剤「リアップ」(第1類医薬品)の後発品(ジェネリック医薬品)がついに登場した。発売延期の苦節を乗り越え、男性用シャンプー大手アンファーが8月8日、初の後発品「スカルプD メディカルミノキ5」(同)を発売したのである。…

Continue reading "リアップ後発品ようやく発売、大正製薬独占20年の牙城崩れる – inside Enterprise"

高齢者が金融機関のカモにされずに資産を守る方法 – 山崎元のマルチスコープ

そこそこの金融資産があり、その資産の扱い方に困っている後期高齢者の方々は多いのではないか。証券会社やセールスマンなどからカモにされないよう気をつけるべき点を山崎元氏がアドバイスする。…

Continue reading "高齢者が金融機関のカモにされずに資産を守る方法 – 山崎元のマルチスコープ"