「ロジザード」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の在庫管理支援・クラウドサービス企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想

ロジザードのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!…

Continue reading "「ロジザード」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の在庫管理支援・クラウドサービス企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想"

なかなか理解しもらうのには時間がかかるのはブルーオーシャンの証拠か

ビッグデータの仕事をやっていると根本部分からほとんど理解してもらえないことが普通にある。さらにSNSの話を絡め …

“なかなか理解しもらうのには時間がかかるのはブルーオーシャンの証拠か” の続きを読む

Continue reading "なかなか理解しもらうのには時間がかかるのはブルーオーシャンの証拠か"

株価「10倍株」を発掘する方法を、スゴ腕のファンドマネジャーが伝授! 注目するのは、経営者が業績や将来展望について、株主との約束を守れるかどうか! – 最新記事

スゴ腕ファンドマネージャーが、「10倍株の見つけ方」を徹底討論! 発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では「これから10倍になる株」を大特集! 未来の10倍株を探し当てるのは簡単なことではないが、「ニトリ」や「ファーストリテイリング」など、身近にも株価10倍を達成した株はある。そこで特集では、上場直後の若い株やまだ脚光を浴びていない優良成長株を公開している。今回はその中から、10倍株を見抜く観察眼に優れた、2人のスゴ腕ファンドマネージャーによる「10倍株の見つけ方」会議を抜粋。プロの考え方から、10倍株…

Continue reading "株価「10倍株」を発掘する方法を、スゴ腕のファンドマネジャーが伝授! 注目するのは、経営者が業績や将来展望について、株主との約束を守れるかどうか! – 最新記事"

【宮崎県都城市】ふるさと納税の返礼品ランキング!「ふるさと納税」の受入額が全国1位の都城市で、もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! – ふるさと納税おすすめ特産品情報

「宮崎県都城市」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「都城市」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!…

Continue reading "【宮崎県都城市】ふるさと納税の返礼品ランキング!「ふるさと納税」の受入額が全国1位の都城市で、もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! – ふるさと納税おすすめ特産品情報"

日本最大級VRゲーム施設を生んだ「ゲーセン衰退」の危機感 – ものつくるひと

東京・新宿の歌舞伎町にある新宿ミラノ座の跡地に、ひときわ目立つ青い建物がある。バンダイナムコアミューズメントが運営するVR(バーチャルリアリティー)専用のゲーム施設、「VR ZONE SHINJUKU」だ。1100坪もあるVR専用施設としては日本最大級だ。…

Continue reading "日本最大級VRゲーム施設を生んだ「ゲーセン衰退」の危機感 – ものつくるひと"

中央銀行の市場介入を「支持する日本、嫌う米国」それぞれの事情 – 金融市場異論百出

日本銀行の株価指数連動型上場投資信託(ETF)保有額は、5月20日現在で19.7兆円に達した。黒田東彦総裁就任前は1.5兆円だったので、13倍に膨張している。現在、金融緩和策の一環として、株価操作を意図してETFか株式を市場から購入し続けている中央銀行は、世界を見渡しても他にない。…

Continue reading "中央銀行の市場介入を「支持する日本、嫌う米国」それぞれの事情 – 金融市場異論百出"

イタリア政治危機、再選挙後の想定シナリオ – ロイター発 World&Business

イタリア暫定首相に指名されたカルロ・コッタレッリ氏が暫定内閣の組閣でさえ主要政党の支持を取り付けられない中、早ければ7月29日にも再選挙が実施される可能性が出てきた。

Continue reading "イタリア政治危機、再選挙後の想定シナリオ – ロイター発 World&Business"

北朝鮮のキーマンが訪米、金英哲氏とはいかなる人物か – ロイター発 World&Business

北朝鮮・朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長がニューヨークを訪問し、ポンペオ米国務長官と会談することが明らかになった。北朝鮮の要人が訪米するのは18年ぶり。…

Continue reading "北朝鮮のキーマンが訪米、金英哲氏とはいかなる人物か – ロイター発 World&Business"

たばこが原因の「3大疾患」、平均余命10年短縮や手足切断も – News&Analysis

5月31日は「世界禁煙デー」。近年、喫煙による健康への被害が立証されるとともに喫煙者は減少しつつあるが、それでも喫煙をやめられない人は少なくない。では、喫煙を止めないことは、体にどれほど重大な疾患をもたらす可能性があるのか。…

Continue reading "たばこが原因の「3大疾患」、平均余命10年短縮や手足切断も – News&Analysis"

仮想通貨の資金消失をもたらした「51%攻撃」とは何か – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る

ビットコインゴールドやモナコインといった仮想通貨の資金流失や不正流出が相次いでいる。「51%攻撃」というブロックチェーンそのものが狙われた新しいタイプの攻撃だ。ビットコインでも起こるのだろうか。…

Continue reading "仮想通貨の資金消失をもたらした「51%攻撃」とは何か – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る"

消費増税は「ネット債務残高」で考えればやる必要がない – 高橋洋一の俗論を撃つ!

2019年10月の消費増税のため19・20年度の当初予算で景気対策が盛り込まれるという。だがその必要はなく「正解」は増税を延期すればいいのだ。財政再建の誤った考え方が無用の混乱を起こしかねない。…

Continue reading "消費増税は「ネット債務残高」で考えればやる必要がない – 高橋洋一の俗論を撃つ!"

加熱式たばこの急激な普及が生む「新たなリスク」 – News&Analysis

5月31日は「世界禁煙デー」。「望まない受動喫煙」対策を巡るゴタゴタを見ても完全屋内禁煙への道のりは遠い。最近は「加熱式たばこ」や「電子たばこ」のシェアが急増し、新たなリスクになりつつある。…

Continue reading "加熱式たばこの急激な普及が生む「新たなリスク」 – News&Analysis"

電話は若手が取れ…4つの「昭和的価値観」が働き方改革を阻む – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

最近、最も注目を集めるキーワードの1つが「働き方改革」です。このテーマは「改革にはこのITツールが必要」など、営業に使われがちですが、それでは改革はできません。最も大切なのは社員の「昭和的価値観」を変えることだと思っています。…

Continue reading "電話は若手が取れ…4つの「昭和的価値観」が働き方改革を阻む – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

日大「内田・井上コンビ」にソックリな人物は日本中の会社にいる – 情報戦の裏側

連日、ワイドショーで叩かれまくっている日大の内田前監督と井上前コーチ。しかし、この問題は、2人の悪者に全責任をおっかぶせれば済むほど簡単な話ではない。日本中の会社には「内田・井上コンビ」にソックリな人物がわんさかいるはず。それはかつて、山本七平も指摘した「日本人の暴力志向」が根底にあるからだ。…

Continue reading "日大「内田・井上コンビ」にソックリな人物は日本中の会社にいる – 情報戦の裏側"

東北化学薬品、株主優待の拡充で、優待利回り2倍に!株式併合と単元株数の変更に伴う見直しに加えて、従来の半分の投資額で株主優待品がもらえることに! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

東北化学薬品(7446)が、株主優待の配布基準を変更すると2018年5月21日に発表した。この株主優待の変更は、2018年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。東北化学薬品の株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「1000株以上の株主に、3000円相当の自社取り扱い製品(生花)を贈呈」というものだった。今後は、2018年4月1日を効力発生日として、単元株変更(1000株⇒100株)と株式併合(5株⇒1株)を実施したことに伴い、株主優待の配布基準が…

Continue reading "東北化学薬品、株主優待の拡充で、優待利回り2倍に!株式併合と単元株数の変更に伴う見直しに加えて、従来の半分の投資額で株主優待品がもらえることに! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

ファルテック(7215)、株主優待の「QUOカード」の額面が半額に! 従来は3月末に100株で2000円分がもらえたが、今期から1000円分に減額で利回り半減! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

ファルテック(7215)が株主優待の内容を改悪することを、2018年5月24日に発表した。 この株主優待の改悪は、2019年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ファルテックの株主優待は、毎年3月末の株主を対象に実施されており、従来の内容は「毎年3月末時点で100株以上保有する株主に、QUOカード2000円分を贈呈」というものだった。今後は「毎年3月末時点で100株以上保有する株主に、QUOカード1000円分を贈呈」と変更される。(ファルテック、コード:7215、市場:東…

Continue reading "ファルテック(7215)、株主優待の「QUOカード」の額面が半額に! 従来は3月末に100株で2000円分がもらえたが、今期から1000円分に減額で利回り半減! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

“フェイスブック・ショック”は絶好の買い場だった!?世界最大のSNS「フェイスブック」の業績や成長力を米国株投資のプロが改めて分析した投資診断を公開! – 最新記事

米国株「フェイスブック(FB)」を投資のプロが診断! 世界ナンバーワンのSNSを展開する「フェイスブック」の事業内容や、成長性を分析する!世界経済と株価を牽引してきた米国IT株が、いわゆる「フェイスブック・ショック」など、2~3月に起きた2つのショックによって急落した。しかし、株価に過熱感がない今こそ、業績好調が続く米国IT株に投資するチャンスだ! そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では、特集「2つのショックを乗り越えた! 今こそ米国IT株の買い時だ!」で、主要なIT株をプロに診断してもらって…

Continue reading "“フェイスブック・ショック”は絶好の買い場だった!?世界最大のSNS「フェイスブック」の業績や成長力を米国株投資のプロが改めて分析した投資診断を公開! – 最新記事"

AI革命は「学歴社会」を崩壊させ、東大卒でも淘汰される時代が来る – 7つの知性を磨く田坂塾

急速に進化する人工知能は、ついに人間の勘まで代替するようになってきた。人工知能が普及し、本格的に活用されるようになると、学歴社会は崩壊し、東大卒の人材でも淘汰される時代がやってくる。…

Continue reading "AI革命は「学歴社会」を崩壊させ、東大卒でも淘汰される時代が来る – 7つの知性を磨く田坂塾"

「日傘男子」に違和感ありますか? – あなたをモヤモヤさせるB級新常識

最近では、男性でも紫外線対策をすることが当たり前になりつつある。日傘をさす男性も増えていて、「日傘男子」という言葉もあるそうだ。男性用の日傘も販売されており、日差しが強い季節のアイテムとして推進されている。…

Continue reading "「日傘男子」に違和感ありますか? – あなたをモヤモヤさせるB級新常識"

物価上昇率1%前後なら追加緩和せず「我慢」すべき理由 – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

消費者物価上昇率が1%前後で安定してきた。これは今の経済のもとで多くのエコノミストが予想するインフレ率と同じだ。日銀は追加緩和で動くのではなく、むしろ「2%目標」の修正を考える時期だ。…

Continue reading "物価上昇率1%前後なら追加緩和せず「我慢」すべき理由 – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

介護ケアプランの自己作成はワガママ?ケアマネ協会に抗議の声 – 医療・介護 大転換

ケアプランとは、どの事業所から何の介護サービスをいつ受けるかを記した文書。そのケアプランの作成を巡って、議論が起きている。問題の発端は、財務省がケアマネジャーによるケアプラン作成に対し、利用者の自己負担を求めるという提案にあった。…

Continue reading "介護ケアプランの自己作成はワガママ?ケアマネ協会に抗議の声 – 医療・介護 大転換"

カナダ旅行で実感、日本でキャッシュレス化が進まない理由 – 老後のお金クライシス! 深田晶恵

ゴールデンウィークを利用してバンクーバー旅行へ行った。「カナダの電子マネー決済の実態」と「海外でのおトクなお金の支払い方」についてお伝えする。

Continue reading "カナダ旅行で実感、日本でキャッシュレス化が進まない理由 – 老後のお金クライシス! 深田晶恵"

「完全禁煙」飲食店の検索サイトを医療関係者らが始めた理由 – News&Analysis

受動喫煙対策について、飲食店への規制は「客席100平方メートル以下では喫煙を認める」と閣議決定された。そんな中、医療関係の研究者グループがグルメサイトで完全禁煙の飲食店を後押しする取り組みをしている。…

Continue reading "「完全禁煙」飲食店の検索サイトを医療関係者らが始めた理由 – News&Analysis"

森友問題、大幅値引きも公文書改ざんも「不起訴」の可能性 – DOL特別レポート

森友問題の検察捜査は「国民の期待」と「立件のハードル」のギャップの中で難しい判断を迫られそうだ。「不起訴」の可能性も言われるが、やり場のない怒りが政治に改めて向かう可能性がある。…

Continue reading "森友問題、大幅値引きも公文書改ざんも「不起訴」の可能性 – DOL特別レポート"

米朝首脳会談の行方は「猪木vsアリ戦」を思い出すと予想がつく – 山崎元のマルチスコープ

トランプ大統領が書簡で中止の意向を示した米朝首脳会談。その後、両国は会談実施の可能性を探っているだが、一連の動きは、今から約40年前に「世紀の大一番」と言われたプロレスの「猪木・アリ戦」を彷彿とさせる。…

Continue reading "米朝首脳会談の行方は「猪木vsアリ戦」を思い出すと予想がつく – 山崎元のマルチスコープ"

「あさイチ」vs「スッキリ」朝の情報番組バトルの行方 – News&Analysis

4月はテレビ番組の改編時期。中でも、今年はNHKの朝の情報番組「あさイチ」のメインMCが交代、視聴者の動向が注目された。果たしてどの局が勝ったのか。「朝の情報番組バトル」の結果やいかに!…

Continue reading "「あさイチ」vs「スッキリ」朝の情報番組バトルの行方 – News&Analysis"

ネスレが無料食事診断サービス、「健康」分野で抱く野望 – inside Enterprise

ネスレ日本は28日、栄養素入りの抹茶カプセルの定期購入サービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」で、メッセージングアプリのLINEを通じ、食事写真の解析と栄養アドバイスを行う新たなサービスを発表した。…

Continue reading "ネスレが無料食事診断サービス、「健康」分野で抱く野望 – inside Enterprise"

マンダムが脱大阪、社員の1割を東京へ大移動させる理由 – inside Enterprise

「マンダムはん。あんたも脱大阪かいな」。男性化粧品最大手のマンダムに関西財界からツッコミが入っている。1927年設立で大阪に本社を置くマンダムは売上高で8期連続、営業利益で2期連続の過去最高を更新中。大阪の優等生が5月中旬、“プチ脱大阪”を果たした。…

Continue reading "マンダムが脱大阪、社員の1割を東京へ大移動させる理由 – inside Enterprise"

南シナ海人工島に中国の「街」、軍事拠点化へ整備着々 – ロイター発 World&Business

南シナ海で領有権争いが白熱しているスプラトリー(中国名・南沙)諸島のスービ(渚碧)礁上では中国の建造ブームが続く。専門家は近い将来、ここが東南アジア海域の中心に駐留する初の中国軍部隊の拠点になる可能性があるという。…

Continue reading "南シナ海人工島に中国の「街」、軍事拠点化へ整備着々 – ロイター発 World&Business"

イタリア再選挙、ユーロの是非問う事実上の国民投票に – ロイター発 World&Business

イタリアで前週末、ユーロ懐疑派の連立政権樹立の試みがついえ去ったことで、単一通貨ユーロは窮地を脱したかに見えた。しかし同国の政治情勢を見ると、実はこれからユーロが集中砲火を浴びる場面が始まろうとしているようだ。…

Continue reading "イタリア再選挙、ユーロの是非問う事実上の国民投票に – ロイター発 World&Business"

東京タクシー業界に変化、五輪控えた「おもてなし」 – ロイター発 World&Business

東京のタクシー業界に、大きな変化が起きている。すでに過去最高レベルの外国人旅行客が押し寄せている日本では、2020年までに2つの大きなスポーツの祭典をホストする準備が進んでいるからだ。…

Continue reading "東京タクシー業界に変化、五輪控えた「おもてなし」 – ロイター発 World&Business"

NAFTA再交渉、米要求は協議阻害するポイズンピル – ロイター発 World&Business

トランプ米大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を年内に決着させる約束をしているが、期限が迫っている。関係者によると、米政権自体がこの危機的状態を作り出した部分が大きいという。…

Continue reading "NAFTA再交渉、米要求は協議阻害するポイズンピル – ロイター発 World&Business"

メルカリIPOに今からでも間に合う証券会社はココ!最短で口座開設申し込みの翌日には取引可能になる大和証券や野村證券、SBI証券でIPOに申し込もう! – IPO株の攻略&裏ワザ情報!

メルカリのIPO(新規上場)の申し込みが今からでも間に合う証券会社と申込時の注意点、入金のタイミングなどを詳しく解説! 2018年最大規模のIPOとして注目を集めるメルカリだが、来週6月4日(月)から、いよいよブックビルディング(抽選申し込み)がスタートする。特に、メルカリのIPO株の当選確率を上げるために、新たに証券会社の口座をつくろうと考えている人は、口座開設に必要な日数を考えて早めに申し込み手続きをしなければならない。そこで今回は、メルカリのIPOのブックビルディング申し込み期限から、証券会社…

Continue reading "メルカリIPOに今からでも間に合う証券会社はココ!最短で口座開設申し込みの翌日には取引可能になる大和証券や野村證券、SBI証券でIPOに申し込もう! – IPO株の攻略&裏ワザ情報!"

トレンドリテラシーがこれから大きな問題

トレンドリテラシーがここんところ大きな問題になっている。スマホを使うことぐらいはできるがその利用レベルはいつも …

“トレンドリテラシーがこれから大きな問題” の続きを読む

Continue reading "トレンドリテラシーがこれから大きな問題"

「MTG」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の美容・健康機器関連企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想

MTGのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!…

Continue reading "「MTG」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の美容・健康機器関連企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想"

米朝首脳会談の混乱などにより、日経平均の上昇がストップ! 当面は25日・75日の両移動平均線が日経平均のレンジだが、下に抜けて暴落する可能性も – 成り上がり投資術

日経平均株価は、5月21日の2万3050.39円でいったんピークアウトしました。主因は外部環境の悪化です。具体的には、米朝首脳会談の開催が流動的になったこと、イタリアの政治リスクが高まったことです。一方、ユーロ圏で第3位の経済規模を持つイタリアでは、マッタレッラ大統領が5月28日にIMF元高官のカルロ・コッタレッリ氏へ組閣を委任したことを、議会第1党のポピュリズム政党「五つ星運動」のディ・マイオ氏がと強く非難しているそうです。これを受け、5月28日の海外外国為替市場では1ユーロ=126円台後半と、お…

Continue reading "米朝首脳会談の混乱などにより、日経平均の上昇がストップ! 当面は25日・75日の両移動平均線が日経平均のレンジだが、下に抜けて暴落する可能性も – 成り上がり投資術"

確かに、今面白いところは東京の東側だ。新規の開発意外に古い町がよみがえりつつある。TOKYO大変身 都の重心「東へ東へ」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31069860Y8A520C1EA …

“確かに、今面白いところは東京の東側だ。新規の開発意外に古い町がよみがえりつつある。TOKYO大変身 都の重心「東へ東へ」” の続きを読む

Continue reading "確かに、今面白いところは東京の東側だ。新規の開発意外に古い町がよみがえりつつある。TOKYO大変身 都の重心「東へ東へ」"

フェイスブック(FB)やアマゾン(AMZN)など、"米国株のIT関連銘柄"は、株価急落も業績は好調!大統領選前後に買えば、再び最高値更新の期待も! – 最新記事

米国のIT株は、2018年に入ってから「フェイスブック」と「アマゾン」に問題が発生して、二度の株価急落に襲われた。はたして、2018~2019年の米国IT株はどうなるのか、今後の展望を米国経済のプロが解説!世界経済と株価を牽引してきた米国IT株が、いわゆる「フェイスブック・ショック」など、2つのショックによって急落した。しかし、株価に過熱感がない今こそ、業績好調が続く、米国IT株に投資するチャンスだ! そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では、特集「2つのショックを乗り越えた! 今こそ米国IT株…

Continue reading "フェイスブック(FB)やアマゾン(AMZN)など、"米国株のIT関連銘柄"は、株価急落も業績は好調!大統領選前後に買えば、再び最高値更新の期待も! – 最新記事"

不動産を売るなら、専任媒介と一般媒介のどちらを選ぶべきか、現場を知るプロが解説! 「速さ重視」なら一般、「高値重視」なら専任を – 不動産売却の注意点

不動産を売却する際、専任媒介と一般媒介のどちらが適しているのか。売り主の事情や物件の特性にあった媒介契約のセオリーを元営業マンが解説する。相場並み又は相場よりも安くなってもいいから、早く売りたい人は「一般媒介契約」を!時間がかかってもいいから、相場より高く売りたい方は「専任媒介契約」を!が原則だが、それぞれの契約形態の長所短所を具体例で示す。…

Continue reading "不動産を売るなら、専任媒介と一般媒介のどちらを選ぶべきか、現場を知るプロが解説! 「速さ重視」なら一般、「高値重視」なら専任を – 不動産売却の注意点"

【千葉県勝浦市】ふるさと納税の返礼品ランキング!「ふるさと納税」の受入額が全国11位の勝浦市で、もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! – ふるさと納税おすすめ特産品情報

「千葉県勝浦市」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「勝浦市」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!…

Continue reading "【千葉県勝浦市】ふるさと納税の返礼品ランキング!「ふるさと納税」の受入額が全国11位の勝浦市で、もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! – ふるさと納税おすすめ特産品情報"

SNSの事件事故投稿を解析し速報、報道130社が採用「AI記者」の実力 – inside Enterprise

デビューからわずか2年で、報道機関が軒並み導入を決めたAI(人工知能)を活用したサービスがある。SNS上に投稿された災害や事件などの情報を収集して配信する、ベンチャー企業のスペクティが開発したニュース配信サービスだ。…

Continue reading "SNSの事件事故投稿を解析し速報、報道130社が採用「AI記者」の実力 – inside Enterprise"

反発の兆し見えないトルコリラ、中銀の対応に注目 – ロイター発 World&Business

トルコリラは今年初め以降、対ドルで既に20%下落している。しかし金融市場の各種指標からすると、国内政治情勢や膨大な赤字、2桁の物価上昇率などに悩まされているリラはさらなる値下がりが見込まれる。…

Continue reading "反発の兆し見えないトルコリラ、中銀の対応に注目 – ロイター発 World&Business"

スマート口座で300万人の顧客獲得、収益効果100億円=りそな社長 – ロイター発 World&Business

りそなホールディングスの東和浩社長は、ロイターとのインタビューで、2月に導入した、スマートフォンを利用した口座サービスにより2022年度までに新規のリテール顧客を300万人獲得し、収益効果として100億円の上積みを図りたいと語った。…

Continue reading "スマート口座で300万人の顧客獲得、収益効果100億円=りそな社長 – ロイター発 World&Business"

日大アメフト事件、「リーダーの責任感」が希薄なのは企業も同じだ – トンデモ人事部が会社を壊す

日大のアメフト選手が悪質タックルをした傷害行為は、明示的な指示の有無にかかわらず、管理者責任の認識欠如が問題だ。選手に責任転嫁している同大学人事担当常務理事でもある内田前監督に、組織リーダーとしての資格はない。…

Continue reading "日大アメフト事件、「リーダーの責任感」が希薄なのは企業も同じだ – トンデモ人事部が会社を壊す"

「夏のボーナスはパンダの置物です」社長、そんなのアリですか? – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

雑貨の企画・販売を手がけていた社長は、毎年の利益を確保するために2年前から100円ショップにも販路を広げていた。さらに売り上げを伸ばそうと、社長がパンダの置物を企画・販売したところ、不評で多額の損害を出してしまう。そのためボーナスが払えなくなる事態に。社長は賞与分をパンダの置物で代用しようとするのだが…。…

Continue reading "「夏のボーナスはパンダの置物です」社長、そんなのアリですか? – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美"

「夏のボーナスはパンダの置物です」社長、そんなのアリですか? – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

雑貨の企画・販売を手がけていた社長は、毎年の利益を確保するために2年前から100円ショップにも販路を広げていた。さらに売り上げを伸ばそうと、社長がパンダの置物を企画・販売したところ、不評で多額の損害を出してしまう。そのためボーナスが払えなくなる事態に。社長は賞与分をパンダの置物で代用しようとするのだが…。…

Continue reading "「夏のボーナスはパンダの置物です」社長、そんなのアリですか? – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美"