AIにできることと人間にしかできないことの違い – いまさら聞けない「AIってなんですか?」

AI脅威説など、さまざまな説が飛び交うが、実際のところ、AIは何が得意で、何ができないのだろうか?完全な自動運転は現段階ではまだ難しい一方、絵を描いたり作曲はできるAI。AIの分野で日本をはじめシンガポールやドイツでも活躍する若者、株式会社ABEJAの岡田陽介社長に聞く。…

Continue reading "AIにできることと人間にしかできないことの違い – いまさら聞けない「AIってなんですか?」"

セキュリティ危機のとき企業のブランドはどう守るべきか – サイバーセキュリティ 経営者の視点

セキュリティ危機(インシデント)が発生したときにその予防の責任者を追及し改善させるといった従来の考え方のみでは、インシデントによる企業ブランドの棄損には合理的に対応できなくなってきている。つまり、現代の脅威に関しては、インシデントは起きる、という前提に立った危機管理対策の重要性がより高まっている。そのための具体的な手順を紹介する。…

Continue reading "セキュリティ危機のとき企業のブランドはどう守るべきか – サイバーセキュリティ 経営者の視点"

トーマツが千葉で始める監査業務のイノベーションと働き方改革 – IT&ビジネス 業界ウォッチ

大手監査法人、トーマツが千葉市の海浜幕張副都心エリアに「トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター(AIDC)」を2017年12月1日に開所。同社がここで取り組む「監査イノベーション」について、レポートする。…

Continue reading "トーマツが千葉で始める監査業務のイノベーションと働き方改革 – IT&ビジネス 業界ウォッチ"

日産、スバル…不正の裏には社員のモチベーションの低さがある – トンデモ人事部が会社を壊す

日産自動車、SUBARU(スバル)、神戸製鋼、東洋ゴム…組織ぐるみの不正行為や不正隠しが絶えない。不正行為が起きやすいか起きにくいかは、法令順守の取り組みだけによるものではなく、実は社員のモチベーションの高さによるところが大きい。…

Continue reading "日産、スバル…不正の裏には社員のモチベーションの低さがある – トンデモ人事部が会社を壊す"

JR東日本がオープンイノベーション活動のテストマーケティングを開始 – IT&ビジネス 業界ウォッチ

JR東日本は、オープンイノベーション型のビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム」で採択したビジネス・サービス7つのテストマーケティングを開始。そのうちの3サービスを、2017年11月20日、JR大宮駅にて実施した。その模様をレポートする。…

Continue reading "JR東日本がオープンイノベーション活動のテストマーケティングを開始 – IT&ビジネス 業界ウォッチ"

大日精化工業

企業理念

・人に興味を持とう
・新しいことに興味を持とう
・未来に興味を持とう

 

「大日精化工業」とは、どんな企業?

大日精化工業株式会社は、顔料や着色剤等の製造販売を行う日本の化学会社です。
主な事業内容は「無機・有機顔料及び加工顔料」、「プラスチック用着色剤」、「繊維用着色剤」、「印刷インキ・コーティング材及び関連機材」、「合成皮革材料などポリウレタン

Continue reading "大日精化工業"

ABCクッキングスタジオがマレーシアで大成功できた秘訣 – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

情報としての知識はいくらでも手に入るが、経験に即した知識を学ぶ場が不足している――。そんな現象が今、日本のみならず世界的に起きている。「暗黙知」を教えたり、有意義な経験を提供できるサービスこそが求められる時代だ。…

Continue reading "ABCクッキングスタジオがマレーシアで大成功できた秘訣 – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹"

安全保障の「インテリジェンス」をビジネスでも使うべき理由 – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

防衛省で長く政策決定のためのインテリジェンスを担当してきた元情報分析官・上田篤盛氏に、「インテリジェンス」とはなにか、その情報の集め方はどうやって身につけるのか聞いた。

Continue reading "安全保障の「インテリジェンス」をビジネスでも使うべき理由 – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進"

不確実時代を勝ち抜く企業経営の本質を議論 – IT&ビジネス 業界ウォッチ

ダイヤモンド社が主催するDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー・フォーラム『生き残る企業の条件 ―企業変革を迫られている今、経営者は何をすべきか―』が2017年11月20日、東京・経団連会館で開催された。その模様を紹介する。…

Continue reading "不確実時代を勝ち抜く企業経営の本質を議論 – IT&ビジネス 業界ウォッチ"

イノベーションを巻き起こすには企業のIT部門にも“二刀流”が必要か? – 経営のためのIT

デジタル技術を活用したイノベーションの創出やデジタルビジネスの推進のために、組織や担当者を設置する動きが活発化している。こうした取り組みを成功に導くためには、組織ミッションを定義し、役割や権限を明確にすることが求められる。また、IT部門はこうした活動に対してどのようなスタンスで臨むのかについて明確な方針を示さなければならない。…

Continue reading "イノベーションを巻き起こすには企業のIT部門にも“二刀流”が必要か? – 経営のためのIT"

日の丸製造業復活にAIが寄与、検品は機械の目で – いまさら聞けない「AIってなんですか?」

パートやアルバイトがなかなか集まらず、苦労している製造業。ここにもAI導入が進んでいる。最も劇的に変化する作業は「検品」。一体、AIは工場でどんな風に活躍するのだろうか?

Continue reading "日の丸製造業復活にAIが寄与、検品は機械の目で – いまさら聞けない「AIってなんですか?」"

「攻めのIT」と「守りのIT」は表裏一体 – デジタル時代を勝ち抜くための ビジネスリスクマネジメント

企業経営者は、新しいビジネスに挑戦する上でのリスクや、新しい市場への参入に伴うリスクをマネジメントしないわけにはいかない。本連載では、経営の実務に資するリスクマネジメントについて、調査結果や事例を交えながら解説していきたい。…

Continue reading "「攻めのIT」と「守りのIT」は表裏一体 – デジタル時代を勝ち抜くための ビジネスリスクマネジメント"

ダイトーケミックス

企業理念

快適でより豊かな社会づくり

めまぐるしく変化する時代。技術革新のスピードも、加速度を増す一方です。そうした中、「快適でより豊かな社会づくり」を目指し続けるダイトーケミックス。私たちは、これからも、一歩先をゆく、スペシャリティ・ファインケミカルメーカーとして、変わらない思い「グッドマインド」「グッドパートナー」「グッドテクノ」という3つのキーワードを基本に、自らに与えられた使命を

Continue reading "ダイトーケミックス"

「電話」や「ハンコ」にこだわる中高年が会社を潰す理由 – 社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

これからの時代、電話やハンコを捨てられない企業は成長ができず、潰れていく――。今回は、このことについて述べたい。なぜなら、働き方改革の視点からも重要だからだ。

Continue reading "「電話」や「ハンコ」にこだわる中高年が会社を潰す理由 – 社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭"

日馬富士事件で露呈した相撲協会の「最悪マネジメント」 – トンデモ人事部が会社を壊す

日馬富士の貴ノ岩に対する暴行傷害事件での、日本相撲協会の対応が不可解だ。人事マネジメントの観点からは、トンデモな対応をしていると言わざるを得ない。

Continue reading "日馬富士事件で露呈した相撲協会の「最悪マネジメント」 – トンデモ人事部が会社を壊す"

日本のドラマや音楽が韓流に大敗した本当の理由 – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

マレーシアにも日本のアニメが大好きな若者が大勢いるが、皮肉にも彼らは違法アップロード動画で日本のアニメ通になっている。というのも、日本のソフト業界は法規制が厳しく、硬直的な運用をしているために、海外のテレビなどで放映するためのハードルが高すぎるのだ。そのせいで、規制が緩い韓流コンテンツが人気を集めている。…

Continue reading "日本のドラマや音楽が韓流に大敗した本当の理由 – ニューロビジネス思考で炙り出せ! 勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹"

タイガースポリマー

経営理念

経済活動を通して付加価値を生み出し、広く社会に貢献する。
株主の皆さまをはじめ従業員、取引先、社会などすべてのステークホルダーの信頼と期待に応える。
企業の発展と永続性確保のため、市場の変化にすばやく対応し、常に顧客指向を「信念」として、その実現のために多種多様な変化に対し、「柔軟」に対応する。

 

経営の基本方針

3つの基本技術(ホースを作る技術、ゴムシ

Continue reading "タイガースポリマー"

日本企業の残業を減らす10の施策、会議は30分・7人まで – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

働き方改革で、労働時間の短縮についていろいろな議論が行われているが、時短にも「良い面」と「悪い面」がある。悪い時短はときに企業を破壊する。生産性も成長性も消滅させる恐ろしいものだ。今回は、経営にとっても従業員にとってもよい時短を目指すための方法を考えてみたいと思う。…

Continue reading "日本企業の残業を減らす10の施策、会議は30分・7人まで – 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進"