田岡化学工業

経営理念

田岡化学は、化学技術を基盤として時代が求める新たな価値を創造し、最適を追求した化学製品を社会に供給することで、快適で豊かな暮らしの実現と社会の持続的な発展に貢献します。

 

「田岡化学工業」とは、どんな企業?

田岡化学工業株式会社は、大阪市淀川区に本社を置く、住化グループの化学メーカー。染料、接着剤から医・農薬中間体など精密化学分野へ。インド、シンガポールにも

Continue reading "田岡化学工業"

ガソリン決済「スピードパス」廃止!?の裏に“大人の事情” – inside Enterprise

業界トップというプライドが、合理的な判断を阻む結果につながったのだろうか。石油元売り業界首位のJXTGホールディングス(HD)は、セルフガソリンスタンド(GS)の新ブランド「エネジェット」を発表。その新しい決済ツールとして「エネキー」を2019年7月から展開することを決めた。…

Continue reading "ガソリン決済「スピードパス」廃止!?の裏に“大人の事情” – inside Enterprise"

ビットコイン、「不安定すぎる通貨」を巡る心理ゲームの危うさ – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

ビットコインが流出した事件が世間を騒がせている。紙切れや金属でできた通貨に価値を与える「信用」とは、皆が「その通貨に価値がある」と思い込むことに他ならない。仮想通貨は「通貨」と名前がついているものの、既存の通貨よりも信用が弱く、その売買はさながら心理ゲームの様相を呈している。…

Continue reading "ビットコイン、「不安定すぎる通貨」を巡る心理ゲームの危うさ – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹"

美味しいもの大好き、飲食店店主の「反省しない」ダイエット術 – 仕事脳で考える食生活改善

ダイエットの計画が上手くいかないと、「反省」したり「自己嫌悪」に陥って、かえってストレスが溜まり、食べ過ぎの悪循環につながりやすいもの。今回は、「美味しいものが大好き」で食の探求をする中で、痩せる習慣を身に着けたという飲食店経営者の食事術を取り上げます。…

Continue reading "美味しいもの大好き、飲食店店主の「反省しない」ダイエット術 – 仕事脳で考える食生活改善"

何故、デジタル化するのか?戦略なきIoT活用では競争に勝てない – IT insight

日本のものづくり企業のIoT活用の可能性について早くから言及し、「つながる工場」の実現に向け、産学連携組織「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ」の設立にも尽力した、法政大学教授の西岡靖之氏。昨今のIoT、AIブームを分析するともに、日本の製造業が目指すべきIoT活用と新たな課題などについて語った。…

Continue reading "何故、デジタル化するのか?戦略なきIoT活用では競争に勝てない – IT insight"

伊藤忠、社長交代でも岡藤会長がトップから降りない2つの理由 – inside Enterprise

「従来のビジネスモデルでは3~5年後には行き詰まる危機感がある。新しい頭で新しいビジネスモデルを考えてもらう」(岡藤正広社長)伊藤忠商事は1月18日、社長交代の人事を発表した。CEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)の肩書を新設し、今年4月に鈴木善久専務執行役員が社長COO、岡藤氏は会長CEOとなる。…

Continue reading "伊藤忠、社長交代でも岡藤会長がトップから降りない2つの理由 – inside Enterprise"

3メガ銀の人事「旧行意識より人物本位」はどれだけ本物か – Close-Up Enterprise

銀行同士の合併を繰り返して誕生した3メガバンクグループでは旧行意識が融和を妨げてきたが、それと決別したというトップ人事をみずほフィナンシャルグループが発表した。そこで、3メガにおける「旧行意識の今」を探った。…

Continue reading "3メガ銀の人事「旧行意識より人物本位」はどれだけ本物か – Close-Up Enterprise"

ビジネスホテルのサービスが過熱!朝・夕2食付きや10%還元も – News&Analysis

相変わらずインバウンド需要は堅調だ。一時、インバウンド需要のあおりを受けてビジネスホテルの宿泊料金が高騰し、出張族を直撃したが、今はどうなっているのだろうか。消費経済ジャーナリストの松崎のり子氏が解説する。…

Continue reading "ビジネスホテルのサービスが過熱!朝・夕2食付きや10%還元も – News&Analysis"

前巨人・村田選手に学ぶ、自分が優位に立てる組織で働くべき理由 – 30代から始めるモテるキャリアの磨き方 野田稔

自分の評価と周りの評価、あるいは組織の評価とのギャップに悩むビジネスパーソンは少なくありません。これはスポーツの世界でも同じ。そこで今回は、昨年、巨人を自由契約となり、所属が未だに決まっていない村田選手の事例を取り上げ、組織の事情についてお伝えします。…

Continue reading "前巨人・村田選手に学ぶ、自分が優位に立てる組織で働くべき理由 – 30代から始めるモテるキャリアの磨き方 野田稔"

心理学とVRの融合が生む、「行動誘発」の驚くべき威力 – IT insight

前編では、バーチャルリアリティ(VR)の価値は「いかに本物を超えるフェイクを実現するか」だと語った東京大学大学院情報理工学系研究科の廣瀬通孝教授。しかも本物を超えるための重要な観点が「時間軸のコントロール」と言うが、もう一つ教授の中では重要なポイントがある。それが心理学との融合であり「行動誘発」の研究だ。これまでに関わりのなかった分野との連携で続々と生まれる実用化の新領域。後編では最新のVR活用プロジェクトを明らかにする。…

Continue reading "心理学とVRの融合が生む、「行動誘発」の驚くべき威力 – IT insight"

「本物を超えるフェイク」でなければ意味がない – IT insight

Sonyのゲーム機「PlayStation VR」の登場などで、一般の消費者にもバーチャルリアリティ(VR)の世界が身近になってきた。若い世代では初めてVRの世界を体験する人も多く、2016年は「VR元年」と称された。しかし専門家に言わせれば、VRは現在“二巡目のブーム”だという。前後編の2回にわたり、VR研究の第一人者である東京大学大学院情報理工学系研究科 廣瀬通孝教授に話を聞いた。前編では、まずは現在に至るVR技術の発展・実用化の歴史、そしてVR活用のポイントを探る。…

Continue reading "「本物を超えるフェイク」でなければ意味がない – IT insight"

働きがいのある企業ランキング!老舗企業が大躍進【全50社完全版】 – クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が、「働きがいのある企業ランキング2018」を発表。3位はP&G、2位はサントリーホールディングス、1位は?

Continue reading "働きがいのある企業ランキング!老舗企業が大躍進【全50社完全版】 – クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ"

働きがいのある企業ランキング!3位P&G、2位サントリ―、1位は? – クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が、「働きがいのある企業ランキング2018」を発表。3位はP&G、2位はサントリーホールディングス、1位は?

Continue reading "働きがいのある企業ランキング!3位P&G、2位サントリ―、1位は? – クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ"

ゴルゴ13に学ぶ!ビジネスのプロになるための13のノウハウ(上) – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

『ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は超一流のスナイパー「ゴルゴ13」の活躍を描く、さいとう・たかをの作品。小学館「ビッグコミック」で1968年より、現在にいたるまで連載中(コミックス既刊187巻)だ。昨年は50周年の記念イベントなどもあった。全巻を繰り返し読んでいるのだが、私見では「ゴルゴ13」こそが、ビジネスのプロを目指す者にとって“最高の教科書”になる。 プロフェッショナルとはどういうことか、プロになるためには何をすべきか。一般社会やビジネスに役立つ13のノウハウを前・後編に分けてご紹介する。…

Continue reading "ゴルゴ13に学ぶ!ビジネスのプロになるための13のノウハウ(上) – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進"

天才が持つ「1%の閃き」を科学的に引き起こす方法 – イノベーション的発想を磨く

エジソンが発した「天才とは1%の閃きと99%の努力である」という有名な格言がある。確かに努力は必要だ。しかし、そもそも「1%の閃き」がなければ、いくら努力しても意味がないのではないか。では、この大切な「1%の閃き」を確実に起こす方法はあるのだろうか。…

Continue reading "天才が持つ「1%の閃き」を科学的に引き起こす方法 – イノベーション的発想を磨く"

「人手不足対応」「生産性向上」で総務にしかできないこと – なぜ、「戦略総務」か?

日本企業が直面している経営課題への対応に対して、自社成長のために総務が果たすべき役割としては、2018年はどこに重きをおくべきなのか。経営に資する総務、つまり「経営総務」として、業績貢献のために、どのようなテーマを主要課題として考えるべきなのか。…

Continue reading "「人手不足対応」「生産性向上」で総務にしかできないこと – なぜ、「戦略総務」か?"

テスラの苦しい台所事情、期待と現実の大きなギャップ – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫

米国の有名EVメーカーのテスラは量産型EV「モデル3」の生産が遅延しているほか、財務状態が悪化している。業界内では「このままでは、テスラはどこかに売却せざるを得なくなる」との見方も出てきている。…

Continue reading "テスラの苦しい台所事情、期待と現実の大きなギャップ – モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫"

デトロイトショーの凋落に見る米自動車産業の不透明感 – エコカー大戦争!

デトロイトモーターショーの地盤沈下が止まらない。近年「注目のショー」という観点では、前週にラスベガスで開催されるCESにお株を奪われている。そして迎えた今年のデトロイトモーターショーの凋落ぶりには心底驚いた。…

Continue reading "デトロイトショーの凋落に見る米自動車産業の不透明感 – エコカー大戦争!"

銀座に「田んぼ」を作った男が描く農産物直売所の未来 – ものつくるひと

「最初は東京・銀座の一画にイチゴ農園を造ろうと考えていた」銀座農園社長の飯村一樹はそう切り出すと、銀座の街角にイチゴ畑が描かれている一枚の絵を取り出した。自らの構想を描いたスケッチだ。「新鮮なイチゴの苗木を運ぶコストが見合わないため諦めた。水田ならできると考え、妻と2人で始めた」(飯村)。ただ、手持ち資金だけでは実現できない。そこで、100人の農家から2万5000円ずつ、計250万円を募る資金調達を計画した。…

Continue reading "銀座に「田んぼ」を作った男が描く農産物直売所の未来 – ものつくるひと"

【日揮】前期赤字の主因は「タガの緩み」 出戻り社長が描く躍進計画 – 財務で会社を読む

受注したプロジェクトのトラブルにより、2016年度決算が19年ぶりの赤字に転落した日揮。日揮OBの石塚忠氏を社長に据えた異例の緊急体制で、ゼロからの出直しを図る。

Continue reading "【日揮】前期赤字の主因は「タガの緩み」 出戻り社長が描く躍進計画 – 財務で会社を読む"

日本は韓国を笑えない!「五輪ファシズム」の仕掛人はマスコミだ – 情報戦の裏側

韓国で文在寅大統領肝いりのアイスホッケー「南北合同チーム」が物議をかもしているが、実は日本でも事情は似たり寄ったり。五輪をスポーツイベントではなく、「国威を見せつけるための政治イベント」として捉えている人が多いからだ。これは韓国や中国、旧ソ連圏などと同様に、日本人が今でも抱えている醜悪な考え方である。…

Continue reading "日本は韓国を笑えない!「五輪ファシズム」の仕掛人はマスコミだ – 情報戦の裏側"

採用面接官を前のめりにさせる「企業研究」「服装と態度」の秘訣 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

新卒や中途の採用試験で、どうやったら面接を突破できるのか、は受験者の最大の関心事になっていることと思います。今回は、プレゼンテーションの達人であり、採用担当者でもある筆者の視点から、「こうやればいいのではないか」という気づきを共有します。…

Continue reading "採用面接官を前のめりにさせる「企業研究」「服装と態度」の秘訣 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

トランプ大統領が知っておくべき「国家リーダーの品評会」ダボス会議の怖さ – 7つの知性を磨く田坂塾

1月23日からスイスのリゾート地、ダボスで始まった、世界経済フォーラムの年次総会、通称「ダボス会議」は、今年、トランプ大統領が出席するということで、世界のメディアの注目を集めている。…

Continue reading "トランプ大統領が知っておくべき「国家リーダーの品評会」ダボス会議の怖さ – 7つの知性を磨く田坂塾"

SNSに知人の写真を無断投稿するのはハラスメントか – あなたをモヤモヤさせるB級新常識

「フォトハラスメント」(フォトハラ)という言葉があるそうだ。SNSに無断で顔が写った写真が投稿されてしまい、不快な思いをすることを指す言葉だという。

Continue reading "SNSに知人の写真を無断投稿するのはハラスメントか – あなたをモヤモヤさせるB級新常識"

大陽日酸

企業理念

進取と共創。
ガスで未来を拓く。

 

スローガン

The Gas Professionals

産業ガスのプロ集団になる、
そして業界でNo.1のプロ、
第一人者であることを目指します。

 

「大陽日酸」とは、どんな企業?

大陽日酸株式会社は日本の産業ガスメーカー。エア・ウォーター、日本エア・リキードなどを含む日本の産業ガスメーカーの一つで、産業ガス事業では国内シェア第

Continue reading "大陽日酸"

日本の未来を担う教育現場の残念すぎるITリテラシー – 社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

AIだのフィンテックだのと、ますますハイテク化が進展する21世紀において、日本の教育現場がいかに絶望的か、ほとんど報道されることもない実情を今回はお伝えする。

Continue reading "日本の未来を担う教育現場の残念すぎるITリテラシー – 社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭"

能力が低い人は、自分の能力が低いことに気づく能力も低い – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

仕事ができず初歩的なミスの多い部下が、なぜか自信満々で、いくら注意やアドバイスをしてもなかなか本人の心に染み込んでいかない。つまり「デキない部下の方が自信たっぷりで、デキる部下の方がなぜか謙虚で不安が強い」――そう感じることはないだろうか。実は、そうした声は多くの職場で聞かれる。…

Continue reading "能力が低い人は、自分の能力が低いことに気づく能力も低い – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明"

LINE世代は気をつけたい、ビジネスを失速させるメールマナー – トンデモ人事部が会社を壊す

本文に宛名のないメールを受け取ることがたびたびある。差出人名が書いていないこともある。たかがメールの宛名と差出人名の問題だが、ビジネス現場のコミュニケーションには、悪い影響を与えるのではないだろうか。…

Continue reading "LINE世代は気をつけたい、ビジネスを失速させるメールマナー – トンデモ人事部が会社を壊す"

中小企業の働き方改革、自宅作業で効率2割増も「新人指導」が壁 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

働き方改革は仕事内容や従業員の生活環境によって効果を発揮する場合とそうでない場合があります。それだけでなく、コミュニケーションが取りずらくなるという弊害もありました。

Continue reading "中小企業の働き方改革、自宅作業で効率2割増も「新人指導」が壁 – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏"

「いい学生が採れない」と嘆く前に経営者がすべきこと – 小宮一慶の週末経営塾

2018年の経営課題として特に重要な「採用」をどう考えるか。日本は戦後2番目の景気拡大を続け、その中で有効求人倍率は1.56倍に達しています。中小企業経営者にとって、好景気の中での採用は深刻な悩みになっています。…

Continue reading "「いい学生が採れない」と嘆く前に経営者がすべきこと – 小宮一慶の週末経営塾"

2018年に注目すべきIT戦略テーマ – 経営のためのIT

ITRでは、国内IT市場における技術トレンドや需要動向を踏まえ、短中期的に企業が注目すべきIT戦略テーマと将来予測を「ITR注目トレンド」として公表している。2018年においては、「ビジネスの開発と遂行」「人材と組織の変革」「テクノロジーの高度活用」の分野で総12個の戦略テーマが提起された。ダイナミックに変化するビジネス環境とテクノロジーの趨勢を読み解いて、自社のIT戦略方針や投資計画を打ち立てる際の一助として活用されたい。…

Continue reading "2018年に注目すべきIT戦略テーマ – 経営のためのIT"

ニューグローバリゼーションに向けた組織構造変革 – グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

今回のテーマは組織モデルです。包括的で体系的な教科書的なまとめ方ではなく、これまでの自分の活きた経験を通して、特に、日本企業のグローバルな事業展開を目指すにあたり、組織論的観点からポイントとなる論点に絞ってお話をしたいと思います。それは、連邦制か単一企業体か、という論点です。…

Continue reading "ニューグローバリゼーションに向けた組織構造変革 – グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略"

イノベーション時代の個人キャリア戦略 – 三谷流構造的やわらか発想法

2013年に『経営戦略全史』を出版し、その後似たテーマでの執筆を考えていたときに浮かんだのは、企業ではなく、人生の戦略、Strategy of Life、というものでした。つまりは「キャリア戦略」です。…

Continue reading "イノベーション時代の個人キャリア戦略 – 三谷流構造的やわらか発想法"

「くまモン海外解禁」が地元企業激怒でも方針は正しい理由 – 情報戦の裏側

熊本県が「くまモン」の使用権を海外企業に解放したことを巡って、地元企業から大ブーイングが起きている。確かに地元企業にとっては大損失にも見えるが、これは「くまモン」がディズニーの「ミッキーマウス」のように、世界レベルの人気キャラクターになれるチャンスでもある。…

Continue reading "「くまモン海外解禁」が地元企業激怒でも方針は正しい理由 – 情報戦の裏側"

太平化学製品

企業理念

私たち太平化学製品は、独自技術を生かした、社会の求める製品の創生を通じて、豊かな未来社会に貢献します。

 

経営基本方針

多様化する事業環境に、柔軟かつ機敏に対応し、安定的で持続性のある事業展開を行う。
高度な製造・販売・技術開発により、高品質かつ差別化された製品を市場に提供する。
社員一人一人が能力を最大限発揮し、自ら考え自ら進んで行動できる人材を育成す

Continue reading "太平化学製品"

アマゾンでいくら売れても顧客情報は入ってこない――BtoC企業が悩むマーケティングの課題 – IT&ビジネス 業界ウォッチ

どの産業にも無関係ではないと言われている「デジタルトランスフォーメーション」の時代にあって、BtoBであれBtoCであれデジタルでのプレゼンスは不可欠だ。そこでAmazonや楽天を経由するのではなく、「顧客と直接つながる」ことが大切というのがSAP Hybrisの高山勇喜氏だ。デジタルコマース、デジタルマーケティング分野で何が起こっているのか、高山氏はじめSAP Hybrisの幹部に聞いた。…

Continue reading "アマゾンでいくら売れても顧客情報は入ってこない――BtoC企業が悩むマーケティングの課題 – IT&ビジネス 業界ウォッチ"

部下を飲み会に誘ったら残業代請求…世代間ギャップの解決法 – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

日本でもダイバーシティが叫ばれて久しいが、まだまだ日本人は「多様性」を認めず、頑なな価値観を持つ人が多い。「職場の飲み会を嫌がる若手を糾弾する上司」がいい例だが、一方で若手の側も「上司の誘いは断らない」という上司世代の価値観を認めようとしない人が比較的多いようだ。…

Continue reading "部下を飲み会に誘ったら残業代請求…世代間ギャップの解決法 – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹"

パーソナルトレーナーの筋肉作りは「食事の分析」から違う! – 仕事脳で考える食生活改善

食事指導が厳しいジムでの勤務経験から、体作りには筋肉トレーニングだけでなく食事も重要だと学んだと話すのはパーソナルトレーナーの安藤宏行(38)さん。
外食も楽しみつつ、日頃の食事をコントロールしながら痩せるコツを聞きました。…

Continue reading "パーソナルトレーナーの筋肉作りは「食事の分析」から違う! – 仕事脳で考える食生活改善"

元防衛省情報分析官に聞く、仕事に活かせる実践分析術 – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

防衛省の元情報分析官・上田篤盛氏に情報分析の最先端における、安保、北朝鮮、中国などの問題の捉え方を伺う対談の後編。インテリジェンスをビジネスに活かすための方法を聞いた。

Continue reading "元防衛省情報分析官に聞く、仕事に活かせる実践分析術 – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進"

アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか? – イノベーション的発想を磨く

アマゾンが最近、アパレル事業に力を入れているのをご存じだろうか。2016年、アマゾンはウィメンズ・アパレルのプライベートブランド「ラーク&ロー(LARK & RO)」を立ち上げ、欧米のアマゾンプライム会員限定で販売を開始した。アマゾンはその先に何を見据え、何を目論んでいるのだろうか。…

Continue reading "アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか? – イノベーション的発想を磨く"

ハーバード大学に娘を合格させた訳者も納得の、キャリア論とは? – 今いる場所で突き抜けろ!

大分市で英語教室を営み、一人娘すみれさんを県立高校からハーバード大学に合格させた廣津留真理さんが、「衝撃の出会いだった」と語る本がある。それが、カル・ニューポート著『今いる場所で突き抜けろ!』だ。ベストセラーとなった自著『英語で一流を育てる』もある廣津留さんが、多岐にわたる活動で超多忙な中、なぜ自ら日本語訳をしようと買って出たのか、その魅力と読みどころを語る。…

Continue reading "ハーバード大学に娘を合格させた訳者も納得の、キャリア論とは? – 今いる場所で突き抜けろ!"

グローバル仕事人の「1年の計画」に欠かせない3つの秘訣 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

新たな年が始まる区切りで、今年の目標や計画を立てる人も多いでしょう。今回は、目標設定やプランニングをする上で、どんなマインドセットが必要なのか、グローバル仕事人の視点で3つの秘訣をお伝えします。…

Continue reading "グローバル仕事人の「1年の計画」に欠かせない3つの秘訣 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

ツイッターの「質問箱」にモヤモヤする人が急増中? – あなたをモヤモヤさせるB級新常識

2017年の後半から今年にかけてSNS上で猛威をふるい、多くの人をモヤモヤさせたサービスがある。そう、「質問箱」のことだ。ツイッターアカウントで登録すると、匿名の質問をフォロワーから募集することができ、画像つきで回答できるアレである。…

Continue reading "ツイッターの「質問箱」にモヤモヤする人が急増中? – あなたをモヤモヤさせるB級新常識"

10社中7社が労働搾取!ブラック企業は減っていない – トンデモ人事部が会社を壊す

労基法違反で社名公表された企業は471社、労基署臨検後違反が発覚した事業場は69%に上るというトンデモな事態が起きている。社員を労働搾取するばかりか、支払いを遅らせたりして取引先を使い捨てする事例も目に余るなど、モラルの低い企業が多すぎる。…

Continue reading "10社中7社が労働搾取!ブラック企業は減っていない – トンデモ人事部が会社を壊す"