企業向け「ネット炎上保険」商品化まで悪戦苦闘の2年半 – ものつくるひと

「酒のCMとは思えない。セクハラで時代錯誤」「(即席麺から)虫が出てきた」「あの○○さん夫婦がうちの店になんとご来店!」「価格の設定がひど過ぎる」ツイッターなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)によるそうしたつぶやきをきっかけにして、インターネット上で企業や個人に対して非難の声が集中し、瞬く間に拡散する「ネット炎上」。…

Continue reading "企業向け「ネット炎上保険」商品化まで悪戦苦闘の2年半 – ものつくるひと"

【アルファベット(グーグル)】高収益体質を維持できるのか ITの巨人を悩ます二つのコスト – 財務で会社を読む

米グーグルの親会社アルファベットの売上高が初めて1000億ドルを超えた。収入の8割以上を占める広告事業は成長を続けているが、じわりとコストがかさみ始めている。

Continue reading "【アルファベット(グーグル)】高収益体質を維持できるのか ITの巨人を悩ます二つのコスト – 財務で会社を読む"

たった1台の割り込みが渋滞40kmに…「渋滞学」最前線 – ニュース3面鏡

運転手を悩ませる渋滞。車がなかなか進まないとイライラは募るばかり。さらに言えば、渋滞が事故を誘発しかねずリスクも高い。できればストレスのないスムーズなドライブをしたいものだが、そもそも渋滞は、なぜ発生するのだろう。ドライバー1人の心掛けで、渋滞を緩和させることはできるのか。「渋滞学」の第一人者・東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授に聞く。…

Continue reading "たった1台の割り込みが渋滞40kmに…「渋滞学」最前線 – ニュース3面鏡"

カクヤス社長が語る「酒の安売り規制」に立ち向かうあの手この手 – News&Analysis

昨年6月に改正酒税法が施行され、過度な安売り規制が強化された。ビール1本から1時間枠で無料配達するという型破りなサービスを展開するカクヤスはどう戦うのか。佐藤順一社長に聞いた。…

Continue reading "カクヤス社長が語る「酒の安売り規制」に立ち向かうあの手この手 – News&Analysis"

国会公聴会で話した「アベノミクス擁護」の理由 – 高橋洋一の俗論を撃つ!

安倍政権の経済政策は雇用の確保が軸に位置付けられており、日銀の国債買い取りを中心にした異次元緩和も「統合政府」論の考え方をとれば問題はなく、アベノミクス批判は当たらない。

Continue reading "国会公聴会で話した「アベノミクス擁護」の理由 – 高橋洋一の俗論を撃つ!"

金融緩和は今や成長阻害要因、日銀新体制は「早期脱却」に踏み出すべきだ – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る

黒田総裁が再任された日銀新体制の役割は、緩和維持」ではなく、できるだけ早く困難な金融正常化に踏み出すことだ。金融緩和こそが、いまや日本にとって大きな成長阻害要因になっているからだ。…

Continue reading "金融緩和は今や成長阻害要因、日銀新体制は「早期脱却」に踏み出すべきだ – 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る"

既存客を大事にするトップ営業マンの「地味に凄い」営業術 – News&Analysis

トップ営業マンといえば、新規客を巧みなセールストークでどんどん獲得していくというアグレッシブなイメージが強い。しかし、本当にそうなのだろうか。トップ営業マンの実像を見れば、地味だが凄い姿が見えてくる。…

Continue reading "既存客を大事にするトップ営業マンの「地味に凄い」営業術 – News&Analysis"

大病院が笑えない、2018年度診療報酬改定のアメとムチ – Close Up

最新鋭のロボット装置を使ったロボット支援手術で一気に対象疾患が拡大するなど、2018年度の診療報酬改定には一見華々しさがうかがえる。しかし、医療費削減の重圧は強い。矢面に立つ病院は、のんきに笑ってなどいられない。…

Continue reading "大病院が笑えない、2018年度診療報酬改定のアメとムチ – Close Up"

プレゼンで絶対やってはいけない!聴衆が引く「4大NG行動」 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

プレゼンテーションには「4大NG行動」があります。「視線」に関する2つと、手についての1つ、つい口にしてしまいがちな言葉1つがあり、どれもほんの少しの意識で修正できるものです。今回はそれぞれについて解説しますます。…

Continue reading "プレゼンで絶対やってはいけない!聴衆が引く「4大NG行動」 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

プレゼンで絶対やってはいけない!聴衆が引く「4大NG行動」 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

プレゼンテーションには「4大NG行動」があります。「視線」に関する2つと、手についての1つ、つい口にしてしまいがちな言葉1つがあり、どれもほんの少しの意識で修正できるものです。今回はそれぞれについて解説しますます。…

Continue reading "プレゼンで絶対やってはいけない!聴衆が引く「4大NG行動」 – グローバル仕事人のコミュ力 澤円"

「長続きしない人」でも目標を達成できるたった2つの心得 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

目標を決めてもなかなか行動できないし、継続できないと悩むビジネスパーソンは多い。しかし、筆者の経験則から言わせてもらうと、目標を達成するためのポイントはたった2つしかない。果たして、それは何だろうか。…

Continue reading "「長続きしない人」でも目標を達成できるたった2つの心得 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」"

「長続きしない人」でも目標を達成できるたった2つの心得 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

目標を決めてもなかなか行動できないし、継続できないと悩むビジネスパーソンは多い。しかし、筆者の経験則から言わせてもらうと、目標を達成するためのポイントはたった2つしかない。果たして、それは何だろうか。…

Continue reading "「長続きしない人」でも目標を達成できるたった2つの心得 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」"

五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由 – 情報戦の裏側

平昌五輪を巡る報道にインチキが散見される。日本はメダル量産国ではないのに、見出しに「メダル量産」の文字が踊り、競技人口が少ない種目なのに「戦力が厚みを増している」との解説も。戦中の大本営発表にそっくりな報道に慢心するばかりでは、不足している競技人口の増加や選手サポート体制強化という、本当の量産国になるために必要な課題を見えなくさせる。…

Continue reading "五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由 – 情報戦の裏側"

五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由 – 情報戦の裏側

平昌五輪を巡る報道にインチキが散見される。日本はメダル量産国ではないのに、見出しに「メダル量産」の文字が踊り、競技人口が少ない種目なのに「戦力が厚みを増している」との解説も。戦中の大本営発表にそっくりな報道に慢心するばかりでは、不足している競技人口の増加や選手サポート体制強化という、本当の量産国になるために必要な課題を見えなくさせる。…

Continue reading "五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由 – 情報戦の裏側"

「アジャイルメディア・ネットワーク」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のソーシャルメディア関連企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想

アジャイルメディア・ネットワークのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!…

Continue reading "「アジャイルメディア・ネットワーク」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のソーシャルメディア関連企業との比較や予想まで解説! – IPO株の銘柄分析&予想"

2018年3月の住宅ローン金利動向を予想!変動金利、10年固定、フラット35など、人気商品の来月の金利は上がる?下がる? – 住宅ローンおすすめ比較

2月も終盤に差し掛かっているので、2018年3月の住宅ローン金利を予想してみよう。すでにソニー銀行と楽天銀行が3月分の金利を発表している。両行とも変動金利は変わらずだが、固定金利は大幅な引き上げを行った。銀行・金融機関各社は今後、金利の引き上げを続けるのだろうか。来月の金利発表を待とう。…

Continue reading "2018年3月の住宅ローン金利動向を予想!変動金利、10年固定、フラット35など、人気商品の来月の金利は上がる?下がる? – 住宅ローンおすすめ比較"

株主優待名人・桐谷さんの「日本株の買い方」入門!指値注文と成行注文の違いから、注文の優先順位、アプリでの注文方法まで、株初心者は要チェック! – 最新記事

株主優待名人・桐谷広人さんが教える「株の買い方」入門! "成行注文"と"指値注文"との違い、注文画面の操作方法は?2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録「『株』の買い方ギモン解消BOOK」では、株主優待名人・桐谷さんが、口座開設から注文方法まで、株初心者に向けてやさしく丁寧に解説している。今回はその中から、「注文方法の名前や使い分けがわかりません!」という株の買い方のギモンを抜粋して紹介しよう!…

Continue reading "株主優待名人・桐谷さんの「日本株の買い方」入門!指値注文と成行注文の違いから、注文の優先順位、アプリでの注文方法まで、株初心者は要チェック! – 最新記事"

ダイヤモンド・ザイ4月号は「高配当株で1億円」!株価が乱高下する今こそ注目の「高配当株」の中で、値上がり益も狙えて"儲かる"86銘柄を大公開! – 最新記事

2月21日(水)発売の『ダイヤモンド・ザイ4月号』の巻頭特集は「高配当株で1億円を作る」!これまで上昇を続けてきた日経平均株価だが、2月6日に一時1600円超の下げ幅を記録して以降、値動きが大きくなっている。このような乱高下の相場の時こそ、下落に強い高配当株に注目! 業績が好調であれば値上がり益を狙うこともできる。『ダイヤモンド・ザイ4月号』の特集「高配当株で1億円を作る」では、実際に高配当株で資産を増やした個人投資家8人のワザに加え、7タイプ別の儲かる高配当株86銘柄を大公開する!…

Continue reading "ダイヤモンド・ザイ4月号は「高配当株で1億円」!株価が乱高下する今こそ注目の「高配当株」の中で、値上がり益も狙えて"儲かる"86銘柄を大公開! – 最新記事"

高配当株で「資産1億円」を築いた投資術を伝授!財務優良&テーマ性がある高配当株で、1500万円を1.5億円にした投資家など、勝ち組2人のワザを紹介! – 最新記事

高配当株で資産1億円を築いた、個人投資家2名の投資ワザを大公開!2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の巻頭特集「高配当株で1億円作る!」では、「初心者向けで安心」「増収増益が続く好業績」「業績好転中の中小型」など7つのタイプ別に、値上がりも狙える「買い」の高配当株86銘柄を公開している。同特集では、実際に高配当株で資産1億円を達成した個人投資家8名のワザも掲載しているが、今回はその中から2名の投資ワザを抜粋して紹介しよう!…

Continue reading "高配当株で「資産1億円」を築いた投資術を伝授!財務優良&テーマ性がある高配当株で、1500万円を1.5億円にした投資家など、勝ち組2人のワザを紹介! – 最新記事"

イマドキ女性の理想の結婚条件は「逃げ恥」と「相方」にあり – あなたをモヤモヤさせるB級新常識

女性が結婚相手に求める条件が変わってきている。昔は三高(高学歴、高収入、高身長)が理想の条件とされていたが、イマドキの女性は、結婚相手の男性にどのようなものを求めているのだろうか。…

Continue reading "イマドキ女性の理想の結婚条件は「逃げ恥」と「相方」にあり – あなたをモヤモヤさせるB級新常識"

普通のオヤジ・サラリーマンが、AI時代に生き残るには – 社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

いまある仕事の4割がなくなると言われる、これからのデジタルエコノミーの時代。いまさらデータサイエンティストやAI開発者にはなれない普通のオヤジ・サラリーマンが何を学び、どのようなスキルを高めていけばいいのか――。…

Continue reading "普通のオヤジ・サラリーマンが、AI時代に生き残るには – 社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭"

減反廃止に大賛成!「JA健全度」首位の異色組合長が訴える農協の原点 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート

週刊ダイヤモンド「JA経営健全度ランキング」で日本一に輝いた秋田県、JA秋田ふるさとの小田嶋契組合長に担い手農家に支持される秘訣を聞いた。JAの使命である「農家の悩みを解決する」部署を新設したほか、職員を本業に集中させるために農業と無関係の商品販売のノルマを減らしているという。…

Continue reading "減反廃止に大賛成!「JA健全度」首位の異色組合長が訴える農協の原点 – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート"

オリックス宮内義彦が語る「経営幹部は育成して作れるものではない」 – 経営新戦略3.0

日本有数の多角的事業会社であるオリックス。リースを祖業とするが、銀行、生命保険から、不動産、環境エネルギー、事業投資、そしてプロ野球まで幅広い事業を展開する。創業メンバーの一人でもあり、1980年から30年以上にわたってCEOを務め、2014年からはシニア・チェアマンに就いた宮内義彦氏に、今後企業に求められる経営や人事制度のあり方について聞いた。…

Continue reading "オリックス宮内義彦が語る「経営幹部は育成して作れるものではない」 – 経営新戦略3.0"

話術の奥義とは、「聴衆の無言のメッセージ」を聴く技術である – 7つの知性を磨く田坂塾

彼の声が響くと、もう、ダボス会議の聴衆は、彼の話に惹き込まれていく。彼とは、トニー・ブレア・イギリス元首相。なぜ、彼のスピーチは、これほどまでに、聴衆の心を掴むのか。そこには奥義が隠されている。…

Continue reading "話術の奥義とは、「聴衆の無言のメッセージ」を聴く技術である – 7つの知性を磨く田坂塾"

日銀新体制から読み解く「正常化開始」は早くて2019年後半 – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

日銀新体制の一つの注目点は、副総裁に引き続きリフレ派が起用されることだ。いまの金融緩和の長期化が予想され、金融緩和と物価上昇の因果関係がはっきりしない中でリフレ派新副総裁の真価が問われる。…

Continue reading "日銀新体制から読み解く「正常化開始」は早くて2019年後半 – 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層"

「変動率=ボラティリティ」の上昇が暗示するバブル崩壊 – 宿輪ゼミLIVE 経済・金融の「どうして」を博士がとことん解説

「変動率」という言葉が株式市場をにぎわせている。英語ではVolatility(ボラティリティ)という。ざっくり言うと、(相場で言えば)どっちに行くか分からないが、何かが起こりそうだ(大きく動きそうだ)ということを示す指数、言い換えれば「市場の不安」を表す指数である。…

Continue reading "「変動率=ボラティリティ」の上昇が暗示するバブル崩壊 – 宿輪ゼミLIVE 経済・金融の「どうして」を博士がとことん解説"

スマートハウスの普及で期待される新ビジネスとは – IT insight

家庭のエネルギーを賢く管理する「スマートハウス」が本格的な普及期を迎えつつある。2020年には国内での市場規模が3兆5000億円になるという試算もある*。スマートハウスの普及に欠かせないのが「HEMS(ホームエネルギー管理システム)」と呼ばれるシステムだ。HEMSに関する標準化を推進している神奈川工科大学の一色正男教授に、スマートハウスの現状や将来の動向を聞いた。…

Continue reading "スマートハウスの普及で期待される新ビジネスとは – IT insight"

年金は70歳受給開始にすると42%も増えるが、落とし穴も! – 老後のお金クライシス! 深田晶恵

2月16日に政府の高齢社会対策の指針が発表されたが、最も目を引いたのは「年金開始70歳超も選択肢を検討」という部分だ。70歳過ぎても働き続けてほしいという国のメッセージがたっぷり込められている。現役サラリーマンにとってみると、インパクトのあるニュースとなった。…

Continue reading "年金は70歳受給開始にすると42%も増えるが、落とし穴も! – 老後のお金クライシス! 深田晶恵"

日本ペイント大揺れ、株主提案した総帥が真意を激白 – DOL特別レポート

日本ペイントホールディングスに対し、筆頭株主であるシンガポール・ウットラムグループが、定員の過半に当たる取締役候補を選任するよう株主提案。その真相を、ウットラムグループ総帥のゴー・ハップジン氏が激白した。…

Continue reading "日本ペイント大揺れ、株主提案した総帥が真意を激白 – DOL特別レポート"

羽生結弦選手と藤井六段の活躍で気づいた、高齢者より若者に投資すべき理由 – 山崎元のマルチスコープ

2月17日、男子フィギュアスケートで羽生結弦選手が五輪2連覇を果たし、将棋の藤井聡太五段も全棋士が参加する大会で優勝するなど、若者が大活躍した日だった。この様子を見た山崎元氏は、18歳前の若者に投資する有用性に気がついたという。…

Continue reading "羽生結弦選手と藤井六段の活躍で気づいた、高齢者より若者に投資すべき理由 – 山崎元のマルチスコープ"

立憲民主党は早くも「曲がり角」に差し掛かっている – DOL特別レポート

枝野幸男氏が結党した立憲民主党。衆院選で大躍進し、その後も民進党や希望の党に対して比較的高い政党支持率を保っているが、その後の状況を見ていると、既に曲がり角に差し掛かっているように思われてならない。…

Continue reading "立憲民主党は早くも「曲がり角」に差し掛かっている – DOL特別レポート"

部下に「自由」を与えると残念な結果に終わる理由 – News&Analysis

「自由な発想」や「自由な服装」など、職場で上司がなるべく部下の「自由さ」を大切にして、個性を生かそうという傾向が強くなっているが、しばしば上司と部下の間で「認識の違い」が生じる。その原因とは。…

Continue reading "部下に「自由」を与えると残念な結果に終わる理由 – News&Analysis"

がん免疫療法に美容整形病院も続々参入、翻弄される患者たち – ニュース3面鏡

近年、癌医療において、オプジーボやキムリアなど免疫薬が飛躍的に進歩している。しかしその一方で、「免疫療法は胡散臭い」という話もよく聞き、患者はどの情報を信じていいか分からない状況だ。そこで日本医科大学武蔵小杉病院・腫瘍内科教授の勝俣範之医師に、免疫療法はどんなもので、何が問題なのかを聞いた。…

Continue reading "がん免疫療法に美容整形病院も続々参入、翻弄される患者たち – ニュース3面鏡"

小池都知事の憂鬱、豊洲の地下水位は追加工事でも下がらない!? – inside Enterprise

築地市場の豊洲移転もままならず、東京オリンピックに向けた計画も頓挫して、小池百合子東京都知事もここで万事休す、となるのだろうか――。追加対策工事が完了しても、地下水位を現状から大きく下げられず、“安全宣言”すらできない可能性が、都の公表資料から明らかになった。…

Continue reading "小池都知事の憂鬱、豊洲の地下水位は追加工事でも下がらない!? – inside Enterprise"

スマホ世界4位の中国OPPO上陸、日本で鍛えて欧米を狙う – inside Enterprise

急成長を続ける中国のスマートフォンの風雲児が日本に上陸──。中国のスマホ大手、OPPOが日本市場に参入し、2月9日からビックカメラとヨドバシカメラで端末の販売を始めた。

Continue reading "スマホ世界4位の中国OPPO上陸、日本で鍛えて欧米を狙う – inside Enterprise"

メディアスHD(3154)、1株⇒3株の株式分割後も100株でQUOカード1000円分贈呈で、利回り3倍に!同時に1株あたり2円増配で、株価はストップ高に! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

メディアスホールディングス(3154)が株主優待を拡充すると、2018年2月20日に発表。メディアスホールディングスの株主優待は、毎年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主を対象に、継続保有期間に応じて『QUOカード』を贈呈」というものだった。今後もその点に変わりはないが、継続保有期間の基準が「3年未満」「3年以上」から、変更後は「1年未満」「1年以上」「3年以上」となる。(メディアスホールディングス、コード:3154、市場:東証…

Continue reading "メディアスHD(3154)、1株⇒3株の株式分割後も100株でQUOカード1000円分贈呈で、利回り3倍に!同時に1株あたり2円増配で、株価はストップ高に! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース"

米シェール人気に対抗、海底油田開発の「新たな波」 – ロイター発 World&Business

ロイヤル・ダッチ・シェルが英国・北海沖の遠く離れた一角で石油・天然ガス開発を進める「ペンギン油田」は、深海油田の新たな開発方針を象徴している。それは「低コストでシンプルに」だ。…

Continue reading "米シェール人気に対抗、海底油田開発の「新たな波」 – ロイター発 World&Business"

米シェール人気に対抗、海底油田開発の「新たな波」 – ロイター発 World&Business

ロイヤル・ダッチ・シェルが英国・北海沖の遠く離れた一角で石油・天然ガス開発を進める「ペンギン油田」は、深海油田の新たな開発方針を象徴している。それは「低コストでシンプルに」だ。…

Continue reading "米シェール人気に対抗、海底油田開発の「新たな波」 – ロイター発 World&Business"

超インフレで紙幣不足、ベネズエラ経済の意外な勝者 – ロイター発 World&Business

ベネズエラ首都カラカスにある駐車場で、ビーダーベン・ビレガスさん(35)は兄弟と一緒に、毎日約30台の車を洗っている。洗車代は50セント(約50円)にも満たないが、誰もキャッシュで支払おうとはしないという。…

Continue reading "超インフレで紙幣不足、ベネズエラ経済の意外な勝者 – ロイター発 World&Business"

不祥事でも揺るがぬ「五輪マネー」、アジアがけん引 – ロイター発 World&Business

長期化するロシアのドーピング問題に、汚職疑惑。そして五輪招致に及び腰になる世界の大都市──。もし国際オリンピック委員会(IOC)が上場企業だったなら、相次ぐ手痛いニュースに飲みこまれて、上場維持が困難になっていたかもしれない。…

Continue reading "不祥事でも揺るがぬ「五輪マネー」、アジアがけん引 – ロイター発 World&Business"

アリババとテンセントが投資合戦、小売り事業拡大で – ロイター発 World&Business

中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ・ホールディングと騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が、小売り関連事業の拡大を目指し投資合戦を繰り広げている。

Continue reading "アリババとテンセントが投資合戦、小売り事業拡大で – ロイター発 World&Business"

米中間選挙、選管当局が警戒するロシアの「介入」 – ロイター発 World&Business

米国で今秋実施される中間選挙に向け、各州の選挙管理当局者が前週末、首都ワシントンに集結した。選挙における「招かざる客」となりそうなロシアに対処する戦略を巡る情報交換が目的だ。…

Continue reading "米中間選挙、選管当局が警戒するロシアの「介入」 – ロイター発 World&Business"